カール大帝の銀塊とリブラ貨幣体系の再興

中世ヨーロッパ世界における貨幣の体系を定義づけたのは、フランク王国のカール大帝であった。その貨幣単位の根幹を「リブラ」と称した。イタリア語で「リラ」、フランス語は「リーヴル」である。

カール大帝

貨幣という社会システムを国家の礎として定着させることは、為政者にとって重大な関心事である。中世ヨーロッパ世界において、貨幣制度の体系が具現化されたのは、フランク王国のカール大帝(仏語読みでは、シャルル

もっとみる

ガリア人捕虜/ディアナと鹿

前48年にローマで発行されたデナリウス銀貨。発行者はルキウス・ホスティリウス・サセルナ。表にガリア人女性、裏に狩猟の女神ディアナと鹿が描かれている。表の図案は、ガイウス・ユリウス・カエサルのガリア戦争の勝利を暗示するもので、捕虜となったガリア人女性を表している。その表情は悲しげで、敗北した嘆きを伝えている。この図案はローマの圧倒的な武力をアピールしたものでもある。ちなみにガリアとは現在のフランスに

もっとみる

ウェスタ/投票者

前63年にローマで発行されたデナリウス銀貨。発行者はルキウス・カッシウス・ロンギヌス。表にウェスタ、裏に投票箱に票を投じようとする男性が描かれている。ウェスタは家庭の女神で、ローマの建国者ロムルスの母レア・シルウィアはこの女神に仕える巫女だった。巫女たちは30年間結婚を禁じられ、ウェスタに奉仕する定めとなっていたなど制約も多かったが、演席の最前列が確保されるなど、いろいろな面で優遇もされた。本貨ウ

もっとみる

茶と工芸1. 明代銀器の文章

大学院でお世話になっている #一氾文学会 の学会誌『#氾文 』創刊号特集に拙文を掲載していただきました。ご一読いただければ幸いです。

「明代茶書にあらわれる銀器」
at 『氾文』創刊号 特集「#銀 」
https://litteraegenerales.net/bulletin-total/001/chang-juhan.html

銀製品が秒でピッカピカ!になる方法。

高校生の娘は今、テスト週間。化学の周期表を暗記するそうです。
「こんなの覚えたって何の役にも立たない!」とウジウジ言うので…

役に立つよ! と証明するために実験しました。

銀製品が秒でピッカピカ実験スタート♬
必要なモノは
たったの3つ

重曹
アルミホイル
熱湯 

簡単にハッキリと結果が出ます。今すぐにやってみたくなるはず♡

実験の一部始終〈約20秒〉

銀製品は

★すぐ黒くなる
★ピ

もっとみる

「もの」のことを考えるようになったきっかけのこと

すっかり日が長くなりました。
今は19:55、私の部屋の窓からは青空と、向かいの建物の日除けの庇が風に吹かれてひらひらとなびくのが見え、それが夏を思い起こさせます。
波のようだからなのか、浜辺のパラソルがはためいているようだからなのか、わかりません。

さて、今日はShirokaneではなく、広報担当(?)の私、Kaoが書いています。

さかのぼればこのブログ、初回以外はアクセサリー屋さんの香りが

もっとみる

実は宮崎鈴子が2年前から没頭&研究している色分析🎨🌈✨
本来の軸となる色は21色から成り立つ。
色は奥深い。色=人間が表される。
状況で色も2色性へと変化する。
申し訳ない悪口だけど…マニュアル通りのカラーセラピー・キレイデザイン学こそ価値の無いバカにすぎないのよ😁

世界の銀(シルバー)生産量 企業別トップ10ランキング

本ノート(以下「本ノート」という)では、世界の銀鉱山開発会社の本ノート公開時点で入手可能な銀の年間生産量情報を基に、銀生産量トップ10位をランキング形式で掲載しております。生産量トップ10ランキングの対象としている銀鉱山開発会社には、

Glencore(グレンコア)、Hindustan Zinc(ヒンドゥスタン・ジンク)、Polymetal International(ポリメタル・インターナショ

もっとみる

大家さんと文鎮

今日、アパートの中庭に住んでいる大家さんがコンコンと来て、こういうものをくれました。

銀製の文鎮だそうで、「良かったらアクセサリーの材料に使ってね。」とのこと。
大家さんは無茶苦茶いい人で、マダガスカルの隣にあるレユニオン島出身の中国系フランス人、というなんとも正体不明な出身。
実際はレユニオン島には中国系の人が多く、山あり海ありの大自然に囲まれたすごく美しい仏領の島。
日本ではあまり馴染みのな

もっとみる

Shirokane について

古来より、その美しく白い光沢のある色は純潔・無垢の象徴であり、魔除けや厄除けに使われていた銀。
紀元前のメソポタミアや古代エジプトでは、自然銀の産出量の少なさや抽出の難しさから金より貴重な金属とされており、中には金製品に銀めっきをかけたものが存在するほどでした。

その神秘的な輝きのため、銀は月と結びつけて考えられ、神話の中ではしばしば月の女神として登場します。
エジプト神話では、愛と美と幸運の

もっとみる