渡邊恵太

074:インタラクションは表象から「現れ」へと向かう

「2 The Material Turn───On the Material Turn in Interaction Design」のまとめ

コマンドライン(CUI)からグラフィカル・ユーザ・インターフェイス(GUI),そしてタンジブル・ユーザ・インターフェイス(TUI)という流れで,表象中心のインターフェイスからマテリアルインタラクションになっていく.だから,TUIは表象とメタファーに基づくイ

もっとみる

064:「metaBox」が📦ではなく🚪になっているように感じた

渡邊恵太研究室 プロトタイプ展 2019「インターネット中心設計  インターネット前提のインタラクションデザイン」を見た。そこで、中里健也さんの「metaBox」が気になった。「metaBox」は、渡邊研究室が去年から提唱しているexUIの研究なのだけれど、今回はとてもシンプルな白い箱になっていた。

宅配BOX、ロッカーを使った買取サービス、無人コンビニなど、箱を使ったモノのやり取りハードウェア

もっとみる

展示のためにTobii社の超高性能アイトラッカーをPythonで取得して遊んでみた

こんにちは、インタラクションデザインの渡邊研究室の代表の渡邊恵太です。
3月8日(金)、9日(土)の渡邊研プロトタイプ展2019 に向けて連載企画をはじめます。
展示で展示する作品や、考え方について紹介していきたいと思います。

第2回目は、学部3年生の相澤くんにPythonを用いたTobiiアイトラッカーの使用方法ついて紹介してもらいたいと思います。

Pythonを用いたTobiiアイトラッカ

もっとみる

じゃんけんのインタラクションデザインと「スマート意思決定」研究

こんにちは、インタラクションデザインの渡邊研究室の代表の渡邊恵太です。
3月8日(金)、9日(土)の渡邊研プロトタイプ展2019 に向けて連載企画をはじめます。展示で展示する作品や、考え方について紹介していきたいと思います。

第1回目は「スマート意思決定」という研究について紹介したいと思います。
今回は、修士1年生の金子翔麻くんに「じゃんけん」のインタラクションデザインについてと自身の研究につい

もっとみる

プロトタイプ展「インターネット中心設計 インターネット前提のインタラクションデザイン」

こんにちは、渡邊研究室の渡邊です。昨年度から研究室の展示会をやっています。今年は「インターネット中心設計 インターネット前提のインタラクションデザイン」というタイトルで展示会行います!

Webページはこちら

渡邊恵太研究室プロトタイプ展 2019

「インターネット中心設計〜インターネット前提のインタラクションデザイン」
日時:3月8日(金) 10:00~20:00、3月9日(土) 10:30

もっとみる

Xデザイン学校公開講座「融けるデザイン+つなぐデザイン」に参加しました

8月27日、武蔵野美術大学デザイン・ラウンジで開催された "Xデザイン学校公開講座「融けるデザイン+つなぐデザイン」" に参加してきました。

この講座では、明治大学の渡邊恵太先生が「融けるデザイン」というテーマで、有名な本「融けるデザイン」の内容と、最近考えられていることについて、その後、富士フイルムの小島健嗣さんが、「つなぐデザイン」というテーマで、富士フイルムのイノベーション手法について話さ

もっとみる

『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』第5回 さよならスマートフォン――身近で遠いタッチポイント、消極性デザインが本領を発揮するIoTとインタラクションデザイン(渡邊恵太・消極性研究会 SIGSHY)

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。前回に引き続き工学者の渡邊恵太さんの寄稿です。次に観る作品を選ぶだけで時間がかかってしまうNetflixを、積極性を費やすことなく楽しむ研究や、スマホ画面の1ページ目の争奪戦を超えるAmazoDashボタンの狙いについて論じます。

消極性デザインの連載、第5回目。今回も前回に引き続き明治大学の

もっとみる