結城氏

北関東の石造物⑯:長徳院五輪塔群(山川結城氏墓所)

名称:長徳院五輪塔群

伝承など:山川結城氏の墓所

所在地:茨城県結城市今宿 長徳院

山川氏は、結城氏の初代朝光の四子である重光が山川荘の地頭になったことから始まる結城氏の分家で、長徳院はその菩提寺である。

山川家歴代霊廟と呼ばれる墓所には五輪塔が建ち並び、山川氏当主の墓所とされている。

銘文などもなく、五輪塔はいづれも乱積みであるが、室町時代から戦国時代にかけてのものと思われ、山川氏が結

もっとみる

北関東の石造物③:結城家御廟五輪塔群

名称:結城家御廟五輪塔群

伝承など:結城家歴代の墓

所在地:茨城県結城市 慈眼院跡

結城氏は、下野の豪族で鎌倉幕府の有力御家人であった小山政光の末子の朝光が結城氏を称したことに始まり、戦後時代末期に結城氏を継承した徳川家康の次男・結城秀康が加増されて越前に転封になるまで、長きに渡って結城の地に栄えた一族である(なお、江戸時代において結城氏の祭祀を継承したのは、秀康の五男・松平直基の家系である

もっとみる