新宿末廣亭

新宿末廣亭の寄席文字、または人気が右肩上がりになりますように

落語に興味はあるけれど、わざわざ寄席に通おうとまでは思わない。そんなあなたにおすすめなのが、毎月の第3日曜日、TBSで放映される「落語研究会」です。

なにより月一回というのがありがたい。これが毎週のこととなると、録画がたまっていくなんてことにもなりかねませんが、月に一度くらいなら話芸に聞き惚れる時間だってひねりだせます。

この番組の良さは余計な演出がいっさい無いところ。キャメラワークも噺家を正

もっとみる

おとなの夜遊びのススメ

セックス、ドラッグ、ロックンロール。
酒と、煙草と、男と、女。

そういう夜遊びは、もういらない。おとなたるもの、おとならしい夜遊びをしようじゃないの。傷を舐め合うような、身体を痛めつけるような、そういう刹那的なものではなくて。渡る世間と戦い、税金に涙するわたしたちの、ほんのわずかな休息のススメである。

1.映画を見ようよ
2.落語を聞こうよ
3.お風呂に入ろうよ

1.映画を見ようよ

大都会

もっとみる

金馬師匠、笑って温かい気持ちに

今日も とても暑い暑い一日でした。
「北海道では、39度台を記録したんだよ!」
「5月なのに!」
「北海道なのに!」
夏は まだ先だというのに、これからどうなるんでしょう?

りこちゃんと こざる達は、今日も いつものように
皆で一緒に 賑やかに夕食を食べました。
そして食後のお茶を飲みながら、ラジオを聴いています。

「あははー。」
皆、大笑いしています。
ラジオは、先日、放送した番組を
聞き

もっとみる

19/05/05 新宿末廣亭五月上席夜の部

三遊亭円楽 代書屋
三遊亭円馬 弥次郎
東京ボーイズ
春風亭昇太 ストレス
三遊亭小遊三 笑点司会外伝
新真打披露口上
瀧川鯉斗 転失気
立川吉幸 山号寺号
立川談幸 長命
瀧川鯉昇 鰻屋

19/03/14 末廣亭三月中席夜の部

ぺぺ桜井
五街道雲助 堀之内
柳家小満ん 長屋の花見

五明樓玉の輔 財前五郎

林家正楽

柳家はん治 妻の旅行

林家鉄平 寄合酒

鏡味仙三郎社中

桃月庵白酒 幾代餅

19/02/28 末廣亭二月下席夜の部

三遊亭粋歌 卒業
すず風にゃん子・金魚
春風亭百栄 浮世根問
林家彦いち つばさ
アサダ二世
三遊亭白鳥 秘密の花園

連日来てしまった。やっぱり、彦いちさん✗白鳥さんを観ないわけにはいかない!と思って。

粋歌さんの噺は、これまで聞いた彼女の新作のなかで個人的には一番好きかも。なまはげとかも印象的だけど、この「卒業」はなかなか♪

百栄さんの「浮世根問」はこの演目名を書いていいのか悩むw それほ

もっとみる

19/02/27 末廣亭二月下席夜の部

林家正楽
柳家さん八 長短
春風亭一朝 祇園会
春風亭ぴっかり 何があったのかしら
すず風にゃん子・金魚
古今亭志ん五 水族館
林家きく麿 優しい味
翁家勝丸
三遊亭白鳥 任侠流山動物園

来たかった白鳥芝居へ。7日目になってしまったw 本当は「砂漠のバー止まり木」か「天使がバスで降りた寄席」の日に行きたかったんだけどw

ぴっかりさんの「何があったのかしら」は彦いちさんの「何があったんだ」の改作

もっとみる

19/02/06 新宿末広亭二月上席昼の部

鈴々舎馬るこ 東北の宿
春風亭一之輔 手紙無筆
林家ペー
林家彦いち 権助魚
入船亭扇辰 お血脈

昨日、すごくプライベートな会で見た彦いちさんを寄席で、連続してみたくなっちゃって、末廣亭へ!かなり好きな並びで集中して1時間ちょいだけ見てきた感じ。

馬るこさんの「東北の宿」はこないだ下丸子で聴いた以来。これってすごく古典っぽいけど、馬るこさんの新作なんだねぇ。

一之輔さんはとぼけ具合が最高だ

もっとみる

18/01/19 末廣亭二之席夜の部

柳家小里ん 長短
林家正楽
春風亭一之輔 子別れ

先日池袋で権太楼さんのトリは聴いたので、末廣亭に移動して一之輔さんのトリを!

同日に小燕枝さんと小里んさんの「長短」を聴ける喜び♪ 小さんイズム…。私が一番好きな左龍さんの「長短」も、ここにつながっているんだものね。

そしてて一之輔さんは「子別れ」だった。子供の噺をよくする一之輔さんがやるこの噺はリアリティが素晴らしい。昨今聴けてる生「子別れ

もっとみる

スーパー喬太郎さん無双と円楽さんの馬鹿噺

9/13、亀戸梅屋敷と新宿末廣亭に行ってきました。なんかnoteを見るとほんと毎週のように末廣亭に行っているね、私。

午後の時間は新宿から亀戸へ向かい、そのまま亀戸梅屋敷へ。こちらに来るのは7月も含めて二回目、今回も円楽さん目当てで行ってきました。前に行った時はちょうど夏休みの時期もありお客さんがかなりの数だったけど、今回は平日なこともあり前よりは落ち着いていたけれど、それでもお客さんは多かった

もっとみる