しにたみへの対処法

しにたみという言葉が使われるようになって久しい。かつてはわたしもそのような人間ではなかった。むしろ、しぬ、という言葉に異常なまでの忌避感を抱いていたくらいであった。しかし、時代は進み、いつのまにかそこまで嫌悪をもつ単語でなくなり、自分が使うにまで至ったのだ。なんということだろう。今もし過去の自分が会いにきたとしたら。。。きっと、今やっていることに驚きや賞賛もあると思うが、それと同じくらいいろいろな

もっとみる

しばらく放置が続いたので、令和から本気出す。笑

やばい!めっちゃやばい!すっごい面白い話。

ゴリラがウンチを投げるのは
動物園での退屈しのぎ。

どうも、ぎんちゃんです。(@jirogin)

えー、みなさん突然ですが

僕は今、

非常に悩んでおります。笑

何に悩んでいるのかといいますと

先日、とある人物から
こう言われました。

『面白いブログを書いてくれ!!!』

いきなりそんなことを言われても
僕にはどうしようもできません。

そんな無茶なことを言ってくるのは
こちら。

もっとみる

「小さな会社と私」Vol.12

いつのまに「経営側」と「従業員」になったんだ?

日々変わりなく、意味不明な社長でみんなの無関心を捧げられているので、
ある意味影響力がないので、全体の仕事進行においては何の支障もないのだが、
我が時間という人生を投資している、会社となれば「怒り」も湧いてくる。

いかんせん「言っていること」と「やっていること」の同一性がないので、全く信用がないわけです。

別に批判をするつもりもないんだけど、「

もっとみる

「小さな会社と私」Vol.11

「無関心の恐怖」

今までは、社長含め会社を盛り上げようとか、どうにかしようとか、いい方向に!
と思っていろいろ考えてきたけど、うまく意思が通じなかったり、はぐらかされたり、話をそらされたり、意味不明だったり。

そんなのを経ていくと、自分の心は、すでに社長と一緒にという考えが消えてしまった。

そういうのが消えてしまうと、無関心になり、
怒りさえも覚えなくなってしまった。

通常の人間関係では、

もっとみる

「小さな会社と私」Vol.10

「お金と仕事と会社。」

お金って、なんなんだろうな。
仕事って、なんなんだろうな。
会社って、なんなんだろうな。

あまりにも今働いている人の価値観が異なりすぎていて、
全くまとまる様子がない。

(まとまる必要性があるのかないのか。それすら、私には解がない)

現状、社長と現場の感覚が乖離していて、とてもではないけど正常な状態ではないことは事実だ。だが、社長は関係修復に必死。
ある商業施設のオ

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.9

相も変わらずの日々が過ぎて行っている。

傍目から見て、会社は成長しているかどうか、全くわからないが、
おそらくしていないだろうことは、わかる。

本日、商業施設の飲食フロアの年間販促のプレゼンがあった。

今回、1つ上の先輩メインで、自分はというとなーんもしなかったが、

プレゼンには同席した。

もう何年も、その先輩のプレゼンテーションは聞いていない。

というか、他の営業のプレゼンテーション

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.8

「丸4年たちましたけど?」

だいーぶ時が経ちましたが、独立して丸4年が経ちました。

・・・・・・・・

「2年を終えた頃、何も変わらずだった会社に変化がほしい。
そう思った私は、社長に社員を入れることをお願いした。
とりあえず、立ち上がり過ごしてきてまる2年。
目標もないし、立てない、決めない、進まない。ないないないない!
という、現状を打破することも考えた自分なりの答えは「社員を入れる」だっ

もっとみる

「小さな会社と私」になるまで。Vol.7

「社員入れてください。」

2年を終えた頃、何も変わらずだった会社に変化がほしい。
そう思った私は、社長に社員を入れることをお願いした。

とりあえず、立ち上がり過ごしてきてまる2年。
目標もないし、立てない、決めない、進まない。ないないないない!
という、現状を打破することも考えた自分なりの答えは「社員を入れる」だった。

お金周りも不透明だったため、入れれるもんなのか、無理なのか、よくわからな

もっとみる