岡田仁志

国立情報学研究所准教授 ブロックチェーンが国家・社会・経済に及ぼす影響について研究しています。 最新刊『リブラ~可能性・脅威・信認』日本経済新聞出版社 Kindle版 2019/10/22刊行。
  • 日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパ
    5780フォロワー
    +95〜

データは物々交換の「ブツ」になる *** コンジョイント調査が明らかにするプライバシーの対価

私生活の平穏を保つ価値はプライスレスであるとしても、個人の行動データと引き換えに無料でサービスが得られるのであれば、それで構わないという層が存在する。こうした物...

カンボジア中央銀行のデジタル通貨とリブラの緊張関係

カンボジア中央銀行は法定デジタル通貨の実用版を発行する世界でも最初の国家の一つである。その製品には日本企業の英知と、未来を見通すカンボジアの叡智が詰まっている。...

中国のカード市場は124兆ドル(約1京3400兆円)規模・・・ほんまかいな?

リブラの本を執筆するために中国の決済データを集めていた時に、数字とにらめっこしていて出会った最も大きな金額がこれであった。それにしても、この桁数は実に大きい。一...

建築家が語るブロックチェーンによるトラストの構図

建設業界で最大級のイベントである「Archi Future 2019」に登壇する機会を得た。建築家である研究者や企業人の皆さんとの対話から、ブロックチェーンによるトラストの構図...

全球城市論壇2017~上海市人民政府はメトロポリスの電脳治政にブロックチェーン技術を活用するのか?

上海市は常住人口が2400万人を超える大都市である。ニューヨークやパリなどの世界の大都市が抱える問題には共通点がある。国際連合の世界都市デーに因んで2017年に開催され...

中華人民共和国暗号法を機械翻訳で流し読み:法定デジタル通貨DC/EPを発行する法的基盤は整った

2019年10月26日に開催された中華人民共和国の第13回全国人民代表大会常任委員会第14回会議において「中华人民共和国密码法」の制定が可決された。法案は中国人大網のページ...