「女性の三大願望」が叶えられる仕事

❶いつまでも若く美しくありたい。

❷自由に使えるお小遣いが欲しい。

❸このまま終わりたくない。

ズバリ全て当てはまりました。

高齢出産、小さい子供が2人いて考える時間がなかなか無くやっと心に少し余裕ができました。

先ずは1番気になる点は他の若いお母さん達の中で浮いた存在にならないか。
○○さんのおばあちゃん(笑)が来たって言われないか。

そして子供達がやりたい事

もっとみる

定年なんて気にしないと言える60歳になれるかどうかが、これから大事なんだと思う

先日、自分で書いた記事と呼応したので、ちょっと前の記事だけど引用させていただく。

そうかと思った。

私は、60歳過ぎの人生を考えられなかったのではなくて、ノストラダムスの大予言に向けて、人生が終わることを受容していたんだ。

この中で、ノストラダムスの大予言の話を書いたけど、本当に心底染み付いていたから、その気持ちを受容せざるを得なかった。

さとなおさんが解説した受容プロセスを引用させていた

もっとみる

還暦の日の贈り物

60歳になった。

6年前、51歳の妻が亡くなったのが11月22日。「なんでよりによって『いい夫婦の日』に? 勘弁してよ、皮肉かよ…」

なんて思いながら、残された3人の子どもを育てるのに必死だった日々。

その時、いちばん下の娘は高校に入学したばかり、次男は高3でちょうど受験期。

亡くなる少し前、センター試験と死期が重なったらどうしよう、などと考えてしまう自分が嫌だったな。

思えば、この子た

もっとみる

002.同い年

各界で活躍している人の中でも、同じ年に生まれた人はなんとなく親近感がわいてきます。おもしろいもので同じ1959年生まれでも1−3月生まれの人たちは学年がひとつ上なので同級生とは思えず、やはり同学年に限ります。

1959年4月から1960年3月までに生まれた私と同学年の人は、全国におよそ160万人ほどいるようですが、有名人には次のような方々がいます。

ピアニストの小山実稚恵さん(5/3)、タレン

もっとみる

001.大波小波

今年で還暦。昭和を30年、平成を30年生きてきました。この年になって思うのは、いよいよ人生の第3ステージに入っていくのだということです。

子どもの頃、長縄とびで大波小波をしてよく遊びました。長縄とびの端と端をふたりの子どもが持って大きく回しながら。「おはいんなさい」などと声をかけると、仲間が次から次に縄とびの中へ入っていき、大勢で一緒に縄とびを跳ぶというあの遊びです。

いろんなルールがありまし

もっとみる

真っ赤な薔薇を一輪、あなたのために ~フジ子さんの話5~

フジ子さん、あなたと最後に逢ったのは、一年前の今日だったね。

あなたはもうなにも食べられず、水すら飲むのもしんどいと聞いていた私は、病室になにを持って行くか悩んだ末、小さなポットに挿しておくとオイルを吸い込んで、徐々に花が咲いたようにひらくという、フラワーディフューザーなるものを選んだ。

あれがひらいたところ、見てくれたのかな。フジ子さん。

ーーーーー

まだフジ子さんが自分の家で暮らしてい

もっとみる

還暦記念手ぬぐい、ラストチャンス!

お知らせでございます!

こちらの手ぬぐい、現在特別再販中です!
今回の特別限定生産で終了となります。送料込み1200円。
かわいい還暦デザインの封筒でお届けします!

ラストチャンス!ぜひ!

ご覧ください!
富士山のてっぺんで燦然と輝いておりますのはシカでございます!

素晴らしい!

そして、このシカには角がない(^^)
だからオスだかメスだか分からない(^^)

これがいい!

加えて富士

もっとみる

190802 本日のアガイケ!原田真二 ♪てぃーんずぶるーす

本日のアガイケ!!

担当 ゴロ

原田真二さん
18才やのに
かっこいいな

アガるわ
56歳やのに

:*+:*+:*+:*+*:+*:+*:+*:+:*+:*+:*+*:+*:+*:+*::*+:*+:*+:*

つ、ついにこれを出してきたか!😆
私にとってこのお方の初期のシングル作品はほぼアゲウタ。
ほんまアガるわ
今は還暦やのに💦
シゲゾー

年上のオッサンが好きだ

好きだなと思う人には、いつもパートナーがいた。

救われない。

私が好きな人は、常に私以外の誰かを大切にしている。相思相愛になったことなど、一度もなかった。かつて結婚した相手ですら、外に女がいたのだから。すぐに離婚したから無問題なのだけど。

初めて男の人から「好き」と言われた。私も彼が好きだった。でも彼は結婚して子どももいた。それでも私が好きだったらしい。ハグしただけでさようなら。一瞬の、気の

もっとみる