IDFABC

中国電子マネーが作る管理社会

日本人であっても、中国で仕事をしたり旅行したりする場合、アリババ集団と騰訊控股(テンセント)の子会社が発行するアリペイやウィーチャットペイという電子マネーを使わないと、不便でどうしようもないので、使わざるをえないそうだ。これによって個人データを収集されることになってしまうが、やむを得ないのだという。

 中国では、高齢者と子供以外のほぼ全ての人が、上の両方のアプリを持っている。どこの店で買い物する

もっとみる

リクナビ事件の深刻度

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、就活学生の「内定辞退率」を本人の十分な同意なしに予測し、38社に有償で提供していたと報道された(2019年8月1日付日本経済新聞)。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48076190R00C19A8MM8000/

 「リクナビ」の利用者がデータを閲覧した記録をAI(人工知能)で分析し、「辞退確率」

もっとみる

QRコードで見られるバスのリアルタイム運行状況

私がいつも使っている「ムーバス」(吉祥寺のコミュニティバス)では、停車場に表示されているQRコードから、バスのリアルタイム運行状況を見られるサイトに飛べるようになっている。
 リアルタイムの時刻は、かなり正確だ。
 バスは、電車に比べて時刻表通りの運行が難しい。これまでは、なかなか来なくてイライラすることがあった。遅れるにしても予測ができるだけで、状況は大きく改善する。
 ムーバスを運行する関東バ

もっとみる

ライドシェアリングは過度的な技術

既得権益が新しい技術の導入に反対することが、日本経済の停滞の基本的な原因だ。

 ライドシアリングがなかなか進まないのは、その典型例である。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14105987.html

 ただし、ライドシェアリングは過度的な技術だ。
 自動運転になればタクシーは無人になる。
 レベル5の自動運転(完全自動運転)が導入されるのは、202

もっとみる

リブラに通貨発行益はあるか?

1.リブラに通貨発行益はあるか?
 管理通貨制度の下では、中央銀行の紙幣は、返済が不要な負債である。ところが、資産の側では国債という利回りの高い(通常の経済であれば)資産に運用できる。
 これは、国家権力になって与えられた特権であり、「シニョリッジ 」(通貨発行益)と言われる。

 銀行の負債である預金についても、その1部は、定期預金という形で即座には払い戻す必要がない特権が認められている。このた

もっとみる

リブラによる国際的資金の移動は、望ましくないことか?

FTのラナ・フォルーハー が、「リブラが助長する投機」で、 「リブラが使われるようになれば、国際的な投機を助長する」としている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47956170Q9A730C1TCR000/

 確かに、そうしたことが起こる可能性はある。国境を越える資金移動がより自由になれば、さまざまな可能性が広がる。広がる可能性の中に、「投機が容易にな

もっとみる

仮想通貨「リブラ」についてのアンケート調査

フェイスブックが仮想通貨「リブラ」の発行を計画しています。これについてのあなたのお考えをお聞かせください。
 なお、いただいたご回答の集計結果は、noteなどで公開する予定です。

 

ご協力ありがとうございました。

もっとみる

社債取引をブロックチェーンで管理

野村ホールディングスと野村総合研究所は、社債の取引をブロックチェーンで管理する仕組みを開発する。
 日本経済新聞7月25日:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47729420U9A720C1EE9000/

 社債の権利移転手続きは証券会社が人手で対応しているが、社債は発行件数が多いため、作業量は膨大になる、このため、数十億円から10億円の規模でないと発行で

もっとみる

アメリカが経済戦争の最強武器を捨てようとしている「愚かな事態」
リブラ叩き、一体どうなるのか
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65997

自動車の自動運転で、地価は暴落する

自動車の自動運転がレベル5になれば、自動車の利用法は現在とは大きく変わる。
 自動車を保有するのでなく、必要な時に無人のタクシーをスマートフォンで呼び、目的地に着いたら乗りしてる。帰りには、そこでまた無人のタクシーを呼ぶと言う使い方になるだろう。

 こうなれば、さまざまな変化が起きる。まず、駐車場はほとんどいらなくなる。
 現在、都市の面積のかなりの部分が駐車場によって占められている。これが不要

もっとみる