避ける

嫌いなものからひとまず逃げろ!

キウイフルーツ。

学校給食で出る、半分のアイツ。

なんとなく、ずっと嫌いだった。
いつも残すか、誰か食べたい人にあげていた。

しかしその日は運悪く、
「残しちゃいけないんだよ!嫌いでも食べなきゃダメ!」
と言ってきた意地悪なクラスメートがいた。

本当に本当に嫌だったけど、
勇気を出して、半分のアイツを銀のスプーンでほじくり食べた。
ちょっとだけスプーンの先に乗せて、口に入れただけでもダメだ

もっとみる

一生、逃げ続けるのか、、、

苦手なことから目を背けた結果
違った形で目の間に現れてきたという話。

逆に逃げたなことに立ち向かっていくと
人生の効率はとても上がると思った。

効率を求めすぎるのも良くないけどね。

今回の件はボクにとって
ベストなタイミングだったと思う。

最近新しい環境に身を投じた。

その環境で壁にぶつかった。

その新しい環境では英語は必須だ。

英語は問題なかった。

が、その前に問題があった。

もっとみる

人生を幸せにしていくためには「何を避けるか」である

「何をすべきではないか」を考えていく。

「勝つこと」ではなく、「負けないこと」が大事。

慢性的なストレス、騒音、長い通勤時間、辛いと感じる仕事などは慣れるということが容易ではない。人生の質を低下させてしまう。

予想外の不運も考えられるが、それはコントロールできることではなく、考えてみても仕方がない。

「何を手に入れたか」で人生の豊かさで決まるのではない。「何を避けるか」が重要になってくる。

もっとみる

プレコミットメント戦略で誘惑に打ち勝つ

先延ばしは基本的に人生の毒である、というお話を以前しました。

先延ばしは人生の毒。そんな毒の原因と対策が一目でわかる「先延ばし方程式」

今回はその中の「衝動性」について詳しく掘り下げて、その対策法の一つをご紹介したいと思います。

誘惑に打ち勝つためのプレコミットメント戦略

人は誘惑には基本的にめっぽう弱いものです。

弱いのだから、誘惑にあったときにその場で対処しようとしても基本的にはうま

もっとみる

煽り煽られ

いつもの日常を壊してしまう一本の電話から始まった

『コンピュータが起動しない』とお客様からの連絡

色々調べて見たが、ネットワーク関連の故障か又は接続不良と判断して

直ぐにお客様先へ向かった

ここまでは、いつも何かあった時の対応で落ち着いて対応できていた

会社から首都高速に乗った

最初はいつものように混んでいたが

途中から詰まりながらも順調に移動していた

首都高の合流もスムーズに進ん

もっとみる

“自分には向いてないので”って何で判断してるの?

お仕事においてだけではなく、アルバイトでもいるじゃないですか。
「自分には向いてないので、辞めます。」と。

辞めるのはいいと思うんです。私も嫌なら辞めちゃえと思うので。

ただ、その“向いていない”は、
何をもって“向いていない”のかが不明確だと、一生“向いていない”という言葉で避けていくことになると思う。

避けることや逃げることを否定しているのでないです。
むしろすぐ逃げた/避けた方がいいと

もっとみる

*「あ、傷つきそうだな」と思ったら避けるのだ

cocon.です

「逃げる」とか「避ける」とかってなんだかマイナスイメージ。
ずっとそう思ってました。

昔お兄ちゃんがドラクエをやっていて敵に当たって

「逃げる」

を選択した時

「うわ、ダッサ!!」

と子供心に思っていたのは私です。

「逃げない」ことがいいことだ、強い人間だと勘違いしていたんですよね。

大人になった今ならとてもよくわかる。
なんだか経験値が少ないとどうしてもそういう

もっとみる