褒め方

子供を効果的に褒める方法とかコツの話

今回は前回に引き続き褒めるということについて考えてみました!

ほめて育てることが大事、自己肯定感を高めてあげることが大事。

という言葉をよく聞きます。

承認欲求を満たしてあげると自信たっぷり感性豊かな子が育つと、、、

でも褒めるのってまぁまぁ大変ですよね

褒めるのって大変だよね。に関してはこちらで書きました。

↓↓

こどもに自信を持たせるコツのはなし

じゃあいざ褒めるとき、どうやっ

もっとみる

その褒め方あってる?#111

おはようございます。
息子がプラレールの0系に「ブッチャー」と名前をつけました。
------------------------------------

以前に怒ったり、高圧的な教育や指導をしてしまうと子供にとってかなりの悪影響が出てしまうと書きました。

が、だからといってただ単に褒めたり甘やかしたりするのも問題なわけです。

親や指導者の声かけによって、子供のマインドセットは作られるのでそ

もっとみる

褒め言葉とジェンダー

身体の性と心の性があまり一致していない私。好きな服を着ているだけで特に女らしい恰好もしていない。むしろちょっと男性っぽい。それでもなかなか信じがたいことに、なにかで褒められるとき「それを選ぶなんてやっぱり女性だな〜」「さすが女子ですね!」など、性別を強調する一言を追加されることがある。「正気か?」とツッコミたいのは我慢して…、私ですらこんな感じなのだから、見た目と心の性が完全に一致しているみなさん

もっとみる

人を勇気づける簡単な方法

皆さん、人を褒めることってありますか?

僕は、めちゃくちゃ人を褒めます。

とにかく、気が付いたら、全部言います(笑)

髪型変わった?いいね!

その服、おしゃれじゃん、最高

褒められて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

僕が好きな講演家、鴨頭喜人さんによれば、人が褒めてほしいポイントを見抜くには、

人と違った点を褒めると言いそうです。

例えば、冬なのに真っ赤なコートを着る人

個性的

もっとみる

【コラムvol.14】認識すべき男女の違い!異性の生理的な行動の違いを学ぼう( ̄□ ̄;)!!モテるかも?

性別の違いによって、コミュニケーションの方法を少し変えてあげることで、相手との話がスムーズにいきます。男性と女性の違いは身体だけではありません。

視覚でわかる理解とは違い、認識する理解ができることで、相手に合わせたり、活かしたりできます。

コーチングだけに必要な知識ではなく、生きていくうえて知っておきたい!男女の違いを話していきます。

理性と感性

生まれつき、男性脳は理性が強く、合理的。

もっとみる
ありがとうございます(><)♡フォローもお願いします!励みになります
11

褒めて伸ばす褒め方

褒めれば良いという安易な考えで褒めていたら、子供が潰れてしまったということが起きています。

子供を褒める点は2つあります。
・人(子ども自身)を褒める …「〇〇ちゃんは、すごいね」
・技術(腕)を褒める    …「〇〇ちゃん、絵が上手だね」

この褒める点がどちらかに偏りすぎてはいけません。

そして、この褒められることから、将来につなげたいことがあります。
それは「ありがとう」を言ってもらえる

もっとみる

#00003 励ましや褒める言葉の力

こんにちは。

うちにはテレビがないのでツイッター情報ですが、「50日間褒められ続けたら顔つきが変わった」、「50日間ダイヤモンドをつけて生活したら顔つきが変わった」という実験がすごい、というのが放送されたらしいです。他にも動物は愛情をかけられる、褒めたり、好きだよと声をかけ続けると顔つきが変わる、など。

これは私が職場で働いてきた人たちで実証済みなので、とてもおすすめです。

具体的なエピソー

もっとみる

女の子の言う「共感」とは?女脳を心理的に喜ばせる12の会話例

↓こんな事ありませんか?↓

「相手の気持ちを読み取るのが苦手」
「デート中に会話が途切れてしまう」
「女性の求めている事が分からない」
「だから女性と話すのが怖く感じる」

これらが起こるのは、相手の気持ちに共感出来ていない(気持ちを分かち合えていない)からです。

女性は男性と違い、話の面白さや、知識量よりも、自分の気持ちを理解してくれる事の方が何百倍も重要なのです。

そして、気持ちを理解し

もっとみる

やってはいけない子育て 【優等生が不登校になるケース】

小学校の6年間で、勉強や運動や音楽やいろんな活動において実力を発揮して、学年でも1番2番を競っていた子が、中学に入って間もなくして学校に行けなくなってしまうことがあります。
皆が次に書く理由ではないのですが、1人の事例として優等生が不登校になってしまった理由と、そうならないための予防を書きたいと思います。

子育てにおいて、「褒めて伸ばす」を聞いたことはあると思います。
そして、褒めるときは「具体

もっとみる

【お話】親子関係を良くしたい人の処方箋(親編)

親子関係を良好にしたい方へのお話です。

学校教員としてや様々な親子を見てきた経験や、自身の担任としての経験を基にお話します。

重要な親子関係を保つポイントは3つ!

①話し終わるまでじっくり待つ
②引き出して認める
③楽しむ

①話し終わるまでじっくり待つ

まず、子どもの話すことを、否定せずに最後まで聴きましょう!

子どもに限りませんが、自分の言いたいことが何なのか、本人も分かっていないこ

もっとみる