引継ぎ

六十の手習い ~55歳から60歳~

1、還暦

6年ごとの世代考察ですから、今回で10回目の記事になります。6×10=60歳。55歳から60歳までの世代について考察します。

前回の49歳から54歳までの記事はこちらから↓。

二字熟語のキーワードは「還暦」です。「十二支」(じゅうにし)でいうと12年、それを5回ですよね。なぜ5回か? それは、十二支の他に「十干」(じっかん)というものもあって、それを組み合わせた「暦」が、60年でま

もっとみる

時間の共有

2年前から会社のパソコンにOffice365が導入され、TeamsやYammerといったアプリを使用するようになって、去年くらいから利用率が上がったなと感じています。何か有効な使い方がないものかと思い、「引継ぎを動画で見れたら良いのに」と思ったアイディアから、引継ぎの内容をTeams会議でレコーディングし、Streamで課内共有しました。後任者は動画を見直すことで復習でき、分からないことがあれば見

もっとみる

団子サッカーと業務改善

1、団子サッカー

別に団子を食べながらサッカーをするわけではありません(笑)。

小学校の低学年くらいの子どもたちがサッカーをすると、よく「団子サッカー」という状態になります。1つのボールを奪い合うため、ほとんど全員が密集し、まるで満員電車のような状態になってしまうのです。

外から見る大人は、「これがサッカーか」「もっと周りをよく見てパスを回せばいいのに」「ゴールデンコンビのパス回しで突破しよ

もっとみる

入社後最初に経験したこと_理想を捨てる

今の会社に入社後、一番最初に経験したのは挫折だった。そこで自分は理想を捨てた。
本稿では、入社時の自社の営業の仕組みについて述べ、次のkintoneの導入の前段とする。

理想を胸に営業職として入社

前職でも営業であったことから、今の会社に入社した際は社長と相談して営業部所属となった。そこで自分は、以下の計画(理想)を掲げた。
1.業務を最大限効率化し、できるだけ多くの顧客を訪問する。
2.グロ

もっとみる

女性上司いびりに耐えた日々 第3話

私たち(私とAさん)2人はこれからの引継ぎの仕事をどう進めて

行けばいいのか 話し合った 

結果 他の部署の人に聞いて進めていこうと決めた。

もっとみる

女性上司いびりに耐えた日々 第1話

私は1年ほど前に外資系の企業に派遣社員として短期間限定で仕事をした

経験があり、その頃に出会った モンスター女性人事上司の

ことを ふと思い出しnoteに書いてみようと思い第1話から5話に

まとめてみようかと思います。

もっとみる

【会社員必見!】些細なようで、非常に恐ろしい!「引継ぎ」で見落としがちな重要なポイント・5選

いよいよ年度末。

新年度に向けて、人事異動や採用、転職など、他人の流れが最も激しい時期です。

この際に、とても大事なのが「引継ぎ」。

組織としての機能が停滞しないよう、前任者から後任者へ、しっかりと業務内容が伝授されなければなりません。

さて、ここで課題となるのが、引継ぎの具体的な内容です。

仕事の流れやノウハウを伝達するのは、当然のことでしょう。

一方で、「伝え漏れ」という憂うべき事

もっとみる

“引継ぎ”はなくせるか〜Bizer teamの活用法〜

Bizer teamの第3回ユーザー会で「“引継ぎ”はなくせるか」というテーマでお話しをさせていただきました。

私も新卒で入ったのが金融で、その後、会計事務所で勤務したりもしたので「引継ぎは必要だ」という意識がすり込まれて生きてきたのですが、「アメリカでは引継ぎなんか存在しないよ」という記事を読んだり、この異動の多い季節に“引継ぎ”で疲弊している人をたくさんみたり、“引継ぎ”されたはずの後任者に

もっとみる

自分の名前で仕事ができているか

3月末で現在の職場を退職するため、今は引継ぎのためにお客様への挨拶まわりに奔走しております。

さて、そんなときに、気が付いたのがタイトルの通り「自分の名前で仕事が出来ているのか」ということです。

後任の紹介や退職のご挨拶にまわってると、お客様の反応が2種類に分かれました。

①「えー!退職されるんですか!!せっかく色々と企画してもらって、これからもお願いしようと思っていたのに残念です。次はどん

もっとみる

先輩から引き継いだ案件は難しい

この前、ドイツの働き方に関する記事を書きましたが、ドイツ社会においてお客さんは「営業担当という個人」ではなく「会社」につくそうです。

それにより、「君にお願いしたいんだ」と社外の人に指名されることがないのは少し寂しい気もします。

しかし、営業担当という個人に依存しすぎるのも問題で、担当が変わることが難しいという側面があります。

とくにベンチャー系の企業は出世や人事異動のサイクルが早いため、担

もっとみる