天気を見ること

もう日常になりすぎて、今日海の上で言われるまで気付けなくなっていたんだけど。

海の上はぐるりと景色が見渡せることもあって、いろんな天気が見えるってことに今日あらためて気付いた。

自分が立っている位置から見た左側はなんとなく晴れていても、右側の山を見ると真っ白。氷上山の上の方は雨が降ってて、だんだんと雨が近付いてきてる。

雨粒がぽつぽつして大きくなってきた、とか。
あの黒い雲が近付いてき

もっとみる

Day2 | 夜風にあたり、夏を満喫

毎度のことながら、朝起きてからみんなで高田のホルモンを焼いたりみそ汁とごはんをつくったり、昨日気仙沼の紅梅で買った揚げパンを食べてました。
完全にいい朝か。

べっちょの家の庭にはなぜかホップが自生してて、ほんとにびっくりした。
野生のホップっているんか…。



お昼前によわ美さんが合流して、モテアマス感が急激にアップ。

伝統芸能 → ホップ収穫祭(ビール祭り)→花巻。
そしてmein

もっとみる

品川拍子がヒョロリと沁みる。

先ほど放送の新日本風土記『東海道 品川宿』を見て、郷愁で胸がいっぱい。

涙で画面が霞む。

新日本風土記「東海道 品川宿」 - NHK http://www4.nhk.or.jp/fudoki/x/2019-08-23/10/8124/2148252/

「出身は品川です。」

というと、オフィス街から出て来たような印象を持つ人が居るがとんでもない。

やっぱり自分は、東京ローカルの品川っ子なん

もっとみる

Day1 | ビールと揚げパンと

去年の#Buzzcamp南三陸 で友達になった、モテアマスの大家さんとあずさん。
ふたりとも仕事の都合とかの日程があって、同じ日に岩手へ。最高です。
気仙沼→ 陸前高田 → 遠野の順番で、べっちょと合流。

気仙沼の紅梅で揚げパンを買って、陸前高田で防潮堤に登る。

そして遠野でビール。
まったりです。まさか岩手で会えるとは。

もっとみる

秋は、再会の時期なのかもしれない

今週末から10月の頭にかけて、週末は私個人の友達や職場にお客さんがちょこちょこ岩手にくる予定。(毎週ではないんだけどね)

去年から少しずつだけど、9月から11月あたりにかけて東京から友達が来ることがじわじわ増えてきた気がする。
東京と比べると岩手の9月〜10月は気候的にもちょうどいいからこの時期が多いのだろうか。



たとえば、めがぽんコンビ。
東京から車を走らせて来てくれました。

もっとみる

カレー屋さんで懐かしい本を発見。

昔この小説の映画版に参加したので、ついつい手にとってしまった。

キャストも良かったけど、平山秀幸監督の人情味の深い演出がマッチした大好きな作品になった。

撮影現場の雰囲気もとても良かった。

この映画がきっかけで、寄席にも出かけるようになった。

派手さこそないが、こんなじんわりした人情味のある丁寧な日本映画がもっと作られないかなあ。

一人外出ご飯、今日もカレー。

久しぶりに遠出したので、何を食べようか考えたがやはりカレー。

でも、今回は珍しくインド・ネパール系ではなく欧風カレーだ。

カウンターだけのカフェ風の店内には、小説が並んでいて店主の趣味を伺い知ることが出来る。

メニューはシンプルで、ビーフカレーのみ。

コーヒーとデザートをオプションで付けても880円。安い。おまけに量も多い。

数日間煮込んだ、スパイシーで深い味のカレーは絶品だった。

もっとみる

体の痛みは笑いで消える

昨日こういうnoteを書きました。

いかだで滑って、片足を海ダイブした話です。
朝起きたら左肩も痛くなり、仕事終わりに右足の付け根が痛くなる。
結果的に時間差で全身痛くなってた。正直めちゃくちゃしんどいです。

とっさに両腕と右足で支えたから、筋肉がめりめりってなった部分がめちゃくちゃ痛い。

今週いっぱいはこんな感じなのかもな。



体がしんどいから早く寝ようと思ってごろごろしてた

もっとみる

草刈りの好機到来。

庭の草が伸び放題で困ったものだが、今週はほとんどが雨のち曇りの涼しい日が続く予報だ。

カンカン照りの日には、とても独りでやる気がしない。

半袖短パンでやれるなら良いが、上下長袖・ブーツ・つば広帽にフェイスカバー・ゴム手袋という完全防備の出で立ちなので暑い。

(虫に刺されたり草刈り機によって弾かれた小石などが飛んでくるので、これぐらいの防備が要る。)

今日は、昨日から降り出した雨のおかげでだ

もっとみる

雨の日の教訓

今日はひたすら雨。
雨の中でも、今日も海の上にいました。
上着を着てれば多少の雨でも問題ないからいつもどおり作業を進めてたけど、海水よりも雨水のほうが格段にいかだの木材がすべるわけ。 (午後はどしゃ降りになったから、やめて陸上にいた)

自分なりに気をつけてたつもりだけど、突然思いっきり滑って左足の大部分が海に落ちた。

左足が海に落ちた瞬間、長靴の中にどんどん水が入ってきて足が冷たくなってきて

もっとみる