昔の自分

時々、昔の自分を想って可哀想で涙が出てきます。

それは、妹を見ているときによく襲ってきます。


なぜそんな気分になるのか、今は説明できます。
単純に、羨ましいからです。


わたしが精神的に問題を抱えていた頃、
「誰もわかってくれない」
「誰も話を聞いてくれない」
「みんな嫌い」
というように、一部を全てと捉える、苦しい思い込みをしていました。今も少しあります。しかも、こういう言葉で意思表

もっとみる

はっきりと応えをくれる人

自己中心的とは違い、自分の意見をしっかりと発してくれる人って、凄く貴重と感じる。

大人になると、簡単な質問をされた時でさえ、相手の顔色を伺い

好き、嫌い、興味の有無…自分の意見を出せない出さない人がいる。
どっちでも良いよ。って

考えると、私の周りには意見をはっきりと伝えてくれる人が多いと感じる。有難い😊

意見を言ってくれる人に感謝!
I grateful person to give

もっとみる

宗教にこだわるか意思にこだわるか【斎藤一人】

世の中には、人生の目的を見失いながらも、自分の意思に関係なく、宗教にこだわってしまう人っていますよね。

別に宗教が悪いという話をしたいわけではありません。あれだけたくさんの人が集まるわけですから、各々で何らかの魅力があるのでしょう。

しかし、自分の中に明確な意思があるにも関わらず、一つの宗教にこだわり続けてしまう人もいます。

そういう人が途中から宗派を変えられるかというと、なぜか変えられない

もっとみる

押し付けではなく意思表示をすべき

嬉しい

楽しい

悲しい

苦しい

と意思表示することはとても大事です。

しかし、意思表示の度がすぎると

押し付け

になってしまいます。

〇〇しないといけない

〇〇しちゃダメ

↑のように押し付けになってしまうと

良いコミュニケーションが取れているとは

言えません。

押し付けになると

相手を

誘導したり支配することになります。

気をつけましょう。

大切なのは

適度

もっとみる

短編とか、長編とか、

実は、短編小説を書くことが出来ない
いや、出来なくはない?・・・・苦手、かな
短編小説はだいたい30pくらいから100pくらいだろうか…?

だらだらしてしまうのは、性格的なものかな?^^;

短編を書ける小説家は才能がある…と聞いたことがある
短い文章にギュッと凝縮して人の心をつかむことが出来るからなんだろうな「5分で泣ける」とか「5分で笑える」なんて話を考えられる人や、時間制限のある中で漫才や

もっとみる

7月の投稿数は52記事。その中のトップ5を紹介!

タクシーをエンタメにしています。
ヨナシロです。

さて、8月が始まりました。
本日は、7月に投稿した記事で最も閲覧数の高い記事トップ5を紹介します。
7月に投稿した52記事です。

それではどうぞ。

第5位 #タクシードライバーは見た
「ムカつかないけど許せないこと」

《抜粋》
なぜなら、臭い!結構臭い!
梅雨時、雨が降るからしょうがないのかもしれない。
それくらいは認識できるし、臭いからと

もっとみる

書く → テーマ

わたしの小説の原動力は『妄想』と『夢』です

だから、公募するときに「お題」としてではない「テーマ」はなにか?という項目があると、悩んでしまう
わたしの小説は、ただ自分の欲を満たすため『妄想』を膨らませ、自己満足なものだったから

テーマ:わたしの頭の中の妄想

とは、書けない
もしくは、

テーマ:今朝見た夢のつづき

なんてことも書けない

実際、夢のつづきというのはとても多くて、ゆえに小学校

もっとみる

日本人の選挙に行かない理由とベナン人の選挙に行かない理由

選挙以外の話題も多いこの頃だが、
わたしのTLには #選挙行こう が溢れている。

そんな中、
選挙に行かない人たちの意見もちらほら見かけて、興味深かったので他の意見も調べてみた。

まぁ、気持ちはわからなくもない。

と、正直思ったが、個人的には
「人は1人では生きていけないし、
住民票を持って"人間社会"で生きている以上は、そこで起きている物事に無関心でいたくない」
ので、わたしは選挙へ行く。

もっとみる

選挙に行ってきた。
自分の1票で、何かを変えるためではない。
自分の1票で、いまの政治に対する自分の意思を示すため。
自分が投票しても何も変わらないと思わないで。
自分が投票して何かを変えられるとも思わないで。
ただ、いまの政治に対する自分の気持ちを与えられた1票で示しましょう。

スキ、感謝します。明日もありがとうの心を持ってつぶやきます。
4

たまにあの人の変な意思表示を感じます。

はじめに

私には夫がいました。

でも今は独り身です。

お別れしちゃいました。

もとい、別れざるを得なかったのです。

夫は一足先に、空へと旅立ちました。

まあ、要は、死んでしまったんです。

悲しいですし、さびしいです。

やっと2年経つのですが、その間、ひたすら悲しいだけでもなく、さびしいだけでもなく、楽しいこと、面白いこと、嬉しいこともありました。

不思議なことが起こり、不思議と感

もっとみる