車の運転ができた(頚椎損傷→退院5日目)

目標達成(もちろん助手付き)

自分が運転する車で病院に行けた!自分でもすげー!って誇りに思う。
急ハンドルができないのと、首が自由に動かせないので、超安全運転。
市内でノロノロ運転してる車を見つけたら、それはおれです。

身体の力は毎朝リセットされる

例えば、ペットボトルのキャップを開ける力がない(なんとか開けるけど)。
靴を履く力がない(なんとか履くけど)、蛇口をひねる力がない(なんとかひね

もっとみる
より多くの人に知ってもらいたいので、シェアしていただけると嬉しいです!
1
より多くの人に知ってもらいたいので、シェアしていただけると嬉しいです!
1

自主退院の日(頸髄損傷 5日目)

ついに朝勃ちした!帰るぞ

入院最終日でストレスが軽減したのか、朝方おれのポコチンは膨らんでいた。よし、元気になった証拠。おれの未来は明るい。

病院は、患者に適切な治療を施し、退院させることが目的ではないのか??

退院の際、ひとりひとりの看護師に挨拶がしたい。
が、多くの看護師は、いつものようにバタバタしていて、目さえ合わせてくれない。最終日に担当してくれた看護師にだけ、深くお礼を言って退院。

もっとみる
より多くの人に知ってもらいたいので、シェアしていただけると嬉しいです!
2

管理ゼロで成果はあがる???

このタイトルを見て
ぼくは驚愕した。

なぜなら、数字を共有し
見える化することにより、
1日どれくらい頑張らないといけないか
しっかり把握することができ、
成果を上げて目標を達成することができる。
と聞いたことがあったからだ。

しかし、この本には
売上目標もノルマもなしと書かれている。
挙げ句の果てには
上司も評価制度もない。

それでもこの会社は
毎年成長し続けていっている。

もっとみる
スキありがとうございます!!!
4

元慶大ラガーマンがめざす山頂 「また歩きたい」の先に https://www.asahi.com/articles/ASM822DYRM82UBQU001.html 応援だ!

今までテコでも動かなかったのに一気に変わるきっかけ

こんにちは。

リアルでもお世話になっているヒロさん(男性30代で子育て中)のFacebookでのつぶやきに触発されて考えたこと、長くなりますが書きます。

働いていないと保育園に預けられないけど、保育園に預けられないと就職活動もできないとか、そういうジレンマの件なんだけど。
 
要は「家事」に対して就労証明書が降りればそれでけっこういろんなことが解決するんじゃないか。案外、そこがセンターピンなん

もっとみる

脊髄損傷患者への装具歩行練習の影響

脊髄損傷患者への装具歩行練習の影響。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2004/0/2004_0_C0756/_pdf/-char/ja

完全麻痺をもつ脊髄損傷患者へ装具歩行を実施。3ヶ月と6ヶ月後には歩行スピードとエネルギー消費の改善が見られたとの発表です。

こらは歩行の習熟と呼吸循環機能の改善がもたらしたと考えられています。

完全麻痺

もっとみる

脊髄損傷患者の歩行予後3

脊髄損傷患者の歩行予後3

先日話した予後予測を用いて実際に歩行予後を確認していきたいと思います。

回復期転院時評価
60歳、L3?レベルの不全損傷、認知機能問題なし、損傷レベル以下でも筋出力あるが過半数が2以下(改良フランケル分類C1)、寝返り軽介助

まずは、麻痺がどの程度まで改善してくると予想されるかです。

改良フランケル分類で予後予測ができます。

改良フランケル分類C1から歩行が可能

もっとみる

脊髄損傷患者の歩行予後2

脊髄損傷患者の歩行予後2

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rigaku/42/3/42_KJ00009989976/_pdf

素晴らしい論文で感動します。

こちらの論文は87名の不全脊髄損傷患者のデータから予後予測をしています。

何が、歩行予後に与える影響が強いかを調べ、そこから歩行可否の式まで導き出してくれています。

こちらの式を使用すれば、屋

もっとみる

脊髄損傷患者の歩行予後

脊髄損傷患者の歩行予後

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrm1964/38/1/38_1_29/_pdf/-char/ja

装具を作るか作らないかの判断をする際にやはり予後を知らなければ判断が難しいわけです。

そこで今日は脊髄損傷患者の歩行の予後の文献を紹介します。

フランケル分類ですが、これだと少し大雑把とのことなので、こちらの論文では改良フ

もっとみる