久世じゅん|gemini

noteはじめてみました。エッセイと詩のあいだ。コラム寄りの散文ほか。気ままに実験中|生きづらさと付き合うブログもやっています。生きるを手繰る https://www.kuzejune.com/
固定されたノート

公園三景

糸の切れた凧が、高い枝の先に引っかかっていた。

木登り名人でも歯が立たないような枝の先っちょで、ゆらりと風に吹かれていた。赤い尻尾がひらひらとはためき、解いたばかりの制服のリボンのようだった。

3月も終わるというのに、凧なんて。一体いつからそこにあるのか。再び空を舞うこともなければ、持ち主の元に帰ることもできないのに、妙に清々しい面持ちで、またそよそよと揺れていた。

* * *

昔よく訪れ

もっとみる

諸般の事情により、noteを開くことすらままならない日が続いてるのですが、決して辞めたつもりはないので一応言い訳しときます。
読みたいのもいくつかあるので、また来ます。

季節の引き継ぎ

三寒四温とはよく言ったもので、冬から春へのバトンタッチは、目に見えるような見えないようなスピードで進んでいく。

冬色の空の下で、春の花が咲く日がある。歩道のユキヤナギが、庭の山吹が、花壇のチューリップが、寒さを我慢するように少し震えながら、景色に暖かな色を添える。

春の日差しの中に、冬の風が吹く日もある。日向を歩けば春で、日陰を歩けば冬。並木道に落ちた縞模様の影を踏んでいると、一歩ずつ、冬と春

もっとみる

葉桜を眺めて想うのは、ただひたすらに桜餅。お腹をぐーと鳴らしながら、和菓子職人さんは上手に桜の一瞬を切り取ったんだなぁとしみじみ。私は関東人ですが道明寺派です。

令和を「文化の時代」として生きたい

私は無学なものだから、最初はご多分に洩れず、令和の「令」の字から「法令」「号令」「命令」あたりを連想した。

そして昭和生まれなので、「和」の再来が思ったより早いことに驚き喜びつつ、「和を以て貴しと為す」なんてフレーズを久々に思い出したりもした。

そんなとりとめのないイメージは、安倍首相の談話によって、的外れだと思い知った。

「一人一人の日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせ

もっとみる