生き残った苗は1本だけだった。そして、そのあと、、、

自然栽培で育てた野菜の、自家採種を試みています。この土地に合ったタネを育てるために。F1種からの自家採種、タネが順調に育つまでには4年くらい見た方がよいとのこと。

今年、数種類のお野菜、F1種からタネを採って、それを初めて植えた年なのですが、全体的に育ちがよくありません。先人の言う通り。今は夏畝なので、夏野菜を育てていますが、わが家では、とくにトマトの生育がよくありません。
 

※タネのアレコ

もっとみる

いろんな体験をしたほうがいいと思う

畑仕事から営業、事務からプログラミングまで。

いろんな経験をしたほうがいいと思います。

どうしてかというと、本を読むより圧倒的にリアリティが高いからです。

僕も今日は畑仕事を少しはしようと思います。

#経験
#畑仕事
#営業
#事務
#コンサル
#プログラミング
#エッセイ
#コラム
#日記

「毎年1年生!」~リアル 地元に恋して、来いし。農家編~

農村の風邪に癒されたいわ~という皆さんへ

「あっ、とんぼがいる!」
「田んぼ道も味があっていいねー」
「私にもこんな田舎が欲しい!」

梅雨も中休みとなった本日は東京からの友人を連れて「勝手にジモ恋ツアー」をしています。

私には何気ない風景が友人の目には新鮮に写っているらしく、その言葉を聞いた私までも新鮮な気持ちになりました。

あらためて、自分以外の誰かの視点って大切だなーと思いました。

もっとみる

7月8日 今日の収穫はピーマンとカボチャです。

「父がピーマンに日除をしてくれました(^-^)
去年、日差しが強すぎて、ピーマンの実が火傷してしまったので、それの予防です。
これで、大きなピーマンが、いっぱい収穫出来るはずです(^∇^)♪
品種は、『とんがりパワー』と『うまぴーロング』です。どっちがどっちか、区別はつきませんが…(^^;」

⬇︎「島カボチャも収穫♪
インスタバエするように写真を撮ってみました(^-^)
インスタしてませんが((

もっとみる

畑の野菜は足音を聞かせて育てる。強みも同じである

「野菜は足音を聞いて育つ」

昔、農業体験施設で働いていたとき、

「野菜は足音を聞いて育つ」

という言葉を教わりました。

これは、農家さんが毎日畑に出向いて、こまめに世話をして、成長を見守ることが、野菜の生育には欠かせないんだよ。という教訓です。

どんな作物も、種をまいて、苗を植えて、
ハイ、おしまい!あとは収穫を待つだけ!
…ではないですからね。

収穫に至るまで、草をとったり、肥料をあ

もっとみる

雨のときは、じっとがまん

畑しごと、雨のときは外でやることは、あまりありません。とくに、今日のような土砂降りのときは、大人しくしているほうがいい。晴耕雨読とは、よく言ったものですね。いろいろやりたいけれど、じっとがまんです。

せっかくですから、手つかずにいたニンニクとタマネギの処理をしました。本当なら、タマネギは吊るしておくのがよいのですが、わが家には吊るす場所がないので、土を落としてかごに入れておきます。
 
 

もっとみる

細いのは次世代のために葉へ育ち
光合成をします。
太いのは収穫されます。

アスパラガスは根っこでみんなつかながっていて
チームで私達を応援してくれています。

頂くいうのは
野菜達のこんな愛しきエネルギーをも頂くということなんですよね。

ベニバナを育てて、活用しよう

自然栽培で、ベニバナを育てています。草木染めに使うためですが、食用にもしたいのです。実は、漢方でも使われているのです、ベニバナ。

ワタシの場合、体内エネルギーが滞りがちなので、その改善も含めて、適量、摂取したい。花はまだ食べていませんが、間引きした葉を頂きました。とってもおいしかったです。体がポカポカする感じがします。

 

じっさいの生育の方は、一年目ということもあり、土とベニバナの波動がマ

もっとみる