義理人情に厚い人って、義理人情以外の周囲が熱気で見えて無くて、結局は周囲に迷惑をかけることになるよね。「自分はどうなってもいい!」は嘘だ。「周囲こそ守らなければならない。」のではないだろうか?そうしないと『サムライフラメンコ』に斬られるぞ~!(『クレヨンしんちゃん』の声で!)

「ジャナギャガ」の方も、よろしくお願いいたします!☆彡
9

塾講師たちの責任について

2回目の投稿です。「スキ」してくださった方、ありがとうございます!とっても書く励みになります(^O^)/

さて、今回はタイトルにある通り「責任」について。

「責任」という言葉が示すもの…いろいろありますよね。「責任が付きまとう」と言えばマイナスなイメージ、「責任感が強い」と聞けばポジティブなイメージ。そして、今の時代を象徴?するような「責任逃れ」。嫌なニュースがあるから、「責任」なんて聞いたら

もっとみる
ありがとうございます😆💕✨
2

徳を礎とした熱意なき人は描ける餅の如し

松下幸之助 一日一話
10月 2日 強く人を求める

事をなすに当たって、人を得るかどうかはきわめて大事なことである。それによって事の成否は決まると言ってもよい。

それではどうしたら“人”が得られるのだろうか。これは大きく言えば、運とか縁によると考えられるだろうが、やはり強く人を求める心があってこそ、人材も集まってくるのだと思う。ただなんとなくすぐれた人材が集まってくるということはまずあり得ない

もっとみる
スキのセンスがいい!!
2

私のほしいもの

私のほしいものはAmazonで探しても売ってなくて、そもそも私が喉から手が出るほど欲しいものはどれも実体のないものばかりで、そのうちのひとつでも手にすることができたのなら私は、死んでしまいたいくらいに嬉しくて人生のすべてのことに一生懸命になれるんだと思うのよ でも一度手に入ったものが壊れちゃったら私は、それこそほんとに死にたくなっちゃうんだろうな〜 だから手にするのが怖いのかな、そんな人のもとにそ

もっとみる

逆境は人を強くする【今と昔の違い】

昔ゲーム実況を始めたころ、本気で誰よりもYouTubeのことを考えて行動していた自信があった。だから結果もそこそこ出せたと思っていた。

なぜ今あの時ほど熱中できていないかというと、良くも悪くも幸せだから、ストレスがほぼないからじゃないかなと思う。

それこそ昔は仕事もなければ収入もない、ある意味YouTubeにかけていたところがあった。他の人よりいいものを作っている自信もあったから伸びないほうが

もっとみる
ありがとうございます(∩´∀`∩)!!
5

俺がみんなをかえてやる!まずは自分が変われ

俺がみんなをかえてやる!

世界を渡り歩き培ったこの経験を
みんなに広めて行動に移させるんだ!

この考えを持つ人は一定数いると思う。
俺もつい最近まではそうだった。

私が持つこの熱量と
他人が持つ熱量の差は
エアコンでいう暖房と冷房です。

暖かい空気と冷たい空気が循環し
混ざり合うのには時間がかかります。

それにも関わらず暖房は冷房へ
「早く暖かくなれよ」といわんばかりに
熱を押し付けてき

もっとみる
ありがとうございNAS
8

もしかしてみんな最初から他人事だったのか

本格的に転職活動を始めた。

仕事へのガツガツ感は抑え気味で、土日祝休み、新居から30分程度で通えるところ。

まだ書類選考すら通っていない段階だが、私の意識に変化が現れたのだ。

それまで、「成果!成果!」「成長!成長!」「改善!改善!」と、常に全力で邁進してきて、周囲との温度差にストレスがひどくて

お腹を壊したり目眩で倒れたり、頭痛で動けなくなっていた私が

「別に成果出さなくて良いし。だっ

もっとみる
自分の幸せ最優先!(*^_^*)
5

就活生が忘れがちなこと。俺らも選べる権利がある。

おはようございナス
なすび太郎です。

ぼちぼち就活を始める人も
増えてくると思います。

そんな方たちに覚えててほしいことは
[俺たちも会社を選ぶ権利がある]
ということです。

私が実際受けた就活エピソードを
今から書いてゆくっ。

無愛想な守衛

とある会社の出来事。
私が受付に、
「○○大学のなすび太郎です。」
というと、
ハァ~とタメ息ついたあとに
「どうぞ」と無愛想で
受け答えしてきた

もっとみる
ありがとうございナス
8

中心には必ず「熱意」が存在する。

こんにちは。
自分を研磨する時間や、いつも触れている情報とは違う場所にいってみると、新たな発見があると言われるが、まさにそうやなと体感しました。

考えなさい。
調査し、探究し、問いかけ、
熟考するのです。
- ウォルト・ディズニー -

日々精進。

昨日、たまたま時間が空いたため、
ちょっとしたイベントにお邪魔させていただきました。「スポーツ×IT」というテーマで、

キャリアデザイン交流会 

もっとみる
ありがとうございます!
24