本のまとめ 「政治学」第4章②

本の内容を少しずつまとめていきます。
「政治学」(著:久米郁男ほか 出版:有斐閣)

福祉国家化の進展
一体、どのような理由で福祉国家は生まれていくのだろう。
それを明らかにしようとした分析(ウィーレンスキー、1975)によると、福祉の進展度合いは経済の発展水準である、ということです。
経済成長が進むにつれ、どのような国も似た様な体制に収斂されていく、とするものですが、このことは政治学者には不評で

もっとみる

脳出血から退院し、5年たってはじめて福祉に繋がったときのこと

退院後の、生きづらいけの3-4年を経て、やっと心に余裕ができ始め、気持ちが落ち着いてきました。と、共に、自分の辛い気持ちを聞いて欲しい。当事者同士で分かち合いたい、と思うようになりました。

最初はネットで、「三鷹 高次脳機能障害 当事者会」で調べてみました。が、調布や、所沢では出てきたものの、私の住む三鷹市では、そのような団体は無いようでした。

当時の私は、バスや電車を乗

もっとみる

2019/07/18 NewsPicksオリジナル記事感想まとめ

◎注意事項

・あくまで「個人的な意見、感想」です
・記事の詳しい内容は省く方向で、その場の気分で書いてます
・興味がなかったり、時間が無かったりで読まない記事もあります
・問題があれば削除します

本日の内容はこちら

1、【入門】貯金ゼロ、月5000円から始める資産形成

初めての人が行う資産運用のやり方として、割ときれいにまとまっていると思う。

自分は以前ビットコイン等の暗号通貨で現金を増

もっとみる

キミは自身の想いや考えを発信できているか!?

先日の7月14日日曜日、名古屋市新栄にあるLive & Lounge Vioで催される音楽イベント「REVOLUTION FOR LOVE 名古屋」に取材に伺ってきました。
 きっかけはこのnoteの「ぶるきちゃライブ・その軌跡」でもおなじみ、いつも取材をさせていただいている「手話ロックバンドBRIGHT EYES」からお誘いをいただいたため。前回の「手話ソングライブ」に続いて、取材してみないかと

もっとみる
スキありがとうございます!そんなマニアックなアナタ、大好きです!
10

BLACK&WHITE (シアンに憧れて)

先日、J-WAVEを聴いていると博報堂ケトルの代表取締役の方が

「博報堂の新入社員は全員タウンウォッチングをさせられるんです。街に出て違和感を見つけて来い!と繰り出されるのです」

違和感か…

例えば街に出て、どうも最近おひとりの女性のランチ姿をよく見るな、とか

そこから「おひとりさま」ブームが生まれるとのこと。

勉強にもなりましたし、これは有り難いことを聴けたな、と感謝でした。

そして

もっとみる

アトピー夏問題・冬問題

こんちには。もりぴーです。

今日はアトピーの夏問題・冬問題について扱っていきます。アトピーは、季節によって症状が変わってくるんです。夏と冬に対して、どのような症状や問題点が発生するか見ていきましょう。

とりあえず自己紹介。

小さい頃からアトピーで苦しんでいました。アトピーを改善できるような有益な情報を発信していきます。介護、看護もやっていて福祉と医療をぶち上がていきます!アトピー、介護、看護

もっとみる

本のまとめ 「政治学」第4章①

本の内容を少しずつまとめていきます。
「政治学」(著:久米郁男ほか 出版:有斐閣)

第4章 福祉国家

福祉国家の政策レパートリー
さて、一口に福祉国家と言ってもその提供する政策に明確な合意があるわけではありません。
国民に最低限の生活水準を保障するべく社会保障の政策がとられるわけですが、内容は多岐にわたります。
年金給付も失業給付も、敬老乗車制度だってその範疇です。
政策の機能として分類するな

もっとみる

タイムテーブル決定!

こんにちは!PIPPOの森井です。

私どもの総会へご出席くださる方、本当にありがとうございます。総会の内容は以下の通りです。

NPO法人PIPPO 2019年度総会 
日時:2019年8月3日(土)14:00~
開会場所:葛飾区 亀有地区センター ホール 
東京都葛飾区亀有3-26-1リリオ館7階

【タイムテーブル】
14:00  開会
14:10~ PIPPOについて
14:25~ 活動に

もっとみる

アトピーと睡眠

こんちには。もりぴーです。

小さい頃からアトピーで苦しんでいました。アトピーを改善できるような有益な情報を発信していきます。介護、看護もやっていて福祉と医療をぶち上がていきます!アトピー、介護、看護について有益な情報を発信していきます!

今日はアトピーと睡眠時間について扱っていきます。睡眠って、気持ちいいですよね。僕も寝るの大好きです。

では、いっていきましょう。

〈目次〉
1.睡眠がアト

もっとみる

胸を張って「生きづらい」と叫ぶ権利は、ぼくにあるのでしょうか

「生きづらい」とか「助けて」って言うことは、勇気がいることだなと思います。それは、自分で自分を「弱い」と言ってしまうようなことだと思うから。だから、とてもこわいなって思うんです。

でも、どうして「弱い」と告白することがこわいんだろう、とも思うんです。弱いと、だれかに狙われるから?

いや、それとも、「強くなければいけない」「自分の責任は自分で」という誰かのメッセージを自らのうちに内在化させてしま

もっとみる