「1人旅」という時間の使い方

こんにちは。空飛ぶチェリーパイ です。
note7回目の投稿です。

時間の使い方

突然ですが、みなさんは最近楽しいことをしましたか? 
仕事にバイト、学校や部活、さらには育児に嫌いな上司との飲み会などなど何かと多忙な日々。
忙しくて何かを楽しむ余裕がなくなっている方も
多いのではないでしょうか。

僕自身の休日の過ごし方は、
11:00 起床
14:00 ジム
18:00 野球観戦
22:00

もっとみる

大分旅行 二日目 完

大分旅行二日目、晴れ!!

二日目の旅はここからスタート。晴れてる日のベストスポット、狭霧台。山がほんとうにきれい。その中でもひときわ目を引く扇山は、毎年春に野焼きを行っているのだとか。生態系維持や草原の再生の為でもありますが、「温泉の神さまたちに春の訪れをお知らせする」といった意味もあるそうです。ほっこり。地元では見られない草原の山と青く広い空に大分の自然を全身で感じました。

道中も自然に癒や

もっとみる

直近の利益に惑わされない!「真の地域経済」を生み出すには?

由布院、いい流れ。

人気観光地・由布院に大型リゾートホテルも繁華街もない理由

この記事の「明日の由布院を考える会」の直近のお金のためじゃない、「中長期で地域の価値を守っていくんだ!」という動きが、今後とても大事になってくると思う。

その地域において、何が価値なのか、中長期で考えないと本当に良いものがなくなっていって、観光客も愚か、住んでいる方も魅力的に思わない地域になってしまう。

京都

もっとみる

春よこい

今日は久しぶりに、少しだけ由布院の無量塔にいった。目的はお土産。妻と母は買い物にいって、車で爆睡する子どもと、車内で買い物まち。

暑いぐらいの穏やかな気候の中で、少しひんやりした風が車内に入ってくる。めっちゃ心地の良い、心休まるひととき。子どもの鼻息を聞きながら、多幸感あふれる。

にしても、この心地よさは何だろう。川のせせらぎ、小鳥のさえずり、穏やかな気候、ひんやりとする風。あっ、そうか春がき

もっとみる

思い付きで飯盛ヶ城に登る

ここ3日くらい由布岳登山口まで自転車で登っていた。ここは別府方面と由布院方面から登ってきたサイクリストが良く休憩している。今日も先客が2名いた。ビアンキのロードとクロモリのランドナーだった。荷物が多い。長距離走ってるのだろうか。彼らは由布岳へと登って行った。ぼくも久々に登山をしたくなった。しかし登山用の準備はしていない。そうだ、飯盛ヶ城へ登ろう。飯盛ヶ城は標高1067M。登山口から登れば獲得標高2

もっとみる

004_天井桟敷のモン・ユフ【大分】

おんせん県にある数ある温泉街の中でもちょっとラグジュアリー感漂う由布院。
金鱗湖の畔にある亀の井別荘の中に、緑に囲まれた雰囲気のいいカフェ、茶房 天井桟敷がある。
店内もゆったりとしたスペースにアンティークが並び素敵。

モン・ユフは、由布岳をイメージして作られたクリームチーズの冷んやりデザート。
甘さ控えめの濃厚チーズに、ブランデー漬けのレーズン、これぞ大人のデザート。
丁寧にいれられたコーヒー

もっとみる

トゥーアール社員旅行2017 福岡・由布院

株式会社トゥーアールでは毎年社員旅行に行っており、2017年は7/16〜7/18にかけて福岡と由布院にいってきました。

どのような社員旅行だったかスタッフのSNSでその状況をシェアいたします。

どうだったでしょうか?なんとなく雰囲気がつたわりましたか?

ちなみに2018年の社員旅行は草津・軽井沢でした。

トゥーアール社員旅行2018 草津・軽井沢

もっとみる

あの名建築に会いに行こう!——大分県のふたつの坂茂作品

こんにちは、ロンロ・ボナペティです。

今回は大分で見られる坂 茂さんのふたつの作品、「大分県立美術館」と「由布市ツーリストインフォメーションセンター」をご紹介します。
坂さんの建築家としての魅力は、下記にまとめましたので、本稿を読む前にこちらを読んでいただけるとうれしいです。
有料設定にしていますが、無料で読める部分も多く取っています。

さて、前掲の記事では坂さんの建築と社会との関わりについて

もっとみる

建築家の社会的責任とこれからの建築家像——坂茂作品の魅力を知る3つの視点

こんにちは、ロンロ・ボナペティです。

今回は大分県で見ることができる坂 茂さんの建築をご紹介します。
以前こちらのnoteに書いた槇文彦さんの風の丘葬祭場も大分でしたが、大分にはわざわざ足を伸ばしてまで立ち寄りたい建築がたくさんありますね。
旅行や出張で九州に行く機会があれば、ぜひ建築巡りも楽しんでみてください。

さて坂 茂さんと言えば、建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞も受賞している

もっとみる

日本はどうしたいのか?│いよいよ始まる「民泊新法」の、その先を考えてみる。

厳しくて面倒くさくなった規制に対して、手続きの簡素化が急務

記事の画像で貼り付けていますが、Amazonではこんなステッカーも販売してます(笑)

「民泊禁止ステッカー」
https://goo.gl/QfgZwj

日本の旅先で民泊という選択肢が更に定着するかな〜?

自分の住んでいる家などに有料でお客を泊めることが出来る いわゆる「民泊新法(正式名は住宅宿泊事業法)」が、2018年6月15日

もっとみる