春牧

あなたと同じ目線の高さで、あなたと同じ風景を見ていたい

過去SSからの一部抜粋。投稿日は2018年9月2日となっています。劇場版のラスト、ファーストネームを呼び合うシーンは、観ているこっちが恥かしくなるような微笑ましいシーンですが、自分の中でもファーストネームで呼び合うというシチュは特別なものでした。個人的な趣味で牧には呼び捨てではなく「創一さん」と呼ばせていますが、別に「創一」でも全然アリよりのアリです笑。牧が春田に逢いに上海へ行って、その上海土産を

もっとみる

やさしい夜に、君と

ここに引っ張って来れるSSのラスト、春田が上海に旅立つ少し前の話。投稿日は2018年8月24日になっています。ドラマの残照が色濃く残り、一番連ドラらしい内容です。ただ、ひたすら牧の幸せしか考えていません。恐らく劇場版に求めるものがこんな感じの人には、劇場版に不満があるのかもしれません。自分ももちろんこういう日常の断片は大好きですが、この日常があるからこそ劇場版が輝きを放つので、とても穏やかに振り返

もっとみる

Revival

貴島Pがやりたかったという理由だけで作られた劇場版の夏祭りのシーン。誰もが想い描いたシーンだったと思います。自分もまた、二人がいつか浴衣を着て打ち上げ花火を見ることが出来たらと思っていました。感傷的なシーンには賛否ありますが、自分はとても好きなシーンです。このSSは感傷的なものが書きたくて去年の秋頃に書いたものです。『Revival』の歌詞を織り交ぜて、牧は現在から未来へ。武川さんは過去から現在へ

もっとみる

まなざしのゆくえ

これは2018年8月18日に初めて書いたおっさんずラブに関するSSで、2本しかない春田の視点で書いたものの一つです。振り返ると自分はずっと春田の心の闇が引っかかっていて、どうしても春田を幸せにしてあげたかった。牧と結ばれることももちろん幸せなことなのだけれど、そうではなくて春田の心の深淵でひとりでで泣いている小さな春田を抱きしめてあげたかった。なので劇場版はドストライクで魂が揺さぶられて仕方ないの

もっとみる

劇場版おっさんずラブ

(ネタバレ含みます)

みたおっおっおっおっおっ🤗🤗🤗🤗🤗

うふふふふふふふはふ🤗🤗🤗🤗🤗

ネタバレ避けの為の足りない文字数を追加しています。さあさあ、これくらいで良いかな?

なんか4行くらい表示される時もあるみたいでね。良いかなこれくらい開ければ良いかな?

最後春田がちゅうしたの不意打ち過ぎてブゥフォッってなったブゥフォッッッッッッ

春田からしたのめっちゃ良かっ

もっとみる

【ネタバレしかない】劇場版おっさんずラブを観て衝動的に書いた感想

※大前提としておっさんずラブという作品が好きですが、牧くん贔屓かつ春牧によってる人間が書いているので偏っている部分もあると思いますが悪しからず。あと無駄に長いです。

はじめまして。すばると申します。

初めてnoteを使うので色々間違っているかもしれませんが、「劇場版おっさんずラブ」を観てきて色々辛抱堪らんくなったのでつらつらと感想を書いていきます。(初めての投稿がこれでいいのかとか言ってはいけ

もっとみる

令和最初の夏の恋もやっぱりあの2人だった(劇場版おっさんずラブ)

お久しぶりです。note開くのいつぶりだろう。

おっさんずラブの映画を見てきました。

いやあ、凄かった。素晴らしすぎた。素敵すぎた。

もうとにかく良いところを書き連ねたい。というわけでここからネタバレありです。見てない人は

「エンドロール後も映画館が明るくなるまで絶対に帰らない」

事だけ頭に叩き込んで映画館へ向かってください。損はさせない。絶対に。

さて。はあ、もうどっから書いたらいい

もっとみる

ある世界の最後の日には、彼らの幸せを願って眠る。

本日2019年8月22日は、劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD 公開前日です。
おっさんずラブの新しい物語が一般には公開されていない世界の最後の日です。
「おっさんずラブ  ついに完結」と劇場版のコピーにあるので、本当の本当に、まだ見ていない物語が存在する世界の最終日なんです。

寝付くのが惜しい夜に、せっかくだから今日までしか出来ないことをしようと。
映画で起きることを予告から妄想し

もっとみる

薄紫色の花束を、君に

時系列では春田が上海に発って一か月後くらいの話です。まだまだ楽しさの方が淋しさより勝ってる頃。MVが発表された当時に即興で書いたものです。Revival-おっさんずラブEdition-配信記念に。※全年齢

 「誘いたいたいヤツが居るんスよ、いいスか」

 「うん、いいよ。全然。誰?」

 「え?誰って、あれですよ。もしもし牧?今着いたとこ。どこ?うん、うん、俺はスキマスイッチっていうバーに来てる

もっとみる