応用情報技術者試験(AP)の傾向と対策

応用情報技術者試験(以下AP)とは「高度 IT 人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT 人材としての方向性を確立した者」を対象とした、経済産業大臣が行う国家試験です。

平成30年度の実績では合格率は23.1%と低く、受験した4人に1人程度しか受からない計算です。

基本情報技術者(以下FE)も合格率が25.6%と低いですが、統計データから受験者の構成は現役大学生から入社3年目ま

もっとみる

ap bank fes -東北みちのく-

ap bank fes -東北みちのく-

ご覧になった方もいるかもしれないし、現地に観にいった方も
おられると思います。

この動画やライブを見て涙を流した、感動したという人が多いようです。
何故なんだろう?

普通のライブだったら違ったのかもしれない。
けど、ここは「東北 2012年」。

東北の震災があった翌年。

多くの人が悲しみの傷がまだ癒されない震災の翌年。

そんな時の動画です。

もっとみる
他のnoteにもスキをしたくなるものあるかも!?読んでください!
1

応用情報で午後問題を6割とり午前問題を80点中48点とる方法〜データベース〜

平成27年度春から平成29年度秋の応用情報技術者試験午後データベースの問題を解析すると、E-R図とSQLの問題が必ず出題されます。

E-R図とSQLに関するキーワードや他にも出題されそうな、トランザクションの解説をします(有料です)。

動画解説で十分な方は、購入していただかなくても良いかと思います。

もっとみる

応用情報で午後問題を6割とり午前問題を80点中48点とる方法〜情報セキュリティ編 対策と技術〜

午後問題において情報セキュリティは必死問題であり、午前問題でも10問ほど出題されます。※平成29年度秋試験

午後問題は問題文を理解することから始まります。そのためには情報セキュリティの概要と、関係するキーワードを理解することが重要です。

さらに、情報セキュリティは業務でも必須の知識であり、覚えておくことに損はありません。

時間をかければ誰でも理解できますが、仕事やプライベートが忙しくなかなか

もっとみる

応用情報で午後問題を6割とり午前問題を80点中48点とる方法〜情報セキュリティ編 攻撃〜

午後問題において情報セキュリティは必死問題であり、午前問題でも10問ほど出題されます。※平成29年度秋試験

午後問題は問題文を理解することから始まります。そのためには情報セキュリティの概要と、関係するキーワードを理解することが重要です。

さらに、情報セキュリティは業務でも必須の知識であり、覚えておくことに損はありません。

時間をかければ誰でも理解できますが、仕事やプライベートが忙しくなかなか

もっとみる

応用情報で午後問題を6割とり午前問題を80点中48点とる方法〜情報セキュリティにおける脅威〜

午後問題において情報セキュリティは必死問題であり、午前問題でも10問ほど出題されます。※平成29年度秋試験

午後問題は問題文を理解することから始まります。そのためには情報セキュリティの概要と、関係するキーワードを理解することが重要です。
さらに、情報セキュリティは業務でも必須の知識であり、覚えておくことに損はありません。

時間をかければ誰でも理解できますが、仕事やプライベートが忙しくなかなか勉

もっとみる

応用情報で午後問題を6割とり午前問題を80点中48点とる方法〜情報セキュリティ編 概要・脆弱性・不正〜

午後問題において情報セキュリティは必死問題であり、午前問題でも10問ほど出題されます。※平成29年度秋試験

午後問題は問題文を理解することから始まります。そのためには情報セキュリティの概要と、関係するキーワードを理解することが重要です。

さらに、情報セキュリティは業務でも必須の知識であり、覚えておくことに損はありません。

時間をかければ誰でも理解できますが、仕事やプライベートが忙しくなかなか

もっとみる