フィジーのインターでの科目選択

http://www.kaigaikyoiku.jp/purpose/ib/より引用

国際バカロレアでは、『第一言語(母国語)』『第二言語(外国語)』『社会科学』『自然科学』『数学』『芸術』の各グループから、一つずつ自分の受講したいものを選択する(芸術をやりたくない場合は他分野からもう1科目選択可)。
しかし、学校によっては専門講師不在のために選択肢に入らない科目も多数存在する。今後、世界のイン

もっとみる

シンガポール留学を始めるまで Until I start studying abroad in Singapore

3月に中学校を卒業してから、留学先の学校が始まる8月までの5ヶ月間はほぼ野放し状態で、もう6・7月あたりからは留学が待ち遠しくて堪らなかった。というのも私立の中高一貫校に通ってたんだけど、高1の1学期だけ通わせてもらえないかって聞いたらダメって言われたから、もう自分で自分の生活リズムを管理しないといけなかった。これがびっくりするほど難しい。

前の投稿内のメールにもあったように、日本で英語を徹底的

もっとみる

私の行っていた高校は留学生でも1年間限定で授業料無料だった件

連投です。アメリカで感じたことの一つとして現地での生きた情報を日本人が手に入れることの難しさがあります。

それの象徴が私の行っていた高校では留学生でも1年間は授業料がタダなんです。それを知っていた中国人留学生はその高校で1年間勉強した後私立の高校に転校していました。卒業留学をする上で一番の壁となってしまうのが金銭面です。1年間、授業料と生活費などの雑費を合わせると最低600万ほどかかります。これ

もっとみる

インターにおける日本人の立ち位置

アブダビとフィジーにおいて、日本人が数名しか存在しないマイノリティーであるインターに身を置いたことで、私は自分自身の潜在的なアイデンティティに度々直面した。同時に、周囲からのニーズとのギャップで苦悶することとなった。

インターナショナルスクールでの個性とはまず国籍であり、その国籍に応じて求められる立ち位置がある。フィジー校への転校当初、私は日本人として、裏方やフォロワーとして活動を強いられること

もっとみる

International School Nadiについて

ここで簡単に、私が今在籍している学校について紹介しよう。

                                             https://isn.school.fj/

全校生徒は幼稚園から高校を含めて300人弱、という極めて小規模の学校である。各学年1クラスのみ、私の学年の生徒数は10数名である。

そこには基本的にローカルの生徒はおらず、通っているのは大抵がオースト

もっとみる

インター校への入学試験 The entrance exam for an international school

高校から留学を始めようと決心したのは良いけど、もしどこにも受からなければいわゆる中卒になるわけだった。受かっても、英語レベルや授業内容についていけなければ、高校卒業資格をもらえずに日本に帰ってくるっていう可能性だってある。別に中卒が悪いとは思わないけど、世間の目は冷たいらしく、留学という選択は本当に正しいのか不安に思った。でも、今さらやっぱ普通に高知の高校行くなんて言い出す勇気もないわけで、まぁな

もっとみる

私の転校履歴3:MYPの一年と私の変化

(istimes.netから上記引用:http://istimes.net/articles/667

日本で高校1年の二学期末まで在籍し、年が明けて2018年の元旦の便で私はフィジーへ発った。フィジーの教育制度では年度初めが1月スタート。私は国際バカロレア課程に挑戦すると決めていたため、日本の高校1年にあたるYr.11(つまりMYPの最終年度)に編入することとした。

渡航後初年度をMYPの最

もっとみる

シンガポール留学のキッカケ My motives for starting studying abroad in Singapore

私は、高知生まれ高知育ちで、周りの子と同じように私立中学に通って、素敵な友達と熱いコーラス部のメンバーによって構成された、充実した濃い中学校生活をおくった。

I was born and raised in Kochi, and went to a private school as same as students who were around me, and had fulfilled t

もっとみる

カロライナがやって来た〜あの頃カロライナと〜

6月のある週末、仕事と恋愛に疲れて人生の休暇中の友人、カロライナ(仮)が寄生ハウスに遊びに来てくれました。カロライナは外資系企業に勤め、東京を拠点に世界の街を行きする仕事をしています。

岐阜出身のカロライナと大阪出身の私は17歳の頃、アメリカのノースカロライナ州での高校留学を通して出会いましたので、かれこれ10年以上の付き合いになります。今は兵庫と東京で離れているので頻繁には会えないけれど、メー

もっとみる

【15歳、カナダへ行く】ばいばいカナダ

(6月26日当日に書いています。)

今日の朝はとても早く、最初のフライトが朝の7時出発なので、朝の5時起きでした(笑)
詰めていなかった残りの荷物を詰めて、空港へ向かいました。朝が早いこともあって、ホストシスターたちはまだ寝たままで、ホストペアレンツが空港まで送ってくれました。

ホストシスターたちとは、昨日の夜に沢山ハグをしてお別れを言いました。
その時からもつ泣きそうだったのですが、必死に我

もっとみる