もうすぐしぬんだな

最近「あ、もうすぐ死ぬんだな」と感じることが増えた。死にたいとか病気だとかではなく、人(含む自分)っていつか死ぬんだな、という事実への実感が強まったという意味だ。

そう感じるのは身近な人を亡くしたからかもしれないし、年齢のせいかもしれない。とにかくこれまでは見えなかった(見ないようにしてきた)歩んでいく道の先の「死」が以前よりはっきり感じとれるようになった。

それにしてもゴールが死というのはお

もっとみる

火の雉。

前にアップしたかどうか定かでないマンガが出てきました。(*´Д`) キジ、夏はよくスイカをどつきに来ますドグ〜!

おわり。

もっとみる
今日の運勢は……ええっ!? まさかの……!!(*´▽`*)
60

鈍でも凛

はい、ありがとうございます!
少々お待ち下さい!!(笑顔で膝をつく)
うん、そうだよお。よく話し掛けられるね。

あっこんにちは、私〇〇さんと中高同じバレー部で、ずっと〇〇さんにいじめられていた佐藤です!
3人で帰り道が一緒だったのに、友達をそそのかして定期を変えたり、私のクラスに入ってきて私以外の部員全員でこっちチラチラ見ながら楽しそうにお弁当食べたり、顔のことで笑ったりされてました!
まぁそ

もっとみる

自己像~自分ってどんな人~

【夏休みの宿題:絵日記】

先日、お久しぶりの友人と、ばったり街角で会いまして。お子さんのお話になって、夏休みで元気に遊びまわっとるわ〜というわけで。

はは~ん、そうか巷は、夏休みなんか~、と。

今のぼくは、社会的役割上24時間365日、昼も夜も、週末の感覚も、曜日感覚すら定かでないライフスタイル送っていて、それが身についちゃってますから、夏休みなんてタイムピリオドがあるってことに、現実味がな

もっとみる

命の重さ

京アニの事件について、もちろんそれが到底許される事ではないのはいうまでもない。

ただ、現場の医師たちは、目の前に瀕死の患者がいればそれが加害者だろうが被害者だろうが全力で治療に当たる。ただし、医療費は高額になるだろうし、今回重症の熱傷なので健常者からの皮膚の移植など検討されるだろう。治療が奏功し、時間をかけて加害者の一命を取り留めたとしても、彼には死刑が待っているわけで、人の命の重さについてこれ

もっとみる

世代考察番外編 ~18年×4と以前以後~

1、分けることは分かること

6年ごとに区切って世代考察の記事を12回書きました。

これは6年くらいがちょうどいい、と思って区切ったわけですが、歴史において時代区分が人工的なものであるのと同じように、絶対に6年で区切らなければいけないというわけではありません。あくまで1つの枠組みです。

時代区分というものは、その歴史家の認識によっていくらでも変えられます。「先史」「古代」「中世」「近代」「現代

もっとみる

ヴィパッサナー瞑想センターの10日間コース合宿まとめ

都心から電車で一時間半、JR茂原駅から更にバスで30分ほどの大自然の中にある瞑想センターで定期開催されるヴィパッサナー瞑想の10日間合宿コースに初参加してきた。

有給休暇に家族を残し音信不通の10日間、100時間ひたすら瞑想合宿の体験を経た成果と感想、参加検討する方へのメモをNoteに記す。

ヴィパッサナー瞑想について

「Vipassana」はパーリ語で観察するの意味。具体的にヴィパッサナ

もっとみる

世界一美しい鳥を見に行く旅。

本日はお題 #旅とわたし で書きます。

みなさまは、「コスタリカ」という国にどんなイメージがあるだろうか。サッカーが強い、くらい?もしかしたら、どこにあるのかすら知らないという方がほとんどなのではないか。

コスタリカは中央アメリカ(中米)にある。中米とは、北米と南米の中間(当たり前)で、北米のメキシコと南米のコロンビアの間にある7つの国を指す。コスタリカは北にニカラグア、南東にパナマに隣接し、

もっとみる

the beautiful tsarevaのスケッチ

バレエ「火の鳥」のツァレーヴナ(皇女)のスケッチです。

バレエ・リュスで活躍したデザイナー、レオン・バクストのデザインの模写。

かわいいお姫様。

もっとみる