Helloworld

PHILOSOPHY of  HELLOWORLD

古い哲学の言葉
「汝自らを知れ」
自分自身
自分の持つものの価値を知るのは難しい

当たり前すぎて目に見えないと
せっかくの価値あるものも
しまい込まれたままになってしまう

それを見つけ 言葉にするのは
自らと 自らの価値を見つけ直すこと
新しく 自分の世界と出会い直すこと

そこで見出したものを発信 表現し
人々や世界に知らせていく
伝えていく

それは人々や世界を豊かにすること
楽しい 便利

もっとみる

Full day of HELLOWORLD!

私の好きなもののひとつに「異文化」があり、外国の人や物、文化や考え、自分から遠い、あらゆるものが気になります。
知りたがり+逃避願望のためでしょうか…

今日はそんな私にはうってつけの、国際交流イベントに出かけてきました。

様々な国の人々が、自分の国の文化を紹介する、というワークショップの集まりで、朝から多彩な講座がたくさん。

私が受講したのは、ペルシャのダンス、モンゴルのゲームと料理、インド

もっとみる

Hell,World!

みんな初めはここから始まる。

初めまして、世界!!

今いる世界も、これから飛び出す世界も、自分で選択できる。

自分で選択しなくちゃいけない。

怖くても、不安でも、

誰かに支えられることを確信して、その人たちの助けを借りて、はじめの一歩は自分の足で飛び出せば、

そこから新しい世界が始まって、知らないことが次々に目の前に現れる。

経験したことのない難しい難題であっても、そばにいてくれる人

もっとみる

Hello consultation!

今日、ある人の相談を受けてきました。
その内容というのが
「自分の仕事の専門分野で、ワークショップを開きたい。けれど計画の進め方がわからないから、知恵を貸してほしい」
というものでした。

その方は、その分野では中堅的ポジションながら「外向き」に企画をするのは初めて。

全く見当もつかないものの、自分の仕事の可能性や、他の人のためにも、ぜひチャレンジしたい、とのことでした。

まずひと通りの希望を

もっとみる

HELLO WORLD!

Hello World

こんにちは、可能性

あたりまえを見直すこと
それは視点を変えて考えるということ
視点が変われば世界は変わる

その可能性を共に見つけるデザインが
私たちの目指すデザインです

創造的に楽しくデザインしよう!
D・I・Y(=Design It Yourself)

……………………………………………………

こんにちは
HELLOWORLDです

上の文章には
「私たちの

もっとみる

HELLOWORLD初セミナー終了

デザインのセミナーをします!と突然宣言したのが前回。
今回は、結果どうだったか、のご報告です。

時間こそ90分と短いものの、その中でできるだけ色々なことを体験してもらいたい、そして特に感じて欲しいと考えたのが「デザインって楽しい」でした。

「普通の人たち」と乖離してとらえられることの多いデザインを、どう楽しみ、面白がってもらえるか。
決して難しくも特別でもない、ととらえてもらうには?

そのた

もっとみる

HELLOWORLD初セミナー

私が普段ここにこうして書いているのは主にDRIPTRIPにまつわることであり、みなさんにも私は飲泉や温泉コーヒーの人、という見え方をしているかもしれません。

もちろんそれも間違いではないのですが、それを含むもっと大きな所属先(というべきなのか?)があり、そちらでは「HELLOWORLD」という名前で活動をしています。

DRIPTRIPはHELLOWORLDの中にある、例えて言うならグループ企業

もっとみる

17になって初めてスタバに行った

17であるにも関わらず未だかつてスタバに行ったことが無かった。そして友人に誘われ昨日初めて行ってみたのだが、私の感想としては、コーヒーを飲むなら缶コーヒーの方が良いと思う。なぜ皆がこんなにスタバに行きたがるのか不思議でたまらない。

私の周りの人は呼吸をするかのようにスタバに行き写真を撮り製品を飲む。私がスタバの存在を知ったのは中学3年の頃だった。それよりも前からスタバという単語は耳に入ってきたり

もっとみる

Hello, World!(美しき慣例)

私の夫はシステム関係のエンジニアなんですが、どんな開発言語であってもエンジニアが初めてプログラミングを動かしてテストする時には、画面上に「Hello, World!」とちゃんと表示されるかどうかを確認するそうです。

私はその話を聞いたとき、「へ~!そうなんだ~!」と思ったと同時に、「すてき~ロマンチックだなぁ~!」と一人で感激・胸キュンでした。

世界中のエンジニアが、エンジニアの卵としての第一

もっとみる