116:二次元と三次元とが同等であるという状況が生まれる?

前回のnoteで,二次元↔️三次元と書いて,その後で歯医者に行って,歯のクリーニングをしてもらっているときに「光が波であり,粒子であるように,写真・映像も二次元であり,三次元である」と考えてしまえばいいのではないか,と思った.そして,帰り道に「重力のホログラフィー原理」を思い出した.超弦理論の研究者の大栗博司は次のように書いている.

ホログラフィー原理も双対性の例[双対性の例として「粒子と波の双

もっとみる

115:カーソルの二次元平面と三次元のイリュージョンをうまく拮抗させる

Facebook経由で知った Dirk Koy の映像作品.

このような映像を見ると,どのように記述していいのかわからなくなる奇妙さがある.取り壊し途中の家の画像が選択されていて,左上のポイントをカーソルでドラッグすると画像のかたちが変わる.ここまでよい.しかし,画像のかたちの変化と連動して,画像が表している取り壊し途中の家が手前に崩れ落ちたり,回復したりする.ここに奇妙さがある.

カーソルの

もっとみる

113:カーソルによってキャンバスと座標平面を攪拌する

2019年の2月から3月に開催された個展「LO」で初めて発表された新作です.カーソルのポイントしている位置,キャンバスの傾きや絵をかける場所などが,デジタルと実空間の重なりの中ですべて関係しているペインティングシリーズです.制作プロセスとしてはまず,コンピューターのプログラムでランダムな点を打ちその座標を出します.キャンバスの中のその座標の位置に釘を打ち壁にかけます.重力によって自然に傾いたキャン

もっとみる

112:エキソニモがカーソルの先端に打ち込んだ釘

エキソニモの《Click and Hold》について考えた.キャンバスに描かれたカーソルが釘付けされている.カーソルの先に打たれた釘が,カーソルから想起される「仮想空間」とキャンバスから想起される「物理空間」を貫いている.同時に,キャンバスという「絵画平面」が,「仮想空間」と「物理空間」とのあいだにとても薄く伸ばされて存在しているということを考えた.

カーソルが個別のモノだとして,その先端を釘付

もっとみる

Phenibut Ⅱ

人間の生き方から社会の構造から何もかもが憎い、あたしには合わない、Phenibutが効くまで、血に溶けて回るまであたしは連ねる、この思い、あたしはただただ純粋に、ピュアに居るだけなのに、それは受け容れられない世の中、もっと柔軟性を知って欲しい、銀河セントラルサンからの波動を、もっと

あたしは単に純粋に人を、ものを、愛したい、愛してるだけなのに、ただただそれだけなのに、人間は、なにかを主張するには

もっとみる

つぶやきポエム 10

2019/08/09 07:13

焦らないで じっくり ゆっくり
確かめてほしい わたしのこと

あなたのこともそうする
受け止める 時間をかけて 愛する

体の奥 心の奥 感じる 気付く 疼く
そこまでいきたい あなたとふたりで
ふれるよ きょうも あしたも

なでるよ やさしく やさしく

*ほのか しずく*

#詩
#つぶやき
#言葉
#ポエム
#ひとりごと
#心
#自由詩
#時間
#こと

もっとみる

電気には重さがある? もしそうならば……

人間の体重は死後、生前に比べると21gほど減少すると言われている。

……エピグラフのような始め方になってしまいました(笑)

特に描きたい記事もなかったため、かなり長い間noteから離れていましたが、久方ぶりにネタを思いついたので、適当で根も葉もない憶測邪推のごった煮記事を掲載しようと思います(´・◡・`;)b

まず、そもそも【電気】というのは何なんでしょうか?
Wikipediaによりますと

もっとみる

この引力をどうしたらいいの
あなたに心が引き寄せられて
身体まで預けてしまいそう

近付きたくて
吸い寄せられて
話しかけたくなるの
どうしてかわからないけど

あなたを傷付けたくなくて
困らせたくないから
ここでじっと耐えている
重力にしがみついて悶えるの

*ほのか しずく*

幼心の憧憬

大人という生き物になる。

いうこと聞く人が、

諦めた人が、

従属した人が、

賢い人が。

大人の重力に抗って、自らの足で地を踏む者たち。

彼らは大人では無いのか。

捨てることばかりが大人なら夢を見れない瞳に、何かを悟った様に静かな人間を見ている 小さき者たちは 何に憧れればいいというのだろう。

どこに希望を持てるというのか。

もっとみる

重力がバグったような感覚

高校生の頃部活の練習で、たまに近所の神社に行かされて、そこにある100段くらいある階段をダッシュで登らされるっていう地獄みたいな練習がありました。

だいたいいつも10本くらい走るんですけど、5〜6本目くらいからみんなしんどすぎて気持ち悪くなってきて、その辺でゲロ吐き散らかしてました。今考えるとそーとーバチ当たりですね。

その階段の何がつらいかって段差の高さがバラバラなのと、何故か最後の10段く

もっとみる