開墾

🇨🇴ここ、農業コースみたいのもある。こっちが草刈って整備してる畝の上に平気で踏み入るから「ここ、種、蒔いてあるの、分からない?」と、やさしく微笑みかけてあげた。こういうのを「先生」と呼ばれてるインストラクターが気づかないんだよな。なんか一緒に栽培したいけど、時間かかりそう😅

🇨🇴先日、畑で蟻に全身を20箇所くらい噛まれてやっと痒みが治まったが、今度は腰が。これもおそらくもとは畑が原因で、前日の疲労だとは思う。背中にくることはあっても腰にくることはなかったのでいろいろ作業に支障をきたす。いつまでも気持ちだけでは持たないな、ちゃんと身体のケアしよ😭

草刈りDAY

草刈機はすばらしい。

こんなわっさわさな畑がね。

こんな風にすっきり広々〜〜になるわけです。

種まきと植え付けはできなかったけども、達成感のある1日でした。

囲いを作らねば。

もっとみる

いころ農園だより

いころ農園。

カマで少しずつ草刈りしながら。
スコップで新たに水路を掘る。
スコップで掘りおこして、苗を植え付ける。

土の中からは大きめなミミズがこんにちは😊
水路を掘ってたらサワガニがうじゃうじゃ🦀

今日は、ゴーヤとフキの苗を植え付けて、
黒大豆の種蒔きをしてきました🌱

ズッキーニの成長が早くて、すでに2つ目のつぼみ。

初めて手をつけた日は、本当にすごかったんよ。
通りすがりの人

もっとみる

ホウキモロコシを育ててみたい④種まき

5月なのに、35度超えな土曜日に畑へ来た自分。

息子と夫はららぽーとへ。
次男の一年生の時間割が本格化したところで、8時間働き始めたら、買い物にも行きそびれる日が続き、夏服に完全に切り替えるには少なすぎる息子らの衣類も悲鳴をあていた。
「パジャマがないから、明日着ていく服を着ていっていい?」
まさかの合理的な解決法に危うく首を縦に振りそうになった。なんで去年の衣類が”そろいもそろって”こんなに小

もっとみる

第36弾「サウスエンド」

ハーイ!みんな元気?あたしけいご。

36曲目はこれ。サウスエンド。バンドサウンドに憧れて、ちょっと違うコードとか、ちょっと違う弾き方というか、そういうものを練習したくて作りました。しかしながら、なんということでしょう、あっけなく挫折をしました。果たして、あたし、立派なバンドマンになれるのでしょうか。それとも、孤独にまみれ、誰に見向きもされないまま、野垂れ死ぬのでしょうか。

「サウスエンド」

もっとみる

第35弾「MADE IN PARADISE」

ハーイ!みんな元気?あたしけいご。

35曲目はこれ。MADE IN PARADISE。MADE IN JAPANとか、MADE IN CHINAとか、あるじゃない???それの、パラダイス、版、です。肩の力抜いた声で歌おうと思ったら、想像以上に抜けてしまって「聞く人が聞いたらあれだぞ」と、戦々恐々しています。あたしは、前向きな言葉が、好きです。自分のことを幸運体質だと思ってたら、多分、そのまんまそ

もっとみる

開墾、始めました

昨年は初めて畑を始め、土をいじる体験をすることができた。
そして今年の目標は主食である「米」を自分たちの手で作ること。
そう、当初の目標は稲作を始めてみることだったのだ。

が、なぜか今年、開墾をしている自分がいる。
どこがどうなったら開墾から稲作を行うことになるのか。
理由は単純明快。

「楽しそうだから」

伊藤家は迷ったら楽しそうな方を選ぶことにしている。
重機を入れず、全部手作業で開墾する

もっとみる

Fyume 畑プロジェクト第1弾~開墾~

「畑を作ってたべものを自分で育てれば、食費を下げることができるんじゃないか!?」

そんな安易な考えのもと、「Fyume」にあつまった屯田兵の3人。
「Fyume」住人ナウシカと、その友人の塩さんとジャネイロさん。

「畑を作ろう!」と思い立ったものの、現代っ子の3人は畑のつくり方などまったく知らない。
「縄文時代にはみんな畑してたんだから、現代のぼくらにもできるはずだ!」という、とりあえずやって

もっとみる

#04.荒れ地から出てくるアレコレ。

2018年4月22日
ご近所さんの多大なる協力もあって、開墾作業は予想を遥かに上回るスピードで進んでいる。今日はトラクターで土を起こした後、作物を植えるのに邪魔になる異物を撤去した。

これまでに出たゴミの類は次の通り。

(1)大量の草

私が刈払機で刈った草。焼いてしまっても良いのだが、草で肥料を作る方法がある的な記事を読んだことがあるので、やってみようと思う。

(2)埋設物

昔、この土地

もっとみる