建築史

旧赤阪小学校講堂①-地域のお宝さがし-23

所在地:〒4840000 犬山市内山1

赤阪小学校講堂(図1~3、以下講堂)は、昭45年(1970)に明治村に移築され、平成15年(2003)に登録文化財になっています。

図1

図2

図3

この建築には、建築年、移築元などに関して複数の説があります。ここではそれらを紹介し、検討します。

■諸説の内容■
講堂の建築年と移築の経緯などに関する説を、少し長くなりますが、引用します。
A『村誌

もっとみる

新規に古きを作る

こんにちは。

最近の「新しいVS古い」の価値観について考えていていたところ、古いことに対する価値が意外なところから見直されているなと思ったので書きます。

私は建築史の勉強をしているのですが、日本において新築というのは絶対的価値観であり、これを覆すのはとても難しいなと日々思っているところでした。

そりゃあ誰でも新しい家に住みたいですし、私だって賃貸を探すときには築年数や見た目をもちろん気にしま

もっとみる

近代建築における三大巨匠

こんばんは。

今週もあっという間に1週間が終わろうとしています。

そういえば、1週間って特に意識していませんでしたが、日曜日と月曜日どちらが始まりなのでしょうか。

サラリーマンの方だと、月曜から仕事が再開するため、月曜始まりというイメージがあります。

そんな僕も、月曜始まりのカレンダーを好んで買ってしまいますが、見づらいという方も多いみたいですね。

みんな違って、みんないい。ですね。

もっとみる

仏塔

– 塔の伝来 −

塔という言葉は、「ストゥーパ」が中国に伝わって「卒塔婆(そとば)」と称され、略して「塔婆(とうば)」、さらに塔になったものです。

ストゥーパとは、釈迦の没後にその遺骨(仏舎利)を納めた一種の墳墓のこと。

古い時代には高層の建造物は仏塔しかなかったため、現在使われている塔という言葉はもともと仏塔のみを指す言葉でした。

塔は、古代インドのガンダーラ地方から仏舎利信仰(仏教)と

もっとみる

大阪都心の社寺めぐり-地域のお宝さがし-20大江神社

■素戔嗚尊の強い力で災厄除けのパワーをもらおう!■
祭 神:豊受大神、素戔嗚尊、大己貴命、少彦名命、欽明天皇
所在地:〒543-0075 大阪市天王寺区夕陽ヶ丘町5-40

■由緒■
当社は、聖徳太子が四天王寺の鎮守として創祀した七宮の一つと伝えられています。四天王寺の鎮守として祀られ、乾の方角(北西)に位置することから「乾社」[いぬいのやしろ]と称されています。寺号は如意山神宮寺、本尊は毘沙門天

もっとみる

大阪都心の社寺めぐり-地域のお宝さがし-19今宮戎神社

■商売繁盛の神様。「えべっさん」の圧倒的なパワーをもらおう!■
祭 神:天照大神、事代主命、素戔嗚尊、月読命、稚日女命。
所在地:〒556-0003 大阪市浪速区恵比須西1-6-10

■由緒■
当社は、聖徳太子が四天王寺を建立したさい(推古9年=601)、西方守護のために勧請されたことに始まるといいます。平安時代後期には、西門で開かれる「浜の市」の守護神として当社の「戎神」(=事代主命、以下「え

もっとみる

大阪都心の社寺めぐり-地域のお宝さがし-17三津寺

■繁華街の小さな寺院、濃密な仏の空間に心が癒やされる■
真言宗御室派 所在地:〒542-0085 大阪市中央区心斎橋2-7-12

■由緒■
『摂津名所図会』(以下『図会』)では、三津寺筋に位置する当寺(図1)を、古義真言宗「大福院」と号し、「寺説」によると開基は僧行基で、本尊(十一面観音)もまた行基の作であること、証拠は不明としながらも、三津(御津)八幡の神宮寺であると紹介されています。

図1

もっとみる

重源:鎌倉時代のCMO

重源というお坊さんがいる。浄土宗の僧だ。ずいぶんな年寄りになってから重役を任され、平家の焼き討ちで消失した東大寺南大門の再建に苦心したことでよく知られている。

京都や奈良、鎌倉では時代ごとに様々な建築がたてられたが、都市に建った多くは諍いなどで焼けてしまった。東大寺もまた、1180年に平家の南都焼き討ちにより大仏殿が焼失してしまう。そこで重源は偉い人に再建を進言し、任された。重源はかつて中国で建

もっとみる
気に入っていただけて嬉しいです!今後も引き続き頑張ります!
2

大阪都心の社寺めぐり-地域のお宝さがし-16御津八幡宮

祭 神:祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后
所在地:〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-10-7

■繁華街の原点から賑わいのパワーをもらおう!■

■由緒
当社は、仁徳天皇の頃、味原郷(天王寺区)八幡山にあった社殿が後世に移された(『摂津名所図会』、以下『図会』)、大仏殿建立に際し(天平時代末期)、宇佐八幡宮の神霊を都へ遷座する途中、上陸した三津の浜に建立された社殿が起源とする(『続南区

もっとみる

大阪都心の社寺めぐり-地域のお宝さがし-15難波神社

■大阪府保存樹第1号のご神木から木霊のパワーをもらおう!■
祭神:仁徳天皇、配祀:素戔嗚尊 所在地:〒541-0059 大阪市中央区博労町4-1-3

■由緒
難波神社は、反正天皇が柴籬宮[しばがきのみや](現松原市柴籬神社、)に遷都した際に、仁徳天皇を祭神としたのに始まり、天王寺区上本町へ移転、さらに、豊臣秀吉の大坂築城に際し、天正11年(1583)に現在地(当時の上難波村)に遷座しました(図1

もっとみる