ブロック・オリジナルソング・ライティング!!!!volume.2『意味不明☆彡電波!妄暴につき!☆彡』

ブロック・オリジナルソング・ライティング!!!!volume.2『意味不明☆彡電波!妄暴につき!☆彡』

(ブロック①)

カラムーチョだね!☆彡 今晩の夕ご飯!(よぉーっ!)
刑務所 めし、めし 恨めしい! 怨恨目的 フードプロセッサー!
イエッサー!ドドンパ!ビビンバ!さんはいっ!☆彡さんはいっ!☆彡

ロウソクの火が灯る頃 赤赤赤ちょうちん 飲み明かす(大酩酊!☆彡)
髪の毛こだわるマリオネ

もっとみる
レモネードスリーパーのTwitterの方も、フォローして!☆彡☆彡
10

コスモス    作詞

100円ショップの青いリボン
結んでほどいて
ため息ひとつ
いつか大人になるんだろうか
泣きだしそうな顔をしていた

未来はまだ先の話
過去の意味はまだ知らない
すききらい、謝れない
わからない いまは

後悔先に立たず
そんなことばかりらしい
溶けたキャンディ
ポシェットのなか
眠る 夕暮れ

車窓をながれてくオレンジ色
結んでひらいて
ため息ひとつ
笑っても可愛くなれやしない
なにが自分をそう

もっとみる
スキありがとうございます!
15
note ビギナーです。これからよろしく!
1

赤い

ちょっと待とう、ちょっと待とう、、、

なんかグジュグジュ溢れてきてるし、
そのせいで床が赤く染まっていくし、、、

火照るとぶくぶくドロドロと
震え始める紅い玉

どくどくどくどく毒々しいほど
脈打ち溢れる赤い液体

怖がる必要なんてないんだろう
これは甘美な果実の誘惑

嗅覚をくすぐる刺激の誘発
耐える必要なんてないんだよ

暑い日差しにあてられて
水を浴びて照るそれは
とても甘美な果実の誘惑

もっとみる

花の名を忘れるためのパレード

花の名を忘れるためのパレード
行き交って さざめいて 
空と涙が 溶け合う

あなたの香りはまやかし
湿気った理屈をくゆらせ
この花曇りのアトリエ
何を患ってみせよう

スカートの裾はうたかた
白んだ空に取り残され
子供だましのアトリエで
何を偽ってみせよう

花の名を忘れるためのパレード
綱渡りで滲む 午後の名残

君の名を忘れるためのパレード
行き交って さざめいて 
空と涙が 溶け合う

ありがとうございます!励みになります。
11

奇妙

ある人は言った。
ピカソの絵は奇妙だ、と。

またある人は言った。
ピカソの絵は素晴らしい、と。

奇妙だと嘲笑われた彼の絵は
奇しくも美しい絵として讃えられた。

奇妙とは気持ち悪いということではない。
奇妙とは美しいかもしれないということだ。

誰しも最初は無知である。
無知であるからして警戒する。

自分と違うものに対するその警戒は
ある時はいとも簡単に増し、
またある時はいとも簡単に解ける

もっとみる

生きていると平然に絶望がやってくる。
平然に絶望がやってくるから希望をつくる。

普段は希望ばっか詠っていますが、そんな僕だって希望塗れの能天気人間ってわけじゃないんです幻想を見てたらそれは見ないでください。

朝起きたら普通に1日を憂うし、仕事前ともなれば発狂しそうになるか気怠さに無言を貫き通すことだってあります。

持ち前の発達障害もあるのかもしれませんが、イライラすれば邪智暴虐の、あるいは時

もっとみる

【自作詩】上りエスカレーターに左足から乗った

上りエスカレーターに左足から乗った

初めて左足から乗った

右足からだと安定感があるから

スムーズに乗れるけど

左足からはとても不安定だった

体がふわっとして こけるかとおもった

流れが早いエスカレーターで挑戦したのも良くなかった

でも 怪我したらいやだから

上りエスカレーターは右足から乗ろう

そう 心にちかった

励みになります!

ブロック・オリジナルソング・ライティング!!!!volume.1『雷波ソングを歌え!!!!』

題名『雷波ソングを歌え!!!!』

(※オリジナルソングのブロック・パートです!)

雷波ソング!!!!歌うよ 雷波ソング!!!!語るよ

雷なんて頭上に落ちるよねっ! サンダーボルトで電波喫茶

貼り紙貼られてビラ配り ビラを配ってエクスタシー!!

アブノーマルで危険な香り アブストラクトでラクトアイス

スイカバー咥え 雷波ソング~~~~~~歌えっ!!!!

「ジャナギャガ」の方も、よろしくお願いいたします!☆彡
6

快速相対線

朝仕事に行くときの電車に乗る時間は
大抵長く感じる
悠久とも錯覚するその時間の中で
いろいろなことを考え、
たまに人生を憂いたりする
あーもうエブリデイ有給休暇だったらいいのに
特に土日ともなればこれから遊びに
遠出するであろう私服の子供たち
さぞかし至福のひと時なんだろうなあ

夜仕事帰りの電車は項垂れている人が目立つ
仕事終わりの一杯で上機嫌な喧騒の最中で
今にも燃え尽きそうに肩を下ろす

もっとみる