小野

岡山のデザイン学部3年生。アカペラもやってます。

UI調査 スマホの運動系アプリの機能

スマホのアプリはどのような機能によって構成されているかを知るという目的で、5種類のアプリを選び、機能を書き出した。

タブ型で成立しているアプリや、ハンバーガーメニューで構成されたアプリなど、そのアプリの構造によって情報の表示方法が異なっているという印象を受けた。

また当たり前ではあるが、アプリでできることを一つ増やすごとに、必要な画面数も増えることを体感した。

次回は、各アプリが制作されるに

もっとみる

UI調査 「SUMSUNG Health」の構造について

前回に引き続き、運動系アプリについて調べた。
今回は、Samsung Galaxy標準アプリ「SAMSUNG Health」をまとめた。

まず初めに、個人用の記録表示画面の画面遷移構造について、二段階に分けて書き出した。
そのアプリでできることを理解につながるとともに、自身でアプリを作るにあたって参考になった。

また、こうしてみてみるとアプリの構造は以前大学で学んだロジックツリーに似ていると感

もっとみる

UI・ UX調査 スマホの運動系アプリケーション

大学の制作課題に向けて、スマートフォンの運動系アプリについて3時間ほどで調べてまとめた。

まず初めに、アップル純正のアプリ「ヘルスケア」の画面遷移についてまとめた。

ヘルスケアまとめ

アプリのトップ画面は、距離や歩数などの項目が簡潔に示されている。それぞれの項目をタップしていくにつれて、詳細な情報が現れる構造になっていた。
また、戻るボタンや記録追加ボタンなどが常に画面上部に表示されているた

もっとみる

VRについての調べ学習1

oculus goをせっかく買ったので、大学のゼミでVRに関連して何かしようという話を先生としました。

しかしながらVRについての事前知識が皆無なので、制作と並行して自分なりに調べていこうと思います。

今回は「そもそもVRってなんやねん」というところから調べてみました。

また、 VRの歴史にもちょっと触ってみました。

 VRはoculus goやSAOのナーヴギアみたいなものを指すものだ、

もっとみる

「動きをうごかす展」を見た感想。

動きをうごかす展
感想

【2018.6.13 藤堂高行さんのお名前を間違えて記載していました。申し訳ありません。】

岡山から東京へやってきた第一の目的は、山中研究室プロトタイプ展2018「動きをうごかす展」を見に行くことでした。
本日2018.6.10に東京大学生産技術研究所へ行き、展示を見て、また山中俊治さんと藤堂高行さん、杉原寛さんのトークセッションでの感じたことを、僭越ながら書こうとをも

もっとみる

田舎大学生の東京旅行記part1

僕は岡山の辺境の地で製品デザインを学ぶ大学生です。
2018.6.8から2018.6.17の間に開催される、「動きをうごかす展」を見に行く目的で東京へ来ています。

前に僕がノートで投稿した「デザインの骨格」の感想に著者ご本人様からのリツイートをいただいてテンションが上がっている時に、ゼミの先生から「動きをうごかす展」に行って見たらどうかと提案がしていただいたことがきっかけです。

というわけで本

もっとみる