隣の高齢者は、EXILE・・・w

新宿デイサービスが移転して一週間になりました☺
今日はとても嬉しいお電話がかかってきました。

通所頂いている、利用者様のご家族様からでした。
「母がいつも楽しんで、通っているから、これからも宜しくお願い致します」と僕宛に電話がかかってきました。 

とても嬉しかったので、「ご家族の方に、どの辺が私たちの施設を気に入って頂いてますか?」と質問を投げかけてみると・・。
以前に通所されていた所は規則や

もっとみる

無力だなぁ

ショッピングモールを歩いて

本屋さんで雑誌を買って

サーティワンで誕生日月だからアイスを無料で貰って

車の中で食べることに。

娘は別のお店で買った

豆乳と苺のジェラートのシェイクを飲む。

車に乗って直ぐ

ミラー越しに映った高齢者のご夫婦を見付けた。

何だか二人でウロウロしてる。

あぁ。。

広い駐車場で車を見失ったんだ。

何度もミラーでチラチラ見てみると

二人であっちこっちと

もっとみる

踏み台にされビリティ

6月も、もう終わりですね。
春に入社された新入社員の皆さんは、もうそろそろ「新しい環境」に慣れてきた頃でしょうか?
会社によっては、研修が終盤になってきていたり、配属が決まってきていたりなど、先輩方にとっても大きく環境が変わっていくタイミングですね。

このnoteでは、「新入社員と先輩たち」にまつわることを書いていきたいと思います。

==============

理解

今年は、「新入社員」

もっとみる

差別だハラスメントだと叫び過ぎ〜差別についての論考(2)

禁止して、違反者を糾弾する。
それだけで、世の中の諸問題を解決できると思い込んでいる、一部の所謂活動家諸兄諸姉。
理想、理念ばかりが先行し、世の中の現実が全く見えていない。

禁止しても、あいにく大抵のモノゴトは無くならない。

殺人、窃盗、詐欺、脅迫。
ハラスメント、ストーカー。
売春、密売、裏取引。
イジメ、戦争、核兵器。
差別、偏見、村八分。

禁止しても無くならない。

そればかりか、禁止

もっとみる

孤独を感じさせないリタイアメント・コミュニティの老後生活

日本の高齢者政策では、老人ホームやグループホームなどの整備を進めているが、そこに自ら入居を希望する人は決して多くない。重度の介護が必要なケースや、家族に面倒はかけたくないという気持ちから、やむを得ず入所するというケースが大半である。住宅のハコモノだけを整備しても、高齢者にとって幸せな環境を作ることはできない。

対して米国では、30年以上前から「自然発生的なリタイアメントコミュニティ(Natura

もっとみる
ありがとうございます。これからも良質の記事を提供していきます。
6

食べたいのはシンプルなバゲット

雨が降り出しそうな日曜日の朝です。

「梅雨だから、こういう天気なんだよ。」

晴れていないと、ちょっとがっかりしてしまいますが、
これから猛暑がやってきて、
連日、かんかん照りが続けば
きっと こういう天気が恋しくなります。

こざる達は、いつものように 賑やかにお喋りしながら、
朝ごはんの仕度をしています。

「りこちゃん、喜ぶね。」
「うん、ぼく達も、もっと早く気がつけば良かったよ。」

もっとみる
ありがとうございます。熱中症に気をつけてください(^_^)
4

こんなアプリを作りたい

これから先スマートフォンを持つ人が高齢化し、1人暮らしの人もいることだろうから、スマートフォンにアプリを入れておくことで安否を知らせる機能があってもいいのでは思っている。

残念ながら僕はスマートフォン用のアプリを作るスキルは持ち合わせていないので、アイデアだけここにメモとして残しておきたい。もちろん、メモとして公開するのだから誰かにアイデアをとられても構わない。

どんなアプリか

1人暮らしの

もっとみる

生活を祭りにすればいい

最近の僕のテーマは、

・生き物としての人間
・生き物の複雑さ
・ごちゃ混ぜ

で、そろそろ画一的に整理された社会構造を変えられないかと考えて、出来ることを行動しているんですが、

先日、近所のお祭りに行った時に、
理想的な姿を見たので、書きたいと思います。

===========

地域のお祭りに見る「社会のリアルな温度」

先日、江東区東砂にある「天祖神社」でお祭りがありました。
僕は、最近

もっとみる

激安、快適を求めて、タイへ移住する高齢者。しかし、その現実は・・・

タイは、1年中温暖で、日本レストランも多く、マッサージや遊びもたくさんあり、物価が安くて、優雅な生活を送れるというイメージがあるが、実際はそうでもない。

私もバンコクへ4回ほど旅行で行ったことがあるが、印象としては、人気街の通りは物価が高かったことを覚えている。確かに、タイのローカル屋台へ行って、ローカルフードを食べ、日本人街とは少し離れたタイ人の街に住めば、安くできるかもしれないが、できれば、

もっとみる

1日のほとんどを寝て過ごしています

母86歳、2週間前の発熱から食事や水分がとりにくくなって、1日のほとんどを寝て過ごしています。特に苦痛の訴えなどなく、ただひたすらに寝ていたいらしい。働くのが好きで、呆けたら職場に行っちゃうかもって良く言ってた。病気で寝込んだ姿とか見た事なかったからね。ただ生きるのも大変だけど、頑張らなくていいよ、思う存分寝ておくれと言ってあげたい。