田中将賀

逆説的な「正しさと戦う」という意思

(映画comから画像をお借りしました)

新海誠監督の「君の名は。」を2回も見た私。(1回目は一人で、2回目は夫も一緒でした)

「天気の子」は私は初めから見るつもりだったし、今回は夫も「自分も一緒に観る」というので2人で観に行きました。

離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな

もっとみる
Thank you very much!
10

新海誠 最新作 天気の子 ヒット予想をする

先日、新海誠監督の最新作天気の子のプロモーションムービーが公開されました。私なりの感想と気が早いですがヒット予測をします。

第一印象を述べます。

ズバリ、宮崎駿監督の後の日本のアニメ映画を引っ張っていくのは新海誠監督しかいないでしょう。

宮崎駿の後の日本アニメ映画のヒットメーカーは新海監督か細田監督のどちらかになると思っていましたが、このプロモーションムービーを見て完全に新海誠の時代になるな

もっとみる
スキ幸せです!
23

2月28日発売AIとの結婚できる時代を描いたSF小説「ぴぷる」について色々

2月28日にAIと結婚できる時代を描いたSF小説「ぴぷる」が発売となります。

もともと雑誌、ダ・ヴィンチで連載していたのですが、今後の展開を考える中で考えることがあり連載していたものから加筆して小説を仕上げました。

ぴぷるは、私の中で圧倒的勝負作です。気持ち的な面でも、思考実験的な意味でも、これ以上のものは今は書けないし、自分が持てるもの全てを尽くした作品なので、ぜひ読んでくいただきたいです。

もっとみる

ダーリン・イン・ザ・フランキス

ロボットアニメです。
ざっくりとした物語は、子どもたちが、男女一組でロボットを操縦し、叫竜と呼ばれる敵を倒す。というもの。かなりざっくりまとめましたけど。

キャラクターは個性がはっきりしていて、わかりやすいです。
個人的にはヒロインのゼロツーがよかった。エヴァやエウレカセブンの登場人物を思い出すところはありましたが、ヒロインとしては悪くないと思いました。かわいいし。
地球規模の戦いをしている割に

もっとみる