映画イラスト

7/19公開 リブート版『チャイルドプレイ』

新作映画『チャイルドプレイ』(2019年製作の映画)

1988年から始まった『チャイルド・プレイ』シリーズは全7作ありましす。
それについては明日まとめて書きますね。

↓全7作。6と7はアメリカでもビデオスルーです。

❶『チャイルド・プレイ』 (1988年)
❷『チャイルド・プレイ2』 (1990年)
❸『チャイルド・プレイ3』 (1991年)
❹『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』 (

もっとみる

新進女優たちによる様々な攻撃『イソップの思うツボ』

8月公開映画『イソップの思うツボ』

監督:浅沼直也 /上田慎一郎/中泉裕矢
主演:石川瑠華
公開:2019年8月
上映時間:87分

3人の新進女優たち(石川瑠華、井桁弘恵、紅甘)によるいろんな攻撃方法が見られますよ!
井桁さんの攻撃が実は一番タチが悪いんだよな。。。

ネタバレしない四コマ映画『イソップの思うツボ』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_d

もっとみる

愛がなんだ。のキャラを分析して音楽で目線を手に入れる

公開中の映画
「愛がなんだ。」

http://aigananda.com/sp/

映画を観て1人1人の気持ちが伝わってきた。

より一層深めることで広がるなにかがあると感じた。
思考がわかりやすく1人1人違っていて興味深い。

現実にその場にいたとしたら、どうしても一方からの目線でしかみれない。

だけど、きっとそんなときに、頭の片隅に相手の思考を想像できたら、少し楽になれる気がする。

私の

もっとみる

公開中!実話の映画化!国家を敵に回した若者たち『僕たちは希望という名の列車に乗った』

映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」

実話の映画化。


1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。
クラスの中心的な存在であるふたりは、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行した。
それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ド

もっとみる

ホースとともにあらんことを

昔、ぼくがとても信頼している方に言われたんです。

「ホースを信じなさい」って。

最初は半信半疑でした。

こんなゴムのチューブが何かの役に立つわけがないって。

でも、実際に使ってみると、何回も水を汲みにいく必要がなくなって僕のガーデニング生活はホースの力によって圧倒的に変わりました。

May the hose be with you

ホースとともにあらんことを。

もっとみる

スーシネーター

ででんでんででん…
ででんでんででん…

ネタがないのでスシネタをご用意しました。
スシがたべたくなりました。

もっとみる

第60回ベルリン国際映画祭で金熊賞(最終優秀作品賞)を受賞 映画『蜂蜜』

映画『蜂蜜』
  

トルコのセミフ・カプランオール監督による【ユスフ三部作】の3作目です。

第60回ベルリン国際映画祭で金熊賞(最終優秀作品賞)を受賞しています。

映画としては『卵』→『ミルク』→『蜂蜜』の順番です。
覚え方としては、採取が楽な順です。

卵はそこにあるのを拾えばいい。
ミルクは絞らなきゃいけない。
蜂蜜はだいぶ危険を犯さなければならない。

時系列的には『蜂蜜』→『ミルク』

もっとみる

小さな本屋を巡る恐ろしい物語… 映画『マイ・ブックショップ』ネタバレもあり

マイ・ブックショップ

素晴らしい。びっくり。マジでびっくりしました。

普通の映画だなと思っていたんです。途中まで。

権力を持った愚かな悪が
「わざわざ波風立てることないじゃないですかぁ」っていう無責任な民を従えることに成功したら
こんなにおそろしいことになるのか。。

小さな書店の運命やいかに。。。。。。。。。

***

四コマ映画「マイ・ブックショップ」 → http://4koma-e

もっとみる