見当識障害

時・時間・場所がわからない辛さ

いわゆる見当識障害についてです。
今は幸いありませんが、意識回復後まもなくはありました。

この頃は、とても頻繁にナースコールを押していました。
毎回、同じ質問でした。

「今何時?」
「ここ病院?」
「◯◯病院?」

これが一日中続いていました。

その度に看護師は、丁寧に説明してくれました。
このとき、病院のご飯の時間を見えるところに貼って貰いました。

そうすることで、時間が次第に分かるよう

もっとみる

時間、場所がわからなくなるということ

これが私の体験です。※JCS1ケタとは…簡単に言えば、ぼんやりしていてはっきりしていない状態のこと

 この時の私は、自分の状態も分からない。おむつに排泄をしている状態で、出ている感覚がない(=失禁状態)時でした。こういう状況で、自分の身体がどこにあるのか、一体生きているのかということが全く分かりませんでした。

 この時のリハビリは、今いるところ(=病院)の周りを車椅子で散歩してみたり、食事を本

もっとみる