不安から逃げるクセ

こんばんは!

テーマ

不安から逃げるクセ

『ほんとこれでいいんかなぁ~?』って
結果が不安でいっつも諦めるクセがついてた。

でもね、気づいた。

あきらめていたら何も始まらないってこと。

それから
とりあえずやってみよ!

かる~い気持ちで
やってみることに。

すると、
結果がどんどんでるようになり、なによりたのしい!♡

すぐ挑戦してみる習慣で
逃げるわたしから無事卒業💓

悪夢の始まり・・番外編

事務員として、雇われて
和彦の事業が上手くいくように 手伝えることは
頑張りました

一緒に事業をしていたはずの人(高木麻衣子)が裏切り
事業ごと持ち去ってしまったあの瞬間から
あなた(和彦)の化けの皮が剝がれ落ちだしました

この事業が上手くいくなら、誰が行っても良いんだ
あなた(和彦)は、そう言っていました

一方で和彦の怒りが顔から伺える
自分の収監の日も近づき
事業の後始末をしなければなら

もっとみる

結局のところ「我慢する」を覚えてしまい、死にかけた

中学校では学級委員長をやっていて、妙に頑張って居場所を作っていました。

今思うと、中学校での自分は、優等生な自分でいようと妙に頑張っていたように思います。もっと力を抜けばいいのに、力んで、優等生をやっていたように思います。

その結果として「我慢する」ということを覚えてしまった。

その代償は、その後、社会人になってやってきた。

「嫌だったら、嫌といってもいい。」

「逃げたいなら、逃げてもい

もっとみる

私の辞めどき

私の辞めどきは、2つ。

卒業のときと、自分を守るとき。

もう辞めたい、苦しいよぉと思ってることがある。

何?と聞かれると言いにくいので内緒(笑)。

きっとどんなに好きなことをやっていても、もう辞めたい、苦しいよぉ、嫌だよぉって思うときがある。

そんなときは決まって、うまくいっていないときだ。

お客さんが来なかったり、お金にならなかったり。

そういった目に見える成果が得られないとき、私

もっとみる

退職

先日、大学卒業からずっと働いていた会社を退職した。正確に言うと、まだ席はあるものの、有給消化中の身。

10年以上働いていたので、流れとか人間関係とかいろいろ分かった上で仕事できて

正直辞めようかどうかはすごく悩んだ。

1年間悩んだ。

辞めよう!と思ったきっかけは1つではなく、いろんなことが積み重なってようやく辞めちゃえ!と踏ん切りがついた。

ただ一番大きかった理由は、

我が家のとっても

もっとみる

たった一分でタクシーの密室へとご招待「#タクシードライバーは見た」三選

タクシーをエンタメにしています。
ヨナシロです。

本日は、平日昼頃に更新中の一分で読めるタクシー話シリーズ
「#タクシードライバーは見た」
を紹介いたします。

#タクシードライバーは見たとは、、、
ちょっとクスッとできる話や、タクシーから見た世の中の話、
は?というどうでもいい話など、
タクシー運転手として乗務しているときに僕が見た(聞いた)話を
1分で読めるくらいで記録しています。
もちろん

もっとみる

逃げ道をつくってやろう

「逃げ道を断つ」っていうと聞こえはいいけど、
逃げ道がないってこわくね?って思うな。

どんな建物でも有事に備えて非常口があって、
だからなんかあったときに、そこから逃げれるわけで。

その出口ってのは日本だと消防法で定められていて、
もう義務的に付けなさいよ!ていう位置づけなんだよね。

つまり、それくらい「逃げる」ってことが大事で、
それを想定した構造にすべきだってこと。

逃げ道を断つって、

もっとみる

Diversity

多様性。

日本ではとても遅れている概念。

Takako Hottaの理念の一つにこのDiversityが有る。と言うか当たり前のことなんだけど。一人一人全員顔も考え方も肌の色だって同じ人種でも違う。全く何もかも同じ人間なんて一人も居ない。

異性を好きになるのか、同性を好きになるのか、働き方や子育ての仕方、関係性の作り方すら何もかも違う。

ただ。日本はみんな基本的には同じ人種で同じ言語を喋り

もっとみる

【やりたくない視点で気づくストレス】

自分は「ストレス」がわからない。
ため息したりしんどいって思うことはある。でも「それがストレスなん?」って聞かれると「どうなんやろう?」ってなっちゃう。これは結構前から思ってることで自分の悩みでもあった。ただ単に視点が違うだけなのかもしれない。

でも最近こーやって思う理由がわかった。なんで自分が「ストレスてなに?」って感じてるのかってこと。
それは「ストレスなんて単なる思い込みや」って気づいたか

もっとみる

一生、逃げ続けるのか、、、

苦手なことから目を背けた結果
違った形で目の間に現れてきたという話。

逆に逃げたなことに立ち向かっていくと
人生の効率はとても上がると思った。

効率を求めすぎるのも良くないけどね。

今回の件はボクにとって
ベストなタイミングだったと思う。

最近新しい環境に身を投じた。

その環境で壁にぶつかった。

その新しい環境では英語は必須だ。

英語は問題なかった。

が、その前に問題があった。

もっとみる