層塔

奈良県内の石造物⑯:十輪院層塔

名称:十輪院層塔

伝承など:なし

所在地:奈良県奈良市十輪院町 十輪院

近鉄奈良駅の南方、江戸・明治期の古い町並みが残る奈良町にある十輪院は、奈良時代に吉備真備の長男・朝野魚養が創建したと伝承され、鎌倉時代以降は地蔵信仰の寺として栄えた。

戦国時代の兵乱に遭って堂宇の多くが被害を受けたものの、鎌倉時代の本堂が現在に伝わっており国宝に指定されている。

本堂内にある本尊は、地蔵菩薩を中心に諸

もっとみる

雑記:二つの淀殿の墓

大阪府大阪市北区の太融寺は、JR大阪駅の近くのお初天神参道のアーケード街を北に抜けたあたりにある。

境内には淀殿の墓と称される層塔が建っているが、元来この石塔は大坂城外の鴫野弁天に隣接する淀姫神社(淀殿の遺骨を埋めてまつったと言う)にあり、明治時代に太融寺に移されたものだと言う。

伝承の通りなら層塔は江戸時代以降に造られたものであろうが、複数の石塔の笠を組み合わせたものと思われ、特に部分は戦国

もっとみる

京都府内の石造物㉑:延命寺五輪塔、層塔

名称:延命寺五輪塔、層塔

伝承など:なし

所在地:京都府木津川市山城町椿井

JR奈良線上狛駅から北に数百メートル行った椿井の集落にある延命寺には、鎌倉時代の石造物が二基ある。

そのうち境内の西端に建つ五輪塔は、鎌倉時代後期の作で、同じ木津川市の泉橋寺の五輪塔とよく似ており、同時期に同じ石工集団によって造られたものであろう。

層塔も相輪が欠損しているが、鎌倉時代後期の作である。

なお、J

もっとみる

滋賀県内の石造物⑲:玉泉寺層塔、宝塔

名称:玉泉寺層塔、宝塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県高島市安曇川町田中 玉泉寺

JR安曇川駅の西方、田中の集落には中世の石造物が多くあり、以前に紹介した田中神社の他に玉泉寺にも多くの石塔や石仏が残されている。

玉泉寺の石塔群は鎌倉時代後期から南北朝時代にかけてのもので、中央にある層塔(二枚目)は鎌倉時代後期、向かって右側の宝塔(三枚目)が鎌倉時代後期、左側の宝塔(四枚目)が南北朝時代の作

もっとみる

京都府内の石造物⑲:安福寺層塔(伝・平重衡供養塔)

名称:安福寺層塔

伝承など:平重衡供養塔

所在地:京都府木津川市木津宮ノ裏 安福寺

JR木津川駅から北方の木津川方面に少し歩いた所にある安福寺は、平重衡縁の地である。

平清盛の五子で、「本三位中将」の通称で知られる重衡は、一の谷の合戦で捕らえられた後、東大寺大仏殿焼失によって東大寺の僧の怒りを買っていたことによって鎌倉から引き渡され、木津川で処刑されたが、後に重衡を供養するためにこの寺が建

もっとみる

近畿地方の石造物⑬:南宗寺宝篋印塔群(三好元長、長慶、実休、十河一存の墓)

名称:南宗寺宝篋印塔群

伝承など:三好元長、長慶、実休、十河一存の墓

所在地:大阪府堺市堺区南旅籠町 南宗寺

「仁徳天皇陵」と伝承される大仙古墳など巨大な前方後円墳が多く、また戦国時代は貿易で栄え、商人たちの自治都市として知られる堺は、戦国大名三好氏と深い関係がある街でもあった。

その堺にある南宗寺は、三好長慶が父の元長の供養のために建立した寺院で、後に長慶やその兄弟達の供養塔も建てられた

もっとみる

京都府内の石造物⑰:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔(伝・藤原忠通、藤原長実、慈円の墓、島津義久逆修塔)

名称:今熊野観音寺層塔、宝塔、五輪塔

伝承など:藤原長家、藤原忠通、慈円(以上宝塔)、島津義久逆修塔(五輪塔)

所在地:京都府京都市東山区泉涌寺山内町 今熊野観音寺

泉涌寺の塔頭の一つである観音寺は、「今熊野観音寺」と通称され、寺伝では弘法大師空海の創建と言う。

本堂に向かって左に建つ寺務所の前に、古様の三重の層塔が建っており、寺伝ではこれを創建当初のものとしている。

平安初期までは遡れ

もっとみる

甲信越地方の石造物⑬:西行塚層塔

名称:西行塚層塔

伝承など:西行の供養塔

所在地:長野県上田市中野 西行塚

上田市中野の住宅街の一角に、「西行塚」と通称される鎌倉時代の層塔がある。

伝承によれば、歌人として名高い西行が旅の途中でこの地に庵を結び、後年村人が西行を慕って造立したものだと言う。

伝承はともかく、上田市の塩田平には同形の鎌倉時代の層塔がいくつか残されており、この西行塚の層塔も鎌倉時代後期くらいの作であろうか。

もっとみる

滋賀県内の石造物⑯:禅林寺層塔

名称:禅林寺層塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県蒲生郡日野町猫田 禅林寺

近江鉄道の日野駅にほど近い禅林寺は小さな寺院であるが、滋賀県内でも最初期の作例に属する層塔を有している。

境内に入り口近くに建つ層塔は四層の塔で、、鎌倉時代中期頃の作と思われる古様の石塔である。

#滋賀県 #日野町 #禅林寺 #層塔 #鎌倉時代 #石塔 #歴史 #日本史

もっとみる

京都府内の石造物⑮:浮島十三重層塔

名称:浮島十三重層塔

伝承など:なし

所在地:京都府宇治市 宇治公園

宇治川に浮かぶ人工の浮島を含むエリア・宇治公園は、平等院に隣接して観光客で賑わうが、その一角に一際目を引く巨大な層塔が建っている。

浮島十三重層塔と通称されるこの層塔は、鎌倉時代中期の弘安九年銘を持ち、相輪こそ後補であるが総高十五メートルを超え、中世以前の層塔としては最大の高さである。

西大寺の叡尊が宇治橋を修造した際

もっとみる