自分でもできることを「任せること」と「頼ること」について

カントー市観光局での11月、現在進行形。

ようやく先月の業務報告書と観光関連の提案事項の提出を終えたと思ったら、怒涛のイベントブース出展の月。地域の文化イベントでの観光プロモーションが終わった後、次はハンガリー大使館との共同イベント開催。の後の、カンボジア文化イベント開催。そして、メコンデルタのバクリュウ省での約1週間の観光ウィーク開催、そして(私にとっては一番目玉の(?))越日交流フェスティバ

もっとみる
これからも共に頑張りましょう!
2

自分の中に リーダーが いるか?

誰かの指示についていきたい

誰かの責任のもとに

その人の言うことを聞いていれば大丈夫

そんな誰かについて行きたい

 

自分で判断しないで その人の判断に任せる

自分では決めないで その人に頼る

自分での判断も その人に聞けば安心できる

そんな存在は 外にいるのだろうか?

自分の中にそう言う存在がいるだろうか?

 

これこそ勇気出し、考えること 決断

みんなの意見も大事だけど

もっとみる
やったー!ありがとうございます。
17

「たまには頼ってくれてもいいのに。」

今日で26歳になった。26年間の中で色んな変化があったけど、その中でいくつか大きな変化があって、そのうちの1つのお話をしようと思う。

10年前くらいに、高校生の時に、友達にもらった言葉をきっかけにその後の人との接し方が少しずつ変わったお話。

みんなが言う「頼るって難しい」

人に頼ることは特に大人になると多くの人がぶつかる壁だと思う。

僕も比較的ためこんでしまう方だけれど、
「誰かの手がほし

もっとみる
ハロー 今君に 素晴らしい世界が 見えますか
24

1つずつ

職場で広報の担当になっていて、

年2回施設の広報誌を作るのも仕事なのですが、

ついに初めての広報誌づくりが始まった、、というか

今までなんとなくのイメージを作るだけでよかったのが、

いよいよ形にしないといけなくなって、笑

いざやってみると、

どんなふうにやっていったら

何をどう操作したらいいのかがわかりませんでした。笑

さすがにできなさすぎて

なんだか情けなくなりますが、

とに

もっとみる
いいことありますように♪😊
4

ひとつクリア。今日気付いたこと。

他人に依存すること、自分で決断や行動できないひとがどうしても苦手でした。

学生時代
女子特有の連れションもひとりで行けよと思っていたし、グループに属する意味も分からなかった。

自分で自分の世話(家事など)ができないひとも、自立してないひとも、親の脛齧りも、ぜんぶぜーーんぶが嫌でした。

私が嫌だと思い込んでいただけで、それに該当する人が悪ではないし、非難しているわけでもありません。

私の心の

もっとみる

大人のふりをすることだけで精一杯。

私は子供だ。

きっと今窓の外から聞こえる笑い声の主よりもずっと子供。

近くに公園があるんだ。園児がよく遊びに来るの。

小さい頃、早く大人になりたかった。

自立したい、大人にとやかく言われたくない、子供扱いされたくない。

そんなことを思っていた。

今になってみたらどうだ。

大人になることが怖くて、未来が見えなくて、でも置いていかれないようにと大人のふりをすることだけが上手になっていく。

もっとみる

🌸 祝!!ブログ開設!

今までツイッターで発信してきた
     
「 よ く 訊 か れ る 事 」
   
をブログで発信できるようになりましたー!!会社経営の傍ら、
   
心理カウンセリング・コンサルタント講演・コンプライアンスに基づく講義

なども行っています
  
りゅうです。(^^)/
  

 
講演先だったりメールだったり、皆様から自分では導びき出すことの難しい

お悩みを告白いただきます。
  

もっとみる
スキ! ありがとうございます!!
3

俺色には染まらない

信じるというのと頼るというのは違う

俺色を見せつけられたら

自分の色はこんな感じとみせてあげて

染めてしまいところを我慢して

バランスのとり方、距離の取り方を学んで

染まらないなぁ

どうやったら染まるだろう

このやり取りがたまらなく楽しい

#信じる

#頼る

#俺色

#自分の色

#バランス

#距離

#染まる

願いが叶ってる

2017/7/30

6月下旬の時点で、

「これからは忙しくなりたい!」

と思っていて、

今通ってる支援所にも、通う手続きをするときに

「忙しくなりたいんです!」

と言ってたけど、

望み通り今ものすごく忙しくなってて、大変だけどメリハリもあるし、今は身体も健康でその忙しさになんとかついていけてるし、メンタルのほうも、何か言われてもある程度流したり気持ちを切り替えられるようにはなってるか

もっとみる

湯を沸かすほどの

2017/7/27

昨日は、湯を沸かすほどの熱い愛 という映画の上映会チケットをいただいたので、先日のお兄さん的お友達をお誘いして観に行った。

映画は、重い題材ではあるけれど想像以上に素晴らしくて、友達は横で何度もスンスン泣いてた。笑

私はそのテーマの辛さにあまりにも共感できすぎて、わかるわかる!ってなって却って泣けない感じだった。

というか、オダギリジョーが演じた役と(元)彼を重ねて観て

もっとみる