Lisa

カルチャー、近代文学、映画、睡眠とヨガをこよなく愛しております。 あと甘いものがやっぱり大好きみたいです。

新しい命

私は、今年の春、お腹に命を授かった。

その瞬間から世界が一変した。

職場で壁をつくるのは楽のようでしんどいもの。だって、自然では居ないんだから。偽って防御しているのだから。

それは自分でそうしているのに、やっぱりどこか寂しくて。

でも、そうしないとまた心が壊れそうで怖くてできない。

一方で、私にも新しい家族ができたりして。

旦那さんもお腹の子ももちろんだけど、旦那さんの家族も自分の両親

もっとみる

続・わたしにとっての、、、

最近体調がいまいち優れなくて

食欲もいまいちで全然な日もある。

メルマガで、

パティスリーのお菓子が入るって情報を得たから早速あのキラキラした売場に行ってみた。

甘いもの狂だった私は、最近の体調不良で全くと言っていいほど欲がなくなっている。

でも、キラキラを目の前にするとどうしても手に取ってしまう。

あぁ愛おしい子達。

パッケージされて香りはしないはずなのに、あの焼き上がりのバターの

もっとみる

私にとってのやりがい

バイイングの仕事をしていると、必ず作り手さんと接する機会がある。

以前はスイーツのバイヤーだったけど、今の職場は雑貨などもみている。

以前とは違った環境だし、取引先も大なり小なりの規模で

作り手さんに直接会ったり話したりはなかなかできない。

それが少しさみしかったりする。

それが実は活力だったりしたから。

そして甘いものをとてもとても愛していたし、1つ1つを自分の子供のように大事に作る

もっとみる

テリトリー

連休中、自然が多い実家で過ごした。

気分が晴れやかになった。

今日は職場で少し笑顔になれた。

少し会話に加わってみた。

少し自分に余裕ができた。

私はもしかして、まだ変われるのかな。

少し楽になった。

なぜか泣きそうになった。

パロディ

音楽も映画もほどほどがいい。

情報量が多すぎて頭が痛くなる。

ネットや本も最近はあまり読めない。字に酔ってしまう。

だから無音の中で過ごすことが心地よく感じる。無音といっても、街の音や生活の音、人の声や風や鳥の声は聴こえる。小さい頃は、夜は季節で虫の鳴き声が違っていたし、風になびく木々の音が風の強さを教えてくれていた。私は大好きだった。

どうやら自然が恋しいみたいだ。

こんなに都会が好き

もっとみる

本当の自分って?

私は人が苦手だ。

私は人が好きだって前は言っていたのに、今は極力コミュニケーションを避けて、壁で自分を守りながら過ごしている。

笑顔でいた自分が何だか思い出せない。

気がつくといつも表情がなく、下を向いている。

こんなだったっけ?と思うことがたまにある。

私は自分にも壁をつくっているようだ。

なのに、なぜ慕ってくれる人がいるのか全く理由がわからなくなってしまった。私の友人たちはあんなに

もっとみる