(最新号)週刊でふあんぐる 2019年6月23日号 ※今回は写真が多いです!

6-8月 手話.comのお知らせ

スタッフスケジュール
6月27日 11:00-17:00 箭内/12:30-17:00 前田/19:00-21:00 前田(予約)
7月4日 11:00-17:00 箭内/12:30-17:00 前田/17:00-19:00 前田(予約)
7月11日 11:00-17:00 箭内/12:30-17:00 前田/19:00-21:00 前田(予約)
7月18日 1

もっとみる

差別だハラスメントだと叫び過ぎ〜差別についての論考(2)

禁止して、違反者を糾弾する。
それだけで、世の中の諸問題を解決できると思い込んでいる、一部の所謂活動家諸兄諸姉。
理想、理念ばかりが先行し、世の中の現実が全く見えていない。

禁止しても、あいにく大抵のモノゴトは無くならない。

殺人、窃盗、詐欺、脅迫。
ハラスメント、ストーカー。
売春、密売、裏取引。
イジメ、戦争、核兵器。
差別、偏見、村八分。

禁止しても無くならない。

そればかりか、禁止

もっとみる

「障害者になった」という観点からわかる事

さる2017年5月17日。

私は山手通りでバイクに乗っていたが、車でひき逃げに会い、その日から障害者になった。(現在も係争中)

左下肢麻痺。

何かの祟りだろうか。本日お祓いに行ったが。

というわけで、私は杖と、左足首を固定する装具が手放せなくなってしまった。

漫画家、サシダユキヒロ氏も同じ運命を辿っている。心から共感させていただく。

ひき逃げ許すまじ!(私の犯人は、昭島の某娯楽遊技場の

もっとみる

【義足プロジェクト #13】 私が直面した「三重苦」という現実。

この記事は、今月30日(日)に「FRaU×現代ビジネス」にも掲載されます。

 さあいよいよ、「SHOEBILL OTOTAKE MODEL(シュービル オトタケモデル)」の装着だ。

 まだその機能は使わないとはいえ、膝継ぎ手とバッテリーなどが新たに加わったロボット義足の重量は、片足五・四キロになった。これまでの義足より一キロ以上重くなったわけだが、それが堪えた。

 いつも通りに義足を履き、マ

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです!
22

みんなゴツゴツ、みんな凸凹!

15日土曜日に、第9演奏会にて、県民代表合唱団として出演した話は、
こちら↓↓↓ にリンクを貼ります。
https://note.mu/togonomotto/n/n4bfc29c3c2f0

今回は、もう一つのサイドストーリー。障害やバリアフリーに関するテーマでもあります。

●いきなりこんなこと言うから驚きました。

当日の指揮者である、山田和樹先生と県民合唱団の初顔合わせは、前日指導と前日リ

もっとみる

生きるか死ぬか~Dead or Alive~

原動力はハートだけ!
どうも、キターダです。
タイトルは、某格闘ゲームとは関係ありませんw

今日は保険のおねいさんと打合せでした。

てか、職場に定期的にお越しいただいてるんですよね。ぼくが対応窓口になると、そこである程度話しを聞くんですが、
「業務時間は勘弁してくれ」
ってことで、終業後にお話し聞いてきました。

※因みに、特に飛び込みや新規開拓担当の営業されてるかた(テレアポ含)
まじで他者

もっとみる

2020東京オリンピック&パラリンピックに向けて

「お・も・て・な・し」の準備はできましたか? 

あなたの街で、バリアフリー映画の上映会をしてみませんか? 映画を観て《心のバリアフリー》を考えるきっかけになれば嬉しいです。

短編映画『上にまいります』(23分)

やさしい気持ちが、世界を変える❗️

障がい者と介護福祉士が作りました。2020年の東京オリンピック&パラリンピックに向けて、ぜひ観ていただきたい作品です。

来月開催される国

もっとみる

障害者の「困った」をみんなの「よかった!」へ変える(刺身)アイディペンデント通信Vol.64

東京都新宿区の高田馬場に日本点字図書館があります。
点字図書・録音図書や録音雑誌などの貸出しや各種教室、点字図書の制作などに取り組む社会福祉法人です。

同法人と公益財団法人共用品推進機構が主催して視覚障害のある方のアイデアのコンテストを開催しています。
「目が見えない・見えにくい私だから考えついた"とっておきのアイディア"コンテスト」です。

2017年の最優秀賞(一般の部)は「お醤油シートわさ

もっとみる

電動車いすのバッテリーと飛行機のお話

本日もYahoo!ニュースから。
突然ですが、私はこのニュースのコメント欄に怒っています。

「電池が爆発して飛行機に被害があったらどうするんだ!」
「障がい者様は文句を言えばなんでも通ると思っている!」

といった意見が多いことです。

この記事に出てくる車いすの人は、バッテリーが国際ルールで持ち込みができなかったことに対して、持って行かせろとゴネたいわけではないと思います。
飛行機の運航会

もっとみる

障がい者の障がいの問題

Yahoo!ニュースにあった記事からピックアップしてみました。
なんでも、漫画家さんか美術館に行って絵を鑑賞していたところ、障がい者(車いす)の方に殴られたそうです。
そこで、漫画家の方は美術館の職員さんに助けを求めたそうですが、「あの人はいつもああなのですよ、いつものことなので…」という感じで取り合ってくれなかったそうです。

障がい者に対する障がいの理解は大切だとは思いますが、度を超えたものに

もっとみる