探検家

あなたの仕事は表現として成立するか

わたしは探検家の角幡唯介さんが好きで、著書も何冊か持っています。角幡さんによると、現代には「探検」という言葉でイメージされるような人類未踏の場所というものは世界中どこにも存在しないのだそうです。エベレストだろうが北極だろうがお金を払えばツアーで行けますし、実際その場所に行かなくてもスマホとグーグルアースがあればどんなところかわかります。東京大学の探検部では現代でも「探検」という行為が可能なのかにつ

もっとみる

カラコル(イシククリ案内)(4)

ニコライ・プルジェヴァリスキー(Nikolay Przhevalsky:1839-88)

ロシア帝国時代の地理学者、東・中央アジア探検家であるプルジェヴァリスキーは、1839年、ロシアのスモレンスクで生まれた。高貴なベラルーシ人家庭の出身で、スモレンスクで教育を受けて卒業後1864年に、ワルシャワの軍事学校で地理の先生となった。彼は軍人としての性格を持ちながら、アジア地域と探検への深い情熱を持っ

もっとみる

冒険家になるために | 冒険家はプロの表現家でなければならない

「プロフェッショナルな冒険家は、自分自身をプロフェッショナルに表現できなければならない」

昨今のテクノロジーの発達によって、大航海時代のような未知の場所が地球上にない中、冒険を行う現代の意義というのは観客者の心に火をつけるとのことなのであろう。

冒険家よ!サーカスであれ!?

#冒険
#登山
#探検
#冒険家
#登山家
#探検家

冒険家になるために | はじめに

冒険という行為は古の時代から誰もが親しみ、愛すべき対象にも関わらず、昨今では冒険がリアルの世界から消えうせようとしています。

冒険はテレビやアニメで見るものであり、指先でゲームをするものにとってかわってしまっています。そのため、リアルな人間の冒険家は絶滅危惧種です。

人類の不屈の挑戦こそが未来を切り開いてきました。その根源である好奇心というものは尽きることのないはずなのに、多くの人はネットで全

もっとみる

エクスプローラー・ステージのすゝめ

未だに面と向かって、エクスプローラーステージにある人に「プー太郎」とか「無職」って言う人がほんとにいるんですよねぇ…。何も分かってない…。

そういう人たちには、やれるもんならやってみやがれ!って言いたいです。プー太郎でい続けるのも結構大変ですよ?

私は好きなことを仕事にしている人と、そうあろうとする人に囲まれて生きていきます。敷かれたレールから外れたいなら、なるべく早く外れることをオススメしま

もっとみる
ありがとうございます!明日も読んでくれたら嬉しいです!
3

クライストチャーチにある南極体験センターに行って、−18度の世界を体験してきた。

−18度!南極の気分を体験するぜよ!!

防寒着とブーツを貸してくれるので装備して中へ入り、徐々に温度を下げていくということだったので少々待ちます。

ま、出身が長野の山奥(菅平の近くね。一月の平均最低気温-12。笑)なので寒さには普通の人よりかは耐えれる自信がありますよ。はい。

もっとみる