集団幻覚

おまいらも新時代の特撮ヒーロー『神戦士シリーズ』を観てくれ #オタクはすぐ幻覚を見る

よくきたな🍑

この番組は、ゴランノスポンサーの提供でお送りします
#オタクはすぐ幻覚を見る
#碧空戦士アマガサ

 ニチアサ特撮好きを明言してはばからない僕ですが、実はウルトラと同じく神戦士はチェックしてなかったんですよね。お盆休みの機会に重い腰をあげて観てみたんですが、これがまーー面白い。もっと早く観ればよかった。ネットフロッグスで見放題なの最高ですね。サブスク時代万歳。

 というわけで、

もっとみる

「履修」や「エモい」はもう古い!最新型のコンテンツ体験【集団幻覚】

劇場単発映画の「アニメシリーズ」を見たことがある気がする。存在しない映画の「原作ノベルゲーム」をプレイした記憶がある。存在しない飲食店の常連となっている。

このような体験はありませんか?

もしかして、それは【集団幻覚】かもしれません。

【集団幻覚】って?

上で挙げたような状態は主にインターネット上で発生するとされています。何かの外部刺激をきっかけに複数の鑑賞者が「同時に存在しない幻覚を見る

もっとみる

通りすがりの魚屋さん外伝【アサシン断章】#3

(これまでのあらすじ1)
Mystic Horizon On-line……みほおん編集部が謎の黒服トルーパーの襲撃により爆発。一方とある町に住む何の変哲もない青年、レイには謎のアイテムが届いていた。鈍く輝く金属の籠手に刃が仕込まれた暗器……神秘的な魚売りの女性に相談するも、正体は分からなかった。

そしてレイにも黒服トルーパーの魔の手が!魚売りの女性と通りすがりの禅僧の助けによりその場は切り抜けた

もっとみる

地上波アニメ版プロメアというマスターピース

※この記事は、ハッシュタグ「#オタクはすぐ幻覚を見る」を
念頭においた上でご覧ください

俺にも語らせろ。

桃さんが #地上波アニメ版プロメア の話をしていた。名作の熱を余さず伝える、しかし後半エピソードのネタバラシをしない絶妙な語り口で、俺も熱くなった。あれ名作だよな。

なので、俺も地上波プロメアの話をする。

8話「たいせつなもの」

個性暴れるFDPPの中で、各自の要望を叶えるブレイン・

もっとみる

通りすがりの魚屋さん外伝【アサシン断章】#2

(これまでのあらすじ)
Mystic Horizon On-line……通称みほおん編集部が謎の冒涜的タクティカル黒服トルーパーに襲撃され、爆発した。
みほおん編集部の正体は世界の魔術的安定を守る為の秘密結社であり、このままでは世界崩壊の危機!

一方何の変哲もない青年、レイには謎のアイテムが届いていた。
鈍く輝く金属の籠手から短剣が飛び出す構造の暗器である……町で商いをしていた神秘的な魚売りの女

もっとみる

地上波アニメ版プロメアのここが好き

※この記事は、ハッシュタグ「#オタクはすぐ幻覚を見る」を
念頭においた上でご覧ください

地上波アニメ版プロメア最高でしたね

 いやもう劇場で5,6回見たし応炎上映にも行ったしサントラも買ったし(物理版とiTunes版の両方)、結構マジで燃え尽きた感あったのに、あんなにも楽しませてくれるなんてしかもお茶の間で。自宅でプロメア新規作画の数々が見れるんですよ。流石あの布陣最高。スゴイ。

 で、発作

もっとみる

通りすがりの魚屋さん外伝【アサシン断章】#1

都内某所。

ブガー!!ブガー!!ブガー!!

「Mystic Horizon」「Discovery」などの神秘的ルーン文字文言や複雑怪奇な魔法陣が刻まれた室内にけたたましい警報音!
魔術ギルド構成員じみた風体の職員が厳戒態勢に入る!

「侵入者です!」「どこの所属だ!?」「魔術ホロモニタ出します!!」

壁面の魔法陣からホログラフィじみて複数の監視映像が浮かび上がる……ショットガンやアサルトカス

もっとみる

#知らない人から急にアサシンブレードが送られてきた合同 とは(まとめ)

もし、あなたの元へ無記名のアサシンブレードが届けられたら? という設定でクロスオーバーイベントが開催されました。

発端のツイート

まとめ

創作の必須要素(必須ではありません)

・主人公(冷蔵庫さんのパラレル人格)へアサシンブレードが届く
・何らかの事件が発生する
・まほおん編集部が爆発する
・人が死ぬ

アサシンブレードとは?

なんかアサシンクリードシリーズで使用される暗殺武器らしい。我

もっとみる

仮面アサシン ワイルドフリッジ 第1話「Wake Up!! 戦いの始まり」

(ナレーション)私の名前は冷蔵庫。ハンドルネームだけど、みんなは私をこう呼んでいる。ある日私の家に、小包が届いた。ずっしりとしたそれを開くと、そこにはアサシンブレードが入っていたんだ。

「これ……本当にオモチャ?」
 冷蔵庫は訝しむ。送り主不明のそれは、ゲームのグッズというにはずっしりと重く、そしてあまりに鋭利であった。人の肉などあっさりと斬れるほどに。
「こんなもの一体誰が──」
 呟いたその

もっとみる