応募が来ない求人広告の見直しポイント、ただで教えます

「転職サイトに掲載しても、全然応募が集まらない」
そんな中小企業の経営者さまのお話をよく聞きます。大抵は「媒体が悪かった」という結論に至ってしまうことが多いのですが、はたして本当にそうでしょうか?

僕は松岡茉優さんのTVCMでおなじみの『エン転職』で、求人広告コピーライターとして働いてきました。期間はなんと14年(長い)。主に、郊外といわれるエリアの、応募が集まりにくい企業さまの広告を担当し、4

もっとみる

求人広告は魔法じゃない

求人広告を作る会社に転職しました、らんちゃんです。4ヶ月ぶりのnoteだよ( ✌︎'ω')✌︎

テレアポしたりアポ頂いたところに訪問したりしてます。で、電話越しでも訪問先でもちょくちょくお客様から聞くセリフはこちら。

「求人広告は載せるだけで金を取る!」
「効果がなかったから払わなかった!」

載せる”だけ”???
広告のサービスを使って”支払いをしない”だと???

言いたいこと分からんでも

もっとみる

営業職から脱して生涯生きていけるキャリアを手に入れる方法

こんにちは。

自分の経験をもとにタイトルの記事を書きました。

労働集約型の仕事内容について悩まれている方は非常に多いと思います。

1日、1週間、1ヶ月単位でみると、業績を達成して短期的に喜びを感じられる仕事。ゆえに長期的課題に気づきにくいけど、ふと仲間内で飲みに行ったり、物思いに老けたときに、いつまで続けるのか?でもどうキャリアアップするのか?

自分もそう悩んだ経験があります。

今回は営

もっとみる

僕は、ゴーストライターです。

僕のメインの仕事は執筆代行です。
俗っぽく言うならばゴーストライターです。
自分のペンネームを出さず、
ひっそりと書き続けています。

動画やロゴ、WEBサイトは
業者に依頼することは多いと思います。
でも、なぜか文章については
外注に抵抗がある方がいるようです。

(なんとなく、
やっちゃいけないような気がする。)
と、とある起業家がこぼしていました。

完全に映画やドラマと、
佐村河内守のせい

もっとみる

転職のプロが隠れて使っている「イケてる転職サイト」のお話

こんにちはネムと申します。

転職市場に10年以上関わっており、最近は副業などマルチワーカ―として自称自立系リーマンをうたっているものです。

巷に沢山あふれているおすすめ転職サイトや転職サイトの選び方などが多少なりとも「本当かな~」と思ったこともあり、これまでの自分の経験・知見をフルに活用して一筆書いてみました。

http://tenshoku-booster.com/recommended-

もっとみる

社内の良いところを発信し、働く女性のロールモデルになりたい

東大発のAIベンチャー「ストックマーク」
マーケティングスペシャリストの
中野さんへのインタビュー。
まず、コミュ力が高くて尊敬…。
プライベートで運営されている
コミュニティが楽しそうで
いつか参加したいですと
Facebookで友達に。

もっとみる

“次世代のマイクロソフト”となり、人類の前進に貢献したい

東大発のAIベンチャー「ストックマーク」
ついに、
CEO・林さんへのインタビュー!
超アナログ人間の私の
10歩も100歩も先を見ている。
話していてワクワクが止まらなかった!

もっとみる

「ストックマークのような人材採用がやりたい」と目標にされる組織へ

東大発のAIベンチャー「ストックマーク」
人事の松木さんへのインタビュー。
この時はまだ入社されたばかりで。
未来のことを話す目がキラキラしてた!

もっとみる

バイト探しの極意。Googleしごと検索で「-」を使え。by求人広告関係者

フリーター&学生諸君!!
バイト募集の広告をつくる側だった私が、バイト探しの裏技を公開します。
(企業の皆さまゴメンなさい)

そもそもGoogle しごと検索とは?

グーグルで「バイト 居酒屋」「求人 営業」とかって検索すると出てくるヤツです。

▼居酒屋で検索するとこんな感じ
https://www.google.com/search?safe=active&q=google+jobs&i

もっとみる

「採用の強み」を9種類にまとめると、ペルソナのピンボケも防げるし、戦略も立てやすい。by採用広告つくる側

「採用力」は、現金や知的財産と同じ、貴重な"資産"。

なのに無頓着なままの社長さん、周りにもいるのでは??

今回は、そんな採用資産をパっと見える化して、管理しやすくするツールをご紹介します。

▼こんな採用担当向けの記事です。

・「自社の採用の強みがわからない」

・「求人を出しても応募が来ない」

・「社員がどんどんやめていく!定着率をあげたい!」

・「求職者のペルソナを作ってもピンとこ

もっとみる