真面目な顔して何も考えてないです

HELLO 水曜日の男 森澤です

長い梅雨で なんだか気持ちがしょんぼりしますね。
弊社はマルシェやマーケットベースのフードイベント等の野外イベントが 収入の主 でもあるので中々厳しい状況が続きますが

農家さんを始め生産者の方々も大変でしょうから
こういう時こそ 機嫌よく仕事をしたいものです

僕も先日まで些か機嫌が悪かったのですが
オフィスのエスカレーターにてOLさんのペンシルスカートの

もっとみる

調査が抜けたPRのおかしさ

もうこれも笑っちゃう事実なんですが、広報ポジションを置いているくせに、情報収集のしくみが出来上がっていないことが複数社の共通点でした。つまりは情報分析のしくみがまったくなっていなくて、「じゃあ、アウトプットの源泉って、なに?」と、これまたあたりまえの疑問点がわいてくるのです。実際に担当者たちにヒアリングをしてみると、個々の個人的インプットに頼っている状況。会社や団体を組織している意味がまったくない

もっとみる

社長になったことで、憧れや幻想をいただいていた人たちと同じマインドになった

小学生のころから将来の夢は「社長になる」だった。
どんな社長になるとかそういった話ではなく、父が小さい会社ながら社長として部下に尊敬されながら仕事をする姿を見て、僕もみんなに尊敬される人になりたい(あわよくばお金持ちになりたい)と思っていた。

学生時代は将来の夢が二転三転した。「尊敬される」「お金持ち」という2軸で、職業選択や進路が変わっていった。

「尊敬される」
には周りにちやほやされるとい

もっとみる

Hello World!!

僕はプログラムが好きで,会社を起こし,代表取締役となった今でも,プログラムを仕事,プライベート問わずかいています.

大昔(と,いっても10年くらい前まで)は30歳プログラマー定年説みたいのが実しやかに囁かれていました.
今年で41歳になったわけですが,これからもプログラムを書いていきます.

で,タイトルなんですが,これは弊社で開催している幼児向けプログラミングイベントのタイトルです.

タイト

もっとみる

起業家が鬱になるということ。そしてそこからの回復。

前回の職務経歴記事投稿でも書いたように、2012年に起業した僕は、2014年の夏ごろにチームの崩壊と相まってメンタル的にかなり弱ってました。
起業家が鬱になるってどういうことかってのはありふれた出来事であるにも関わらず、あまり表に出てこない情報なのでちょっと書いてみようかなーと。

なんで表に出てこないかって理由は明確で、経営中かつしんどい状態が継続中は「メンタルが弱っている」と公表するのは難しい

もっとみる
ありがとうございます!またいい記事書けるようにがんばります。
28

禁煙について

HELLO. 水曜日の男 森澤です

あれなんですよねー あのー

シュークリームとか 納豆巻きとかあるじゃないですか ああいった食べ物を上手に食べることが出来ないんですよね

絶対おしりから ぶりって 出ちゃうんですよ

(めちゃくちゃ語弊があるな)

どうやったら上手く食べることができるのか

そんなことを思ったり思わなかったりな人生28年目です

どうぞよろすく(過去最高にどうでもええがな)

もっとみる

なんで会社を作ったのか.

所属していた組織から独立するにはそれなりの覚悟や理由があるわけですが,自分はどうだったかな.と,思い返しながら書いてみようと思うのです.

まじめな理由はいくつかある.主に以下.
・当時の組織の上層部メンバーと価値観に乖離がある
・無責任に人売りする営業への嫌悪感が僕の許容できる閾値ぎりぎりだった
・個人で続けた場合,60歳になっても1人で働いているのはさみしい

ふざけた理由もいくつかある.主に

もっとみる

◯◯の使い道について考えてみる

#週1note  というゆるっとしたクリエイティブな企画に呼んで頂いて

毎週水曜日に文章をつらつらと書くことになりました。

株PORTE代表の ゆうき です。好きな食べ物は、サバです。でも鮭の方が食べてますね。

朝とか、もっぱら鮭です。焼いてますね。お酒のつまみには、あれ?鮭食べてますね。焼いたやつです。

えーーー、思い返すと全然サバ食べてないです。

あれ?僕サバより鮭の方が好きなのかな

もっとみる

思っていた以上に記事を読んでくださる人が多くて驚いているのと共に,感謝しております.ありがとうございます!
「つぶやきの投稿」を試してみたかったというのもあるが,感謝の気持ちは偽りではないのだ.
写真は上野の夕焼け.

なんで台東区か.

よく聞かれるんです.
なんで上野に住んでるの?なんで会社は台東区なの?と.
まぁ,確かにIT系って渋谷とか多いですものね.

理由は単純で,ただ好きになってしまったってだけ.
きっかけは1人で生活する場所を検討していたときに,以下のようなことを思ったから.

・西はおしゃれな感じがつらい
・さらに西はサブカル感がつらい
・どうせなら実家(船橋)に一本でいける場所がよい

ってわけで,かれこれ台東区

もっとみる