軽減税率Q&A

◆2019年10月よりスタート
 軽減税率制度は、大まかに言えば「食品は8%」なのですが、その細部に着目すると、疑問が出てくることも。国税庁のWebサイトで、個別のQ&Aが例示されています。
 例えば「肉用牛の販売」は「その販売の時点において、人の飲用又は食用に供されるものではないので、軽減税率の対象ではない」。それに対して「食用の生きた魚の販売」は「食用なので軽減税率の対象」となるそうです。

もっとみる

「ライトノベル」(ラノベ)って、「ライトなノベル」だから「軽く読める文学」って、ことなんだと仮定すれば、『ライトノベル軽トラック』や『ライトノベル軽自動車』、果ては『ライトノベル軽減税率』って、存在してもいいと思う。勿論、軽トラックは日野自動車で!そして『ラノベ軽減税率』も希望!

レモネードスリーパーのnoteの方も、フォローお願いいたします!
10

商標の商品・役務と軽減税率

note337にちめ。日曜恒例、知財のおはなし。本日は珍しく商標かんれん。

【日曜知財劇場】
商標の商品・役務と軽減税率

テイクアウトとイートインで区別されると、商品・役務の区別を連想する。おそらく知財部、もとい知財関係者には身に覚えあるかたが多いかと。

ダウンロード可能かどうかも、(電子情報財の)商品・役務の区別の基準である。

ところで本日から弁理士試験の口述試験が始まる。おおきな注意点

もっとみる

軽減税率に飲食店も対応に苦慮

🔵軽減税率に飲食店も対応に苦慮

⏺️「持ち帰り用8%と10%、2レジ体制」も

⬛️軽減税率導入で店舗のレジも混乱

⏹️10月1日、消費税が8%から10%に引き上げられると、至るところで大混乱が発生

特に混乱に拍車をかけたのが、持ち帰りの食品にかかる8%の軽減税率。

制度が複雑なため手間ばかり増える。

【同商店街のパン屋を訪れた客の声】

⏹️「イートインスペースのあるパン屋

レジの

もっとみる

【軽減税率コント】

題『軽減税率!軽トラック野郎ちゃんっ!!!』

軽減税率!~「何か、BGM流して。リリカル・ダンスミュージックを。」

某運転手「わかった。じゃあ、日野自動車のCM流すよ。」

(日野自動車のCM、流れる。)

軽減税率!~「台風19号の雨漏りだ~~~!!」

「ジャナギャガ」の方も、よろしくお願いいたします!☆彡
13

イートイン脱税マンは違法か?正義マンは正しいのか?

消費税が増税されて早1週間が経過しましたね。増税及び軽減税率に対しては「言いたいことがあるんだよ」というようなことが山ほどありますが、本格的に触れるのはまたの機会にしたいと思います。(ガチ恋口上ではありません。むしろ同担拒否ばりに憎悪の感情が渦巻いています。)
しかし、現在ネットを騒がしている用語の中に「イートイン脱税」なるものがあります。
また、それに対抗する概念として「正義マン」というワードも

もっとみる

今、最寄りのコンビニでイートイン利用中。
念の為、お店の人にイートイン脱税について聞いたら、9割以上が「イートイン利用します」と言わず、涼しい顔してイートイン席に座って飲食してるとの事。
軽減税率って何なんだ?🤔

軽減税率でプラごみが増える?世界と日本の環境意識の差

こんなツイートをしたら、300RT/1200いいねの反応がありました。

びっくりですね。こんな日本もびっくりですけど、関心を持つ人がこれだけいたことにびっくりです。よかった。

軽減税率で「テイクアウトなら8%」だから、持ち帰りが増える=プラスチック容器がもっと必要になる!

少し想像すればわかった気がするけど、本当にこれが起きているらしいです。まだニュースになっていたりデータが出ていたりはなさ

もっとみる
スキありがとう!シェアしてくれたら見つけにゆきます😍
95

常連さん。コンビニの新聞は軽減税率にはなりませんよ!

ふとツイッターを眺めていたところ、「コンビニの新聞は軽減税率にならない」といったツイートがあった。そこで調べて見たというのが今日のテーマ。

 私は26歳になるが新聞を読まない。しかし、親は新聞を読んでおり、定期契約をしている。そんな私はおこぼれをたまに読むことにしている。さて本題の理由としてはとても簡単で、先ほどの定期契約、ちゃんと書くと定期購読契約であるかどうかが対象になるかどうかの分かれ目に

もっとみる

増税狂騒曲・経緯と思惑と国際社会と

9/29-10/5/2019 消費税率アップの週。

「日本に消費税が導入されたのは、平成になってからである。○か×か?」と問われたら、答えは○。平成元年の1989年からでした。導入当初は3%。導入以前は、税金というのは働いてる大人社会が負担するのが常識でしたが、消費税は子供からお年寄りまで、買い物した人全員がもれなく負担するというアバンギャルドな仕様に、世論が大反対したのは言うまででもありません

もっとみる