何で学校行かなくちゃいけないの?

別に「学校」に行かなくちゃいけないわけじゃない。でも親には子供に対して教育する義務があると日本のルールで決まってはいる。

じゃあ別に学校に行かなくてもいいんだ。

いいけど、中学校で勉強するようなことはこの社会の中で生きていく上で最低限知っといてっていうような類いのことだから、いずれにせよ勉強は必要だよなあ。

じゃあさあ学校でやる音楽ってなんで必要なの?

うーん、音楽って音を

もっとみる

教えと学び。 2017.10.8

日々のプロデュースでは、多様なデザイナーと組んで、さまざまなデザインを駆使しているけれど、僕はデザイナーではない。これまでデザインを教えてもらったこともない。でも、もう20年もデザインの学校で教壇に立っている。最近は大学でも教えるようになった。

考えてみれば不思議なことだが、もっと考えると不思議じゃないかも知れない。僕らはなんでも教師に見立てることができる。何からでも学ぶことができる。大好きな魚

もっとみる

虐待的社会 その1

ドーモ、スネゲマンです。

唐突ですが、常々思っていることを端的に申し上げようと思います。
それは、日本は「虐待的社会」だ、ということです。
まだ上手く纏まっていませんが、書きながら頭の中をまとめていきたいと思いますので、お付き合いください。

1.低い自己肯定感

「日本の若者は自己肯定感が低い」という文言をご覧になった方は多いかと思います。国立青少年教育振興機構が日・米・韓・中の4カ国の高校生

もっとみる

だめな自分を認識する

(写真はうちの猫。羨ましい。来世は絶対に猫に生まれたい。)

課題をやることも増えてきて、思うこと。

うまくいかないと、なんとなく「あの人が動いてくれない」と思ってしまう自分がいて、「あー、そんなこと思っている間に自分がやれよ」と自分で突っ込むことが多々あります。

自分がやろうとすると、なかなかうまくできなくて、人の責任にしてた自分を「ほんと、しょーもない。」と振り返ることもしょっちゅう。

もっとみる

歯が痛い

というか、むず痒い

その上、息子が夏風邪をひいて39℃以上の熱があるので...

娘の個人懇談もすっとばし、枯れかけた朝顔もひとり職員室に置かれている

いつになったら、歯と一学期の様子と枯れた朝顔を迎えに行けるのだろう

この雨がやんだら、行けるかな

『#不登校は不幸じゃない』を全国100ヶ所にてイベント開催!宮崎では 8月1日&8月18日、2つイベント開催します! #居場所宮崎 #不登校宮崎

こんにちは、はじめまして、
『#不登校は不幸じゃないin宮崎』主催、宮崎実行委員会のヒダカタクみ(にっこる)です。

「夏休みあけの自殺を0にしたい」不登校について優しく気軽に交流できる時間を作りたい。2つのイベントを開催します。

8月18日(日)『#不登校は不幸じゃない』 を全国100ヶ所にて開催を発表し、『不当は不幸じゃないin宮崎』を宮崎市で開催します。8月1日には、企画発起人である小幡和

もっとみる
ありがとうございます!ぽてぽてふんぎゅ!♪、☆ぺこりv
1

習ったことはいずれ活きる

みなさんいかがお過ごしですか。
今日の私はラフ案30個提出して全部ボツくらいました!うーん今日もいい天気!(意訳:ぶち殺すぞ)
結局デザイナーが頑張って仕事したところで上の人間次第だからね。しょうがないね。

とはいえ一応美術について学び続けてきた身なので案出しにも容赦のないダメ出しにも慣れっこだからそこまで堪えてはないです。
まあ私のヒアリングも甘かったわと反省しつつ。。。

そんな感じでボツく

もっとみる
ありがとう☀良かったらシェアもしてくれると嬉しいなぁ💕
2

高校時代に見付けた、オスカー・ワイルドの息苦しい名言の思い出から

高校生の頃に「朝読書」というものが始まった。僕らの世代には懐かしい響きを持った懐かしい時間である。十五分くらい早く登校させて生徒に本を読ませる。それだけ。活字であれば本に制限はなかった。少なくとも僕のいた学校ではそうだった。なんでも、「ゲーム依存」の子供たちに読解力と集中力を身につけさせる意図があるみたいで、これはこれで如何にも文部官僚が好みそうな理念ではあるけれど、僕は案外この時間が好きだった。

もっとみる

ここにぼくの席はない

ウサギノヴィッチが自作の詩を読みました。
短いですので是非お付き合いください。

00:00 | 00:30

好評のパラリアの二次会の第2夜。
と、そのまえに前回の復習をちょっとだけ。

 教育っていうのを、一種の関係としてみたとき、どんなことが見えてくるのか。おそらくどんな教育現場でも、先生と生徒がいます。この2人のあいだには、なにかしらの関係がつくられている。そこではなんらかの仕方で先生が優れていて、その「優れているところ」が生徒に伝授されるのでしょう。

 教育とは、「おとな」と「こども」の間に成立

もっとみる