「時代を感じろ&廃墟のススメ。」

鳥谷の退団
ランディの引退
と阪神タイガースは寂しいニュースが続く。
この二人は長い間阪神タイガースを引っ張ってくれた功労者だけに阪神の一つの時代が終わるんだなと感じている。
(二人のためにも逆転CSを決めてほしいけど厳しそうだ。)

時代が終わることは寂しく感じてしまうけど、時代を感じることは大切だ。

時代を感じれるようになれば

・「今」を生きているんだと強く認識できるようになり「今」に集中

もっとみる

流れる

3時半に目が覚めちゃった。
飲みすぎたな。11時半に眠った。
ねむうい。でも、起きちゃった。起きなさい、ってことなのかもな、って思って。
ちょうどいい。シャワー浴びちゃおう。「天使の輪っか」というシャンプーとトリートメント、ものすごい。髪質が生まれ変わった。ねえ弟、サロンに卸してるあんたのヘアケア商品、なんだったの。効かなかったよ?あれより高いのに。(※後日見たら、「天使の輪っか」ではなく「女神の

もっとみる

自分の人生に責任をもつ

8月21日。

スペシャルな「魔術のカメの日」といわれる日に

こんまりさんのインスタでわたしの投稿が紹介されました。

↓おうちアカウントです↓

日々の暮らしや収納の仕方など発信しています。

こっちのアカウントは発信専用だったから

慌ててこんまりさんをフォローする。

その約2週間後に、また紹介される。

それを機に

こんまりさんの本、久しぶりに読み返してみようかな?と本を再び購入。

もっとみる

「ピンチはピンチだ馬鹿野郎。」

映画・「ブギーナイツ」を観た。

ある日、ナイトクラブでアルバイトをしていた主人公がポルノ映画監督に巨根を買われスカウトされる。

ポルノ業界に飛び込んだ主人公はダーク・ディグラーと名乗り業界のスターになっていく。

そんな主人公の栄光と挫折、ポルノ業界の光と闇を描いた映画。

俺はこの映画を観て栄光も挫折もある日突然一気にくる傾向が高いと思った。

まぁこの映画だけじゃないんだけど、栄光と挫折を

もっとみる

かれこれ、家計を共にしてからもう約2年。

夫婦共々、会計作業が好きではないことから、

これまではざっくりとしか
お金の流れを把握できていなかったが

ついにしっかりとお金の動きを
追える体制が整った。

ちょっと大変さはあるけれど継続しよう。

日々の足腰のどっしり感が違う。

「鐘の音色」

「鐘の音色」

おやすみ おはよう
きみとぼくとの魔法

ただいま おかえり
今日も同じ音

はるか彼方から 流れくるメロディー
どうして ねえこんなにも 胸が苦しいの

奏でている ただひとり
歓びの歌は届かない

きみとふたり鳴らしたいよ
はじまりの鐘の音を

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 written by ほのか しずく
+-+-+-+-+-+-+-

もっとみる

川の流れを見るっていう話。

夫がスケボーを始めた。

サーフスケートなるものが流行っているらしい。
おなかも凹んできていいなと思う。

しかし
スタイリッシュな乗り方がわからないらしく
YouTubeで動画研究を欠かさない。イメトレである。

こういうやつ。延々と見ている。しかもテレビで。
これは夫のお気に入り。

仕事も自由なので仕事中も見ているのである。

さすがに飽きた私。
半分嫌味を込めつつ、見ていて飽きないのか

もっとみる

少し流れが変わってきた

盆明けあたりから前に進むようになってきた

未だに何も進んではいないし
大きな山は大きなままだから
きっとこれから苦しいと思うけど
そこは前向きな頑張りだからやっていかないと

相変わらずサボりたい人間だし
なんで俺がって気持ちは拭えない

でもやるしかないかなって
気にはなってきた

大分遅いし、やってるレベルも低いけど
仕方ない
だってそうなんだし

俺のレベルが急に上がるわけでもない

嫌に

もっとみる

あなたが私になる歴史

日々トイレを掃除して回り始め、主任とお茶中、私と一緒に研修を受けた私含む6人のうちすでに2人が初日で辞めたと聞かされた。
「凄い広いフロアだし。それに、確かに私も初めは人の排泄物掃除するのって抵抗あったしねえ」

排泄物は、みんなその人の食べた食べかすだと思っていることだろう。私もそう思ってきた。ところが、はたと思い出した。そうではないということを。

以前読んだもので、
「老廃物は食べかすではな

もっとみる

「流れ」に乗ってないとき

「運」とか
「流れ」というものを
若い頃は全く信用してなかったんだけど
ここ最近は強く意識するようになってきた。

これは理屈ではなく
体験を通じて確認していくしかないので
文章で表現できるものではないのだけれど
それを承知で敢えて書くとすれば
「流れ」に乗ってないときは
どういうわけか何をやってもうまくいかない。

というよりも
実は「今のこの状態」が既に
うまくいく流れに乗っている途中であり

もっとみる