見出し画像

精一杯生きる一瞬をつないでいく

8月に入った今日もとても暑い一日でした。
前日よりも更に暑くなる毎日です。
「夜になっても気温が下がらなくて暑いから、
また翌日は気温が上がるんだよね。」
皆、うんうん頷きます。

今日も こざる達は いつものように 賑やかにお喋りしながら、
りこちゃんと 皆で一緒に夕飯を食べ終えて、
りこちゃんは もう すやすや眠っています。

こざる達は、皆でおしゃべりしながら、
のんびりコーヒータイムです。

「でもこう毎日ずっと猛暑だと、この疲れが体に蓄積していくよね。
「これからもずっと暑いのかなぁ。」
「さっき天気予報で、この夏は暑さが長く続きますって言ってたよ。」
「皆、しんどいよね。」

この暑さの中で生きている人も、ほかの生物も
本当にしんどいです。

「外の街路樹も、なんだか葉っぱがカラカラに乾いているんだよ。」
「カンカン照りだもんね。」

植物たちは、暑いからと言って、木陰に移動できません。

「欅が木陰で休んでいたら、変でしょ。」
「確かに変だけど、でもきっとそうしたいだろうね。」

木陰で涼みたいでしょうね。

「今年はやっていないけど、去年、ベランダにゴーヤのカーテン作ったよね。」
「うん。一昨年も作ったよ。」
「そしたら、そこにいろいろな昆虫が涼みにきて、びっくりしたよ。」
「そうだったね。」
皆、うんうん頷きます。

そうでした。
朝、こざるちゃんがゴーヤに水をやろうとベランダに出ると、
蜂や蝶がゴーヤのカーテンで涼んでいました。
何をしているんだろう?と こざるちゃんが近寄ってよく見てみると
ゴーヤの茎や葉っぱ、ネットについた朝露を飲んでいました。

「カマキリもいたよ!」
「そうだったね、朝の間は、日影で涼しいところだから、
涼むのにちょうどいい場所だったんだね。」
「朝露もあるし、皆、じっとしていたよね。」

小さな虫たちも、毎日 精一杯生きています。

「遠い未来ではなく、一時間、一時間を精一杯生きて、
それをつなげて一日になって、そして明日になって、
また同じように生きて、そうしてつながっていくんだね。」

どの生き物も、皆、一瞬一瞬を一所懸命に生きています。

「コーヒーのお代わり、入れようか?」
「うん! ちょっとだけアイスクリームも食べようよ!」
「そうしよう!」

ラジオからは、遠くから静かにゆっくりとした曲が流れてきます。

「私たちを乗せた船は東へと漕いでゆく
朝焼けを 夕映えを
果てしなく追いかけて
月をよぎる雲の色も
波のしぶきさえも
二度と同じ姿はない 永遠の万華鏡」

松任谷由実の『青い船で』です。

こざる達は 静かに聴いています。

「私たちを乗せた星は涼しげに輝いて
木星を 金星を
導いてゆくように
同じ時を旅している たくさんの人の中に
なぜかとても ああなつかしい
あなたがいてよかった」

「今年もゴーヤ、やればよかったね。」
皆、うんうん頷きます。
「ゴーヤはもう間に合わないけど、ネット張って、
朝顔の鉢をいくつか買ってきて、ネットに這わせてみようよ!」
「うん、それがいいよ! 」
「そうしよう!」

「恐れずに生きてゆける
彗星のように燃え尽きたい
遠い海を旅してゆく小さな船の上に
もっと遠い夢を見てる
あなたがいてよかった
なぜかとても ああなつかしい
あなたがいてよかった」


こざるカフェは、今日も ゆっくりゆっくり
のんびり 穏やかに時間が流れていきます。

読んで下さって、どうもありがとうございます。
明日もまた猛暑のようです。
無理せずゆっくりゆっくりで、どうぞご自愛ください。
よい毎日でありますように (^_^)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。良い一日を(*^^*)
6

こざるカフェの日々ウールー

ひっそりと、こっそりと、空想でカフェを始めることにしました。 「ウールー」は、フランス語で heureux と綴り、「幸せな」という意味です。営業時間は不定期です。 こざる達は 人間のおばあさんの りこちゃんと 一緒に暮していて、時々、登場します。

noteゆっくり部

ゆっくり、ゆったり、のんびり。そんな投稿をお待ちしている企画です。noteゆっくり部部長、花介がゆっくり格納に伺っております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。