職住近接

うんこグッズ募集!?

武蔵野美術大学大学院 造形構想研究科
クリエイティブリーダーシップコース 
クリエティブリーダーシップ特論
第8回
柳澤 大輔さん

面白法人カヤック流アイデアのつくり方、事業のつくり方

職住近接 まち全体が、オフィス
うちのデザイン事務所も職住近接で、まちの機能も最大限に活用しオフィスにいる時間が長いのでオフィス内にキッチンを作り、オフィスクッキングをチームでしてクリエイティビティをアップした

もっとみる

職住近接を考える。それって本当に正しい選択なの?

ども。

幸せな猿人ことサーチ幸猿人のGoogloですわ。

最近、よく見かけるキーワードに職住近接なるものがあるよね。職場と家は近ければ近い方がいいよねって考え方。そりゃそうだよね。通勤時間という無駄は極力排除したいと思うのは働く身としては当然の事。特に、日本人の多くは満員電車に揺られて、通勤中に消耗してる人が多いのも事実な訳で、そりゃそんな苦痛は極力回避すべきと思うよね。

でもさ、僕の周りに

もっとみる

#33 職住近接 x 自転車通勤のススメ

子供が増えるということで、住宅の見直しに迫られています。しかし、せっかくの機会なので、ライフスタイルも見直そうと思い、更なる職住近接を図ることにしました。

ポイントは、職住近接 x 自転車通勤です。

今までは家から電車までの徒歩が5分、電車が10分、駅からオフィスまでが10分と、電車の待ち時間なども合わせて30分程度かけていたのですが、オフィスから3キロほど(自転車で15分程度)の距離に引っ越

もっとみる

4月27日

まさに今の私です。特殊な業界なので、派遣と正社員の両方の側面を持ち合わせていて、転職先はいわば派遣元に決められました。とは言っても私の希望は最大限に聞いてもらえて、こちらから転職先の候補を2つ挙げたら、「じゃあ家に近い方に行こうか!」となりました。

インターネットを検索してみると、職住近接のメリットとして
①通勤が楽
②なにかあれば家に帰れる
をちらほら見かけます。
これは変な習性だと自分でも思

もっとみる

職住近接に憧れる

にいるです。

職住近接って知ってます?

言葉の通り仕事と住居が近いよ
ってことです。

今度神戸市が名谷という住宅エリアで
職住近接オフィスを開設するそうです。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/media/movie/mayor/index.html

神戸市も色々頑張ってくれてるなと
思うわけです。

職住近接って主要な街に多いと

もっとみる

2019/1/12 一面 職住近接へ規制緩和

このニュースは政府が自宅近くで仕事ができる職住近接の環境作りに乗り出すというニュースだ。
住宅地にシェアオフィスを設けて柔軟な働きかたを可能にする街作りを進める。
また住宅の近くにシェアオフィスなどを設置することで今まで日本の生産性の低下を招いてきた通勤ラッシュを和らげて、高齢者も労働参加しやすくなり人手不足の緩和にもなる。
しかし問題が法律だ。今の法律では、住居専用地域の活用が制限されている。空

もっとみる

フルリモートより快適?“職住近接”という選択

今、新しい働き方として話題の「リモートワーク」。
私も実践してみました。確かに、子どもが熱を出したとか、自分自身の体調があまり良くないとか、悪天候で外に出るのが危ないとか…非常事態のときは「リモート勤務OK」というのは本当に助かります。

でも、フルリモートは向かなかった…。
散らかった部屋が気になって掃除をはじめたり、料理の準備をしたくなったり、気分転換に外に出たくなったり。とにかく色々なことに

もっとみる

リモートワークの会社の社長がオフィスとは何か?について考えてみた

コードを書いている時に電話がなる。冷房の温度で最適だと感じる温度が違う。爆音で好きな作業用BGMを流しながら仕事はできない。

こういったことが実行のため仕事をする場所としてオフィスを考えるとやりにくくなってしまいます。

ではオフィスとはなんなのか?オフィスとはエンターテイメントであり、コラボレーションする場所だと思います。以前こんな記事を書きました。

集まって答えのないことを話をしたり、オフ

もっとみる

ゆっくりが語る博士課程進学を決める前に提示したいこと Part19 職員宿舎ってどうよ?

任期制の場合職員宿舎に住むことは
収入源も住居も勤め先に依存することになるので,
一か所に依存先が集中しすぎのおそれがあります。
”職住近接”も災害を考慮するとできれば満たしたい点です。

職員宿舎は安かろう悪かろうになりかねないので
注意が必要です。

動画内に示した参考資料:
▼職員宿舎情報,熊本大学
http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/shis

もっとみる

「通勤」エネルギーロスと職住近接

昨日の「無秩序なまちづくり」と通販の活況という記事の続きになります。少し話は変わりますが、私がもう週5フルタイムで組織で働くの無理だぁと思った大きな要因の一つに「通勤のストレス」というのがあったんですね。そのことについては、「通勤ラッシュが嫌」というのは立派な退職な理由だと思うの記事にも書きました。「通勤」ってものすごくエネルギーを使うし、行くだけでくたくたでしたし、満員電車に乗るのが苦痛で仕方あ

もっとみる