便利な言葉を多用すること

ランニングをしていると、道路で車の往来の激しいところも通過する。

信号のない横断歩道があると、時に車がこちらに気づいて止まってくれることがある。

「すみません!」

と軽くお辞儀、あるいは手を挙げて渡らせてもらう。

あるいは、宅配業者の方、郵便配達の方が荷物を届けてくれるとき。

「すみません。」

といいながら受け取りの印を押す。

気が付くとありとあらゆるときに、私は「すみません」と連呼

もっとみる

危ない思想は、スターの証??

NBAの現役選手の中で、ボールハンドリングにおいては
間違いなくNo.1のPG「カイリー・アービング」

百聞は一見にしかず、文章は読まなくていいので
彼を知らない人は下の動画だけでもチェックして欲しい

超正統派「クリス・ポール」の大ファンとして
あまり公言したくないが、認めざるをえない実力者

彼もまた、NIKEからシグネチャーモデルが発売されている
スーパースターのひとり

今では一般的にな

もっとみる

言い訳もできない

久しぶりに、仕事で人を怒らせてしまった。

時間を守ることができなかったから。
当然のことです。言い訳もできません。
この辺の感覚が世の中とずれていると言われる所以かもしれない。

きちんと謝罪をしたつもりでいるけれど、伝わっただろうか。
同じことを繰り返すことがないように、誠意を見せるしか無い。
他の人に対しても、これくらい大丈夫と甘く考えていたことを反省する。

ものを壊したり、なくしたりする

もっとみる

謝罪会見などやる必要がない

とある、ニュースをみてこう思った。なんで、日本人は謝りたがるのか。海外のニュースを見ると、謝罪している様子があまりない。日本のニュースを見ると、毎週のように謝罪会見を見ているような気がする。

どうして、そこまで謝罪して、そんなに真面目な姿勢を見せたがるのか。YouTuberの方もそうだけど、謝罪動画を投稿したり、視聴者を注目させたいなど、そういった理由の方もいる。

その内容にもよるが、例えば、

もっとみる

ビジネスマンの抱く幻想 他3本

ビジネスマンの抱く幻想

 ビジネスマンはある種の幻想をインストールされ、その信仰の下労働している。自分に対してメタレベルに立たず、絶望から逃れているのである。基本的にそれは会社によって異なるが、外資系企業.ベンチャー企業の組織文化やビジネス雑誌や広告等でそういった、憧れのビジネスマンとしてのモデルや像が投影され、みながそこに自身を落とし込み酔いしれているのである。例えばそれは、透明なガラスに文字

もっとみる
めちゃめちゃありがとうございます!心広すぎます(笑)
5

再出発

先ほど2件ほどのnoteを削除しました。

簡単に言いますと僕のダメさが間接的に出てしまったからと

不快に思った方に向けて謝罪させて頂きます。

正直な話、僕たちは同じ過ちを繰り返してはいけない

となりそうになったので削除しました。

これから僕たちの使命とは何かを考えた時に

もっともっと新ネタをとにかく作り続けたいと思いました。

最近、アイプチをしたら斎藤工さんに似てるじゃないかと先輩の

もっとみる

19章 とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件【ある意味すごい奴キタ】

【ある意味すごい奴キタ】

前章の続きです。
かなりの長文になります。
そして、途中から、読んだ人が気分が悪くなる文章が出て来ます。
簡単に言うと、ワタシに対する人格攻撃・人格否定の内容です。
この章を読む場合は、注意してください。読みたい方だけ、読み進めてくださいますよう、お願い致します。

家にHさんとIさんが、来ました。

ワタシの両親は喜び、

「今日も来ましたね〜U男を頼みますわ〜」

もっとみる

謝罪、追記、感謝、そして今日を跨ぐ

昨日、以下のnoteを投稿しました。17000字に渡るとても長い文章です。

「#私のハンドメイドストーリー」という本当に運命的に出会ったコンテストに応募するため、2日間かけて綴りました。

以前から仲良くさせて頂いていたnoterさんや、ブックカバーを購入あるいは予約して下さっている方に本当のことを伝えたく書いたつもりでしたが、驚くほど多くの方に注目して頂き、そして最後まで読んで頂き、今までの数

もっとみる

嫌い1.土下座の圧倒的パフォーマンス感

土下座

って、謝罪する気持ちを全身全霊で伝えるための姿なのだと思うけれど、正直私には“パフォーマンス”に見えてしまう。つい最近も土下座で謝罪している人がいて、そんな風に思ってしまった。

本当に本当に申し訳なくて、どうやってこの謝意を伝えよう、どうしたらいいんだろう…と思って、自分にとって最上級の謝罪が土下座だったから実行した、のかもしれないなと思う。土下座した人の気持ちはたぶんそう。

でも、

もっとみる

『時間』の価値

『闇営業』

テレビだけではなく、雑誌やネットニュースありとあらゆる媒体で話題になってる

そして当人たちの謝罪文が掲載されている
日本人はすぐに謝るし誠意を
『かけた時間』で評価をするし、かたちを欲しがる

それは謹慎期間であったり、犯罪をした人は懲役、そして「ごめんね」の一言だけではなく謝罪文や、みんな前で頭を下げたりする

どれだけの期間反省したか、反省するのにどれだけの時間をかけるか
話の

もっとみる