見出し画像

デザイナーの価値

価値、価値うるさいな〜と思ってはいても、価値、対価、時間、労力によって生活は大きく変わる。
デザイン会社がどんどん事業会社に買収されてる。
デザイン思考とか、ブランディングとか、デザイナーの価値は上がりつつある話は、世界的にも言える。
でも身近なデザイナーの給料とか聞いてると、そこそこ泣ける。
クリエイティブにお金を払えない国、世界がどうして出来上がったのか知るべきである。ものづくり大国において、マーケティングが重要視され、物が売れることに注力していった結果、ブランドの価値は下がり、流通主義とも言えるような状態が出来上がってしまってるように思う。
上場するとき、見えない資産がどれほど重要になるかなど、価値づくりできるAD、デザイナー自身が知らないなんて話はもう、あってはならないのだろう。
とにかく、殴り書きであるが、
デザイナーの価値を上げるにはどれほどの苦労をしたとしても、まずは自分のデザインでどういう部分が力となり、価値を作れるか、それを知らなければ単価安いなんて愚痴をこぼすことも、正直どうしようもない話だったりする。
フリーの方が稼げる?彼らもすごい能力を持ち、いつ仕事がなくなるかわからない状況で、自分の価値(営業的能力)を練り上げてる。雇われデザイナーは会社に属してる以上、諸経費でどれほどのものがかかってるか知るべきである。短絡的にいって、自分の給与の3倍稼いでるか。その上で自分の価値に対して、当然の対価が払われてるか、考えてみるのもいいかもしれない。
とりあえず、殴り書きである。思慮浅さを嘆いているわけではない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

RYOSUKE TOMITA

BEES&HONEY ART DIRECTOR / DESIGNER UI,UX、デジタル、グラフィック、パッケージ、ブランドロゴやビジュアル制作など。 傍、ドラマーとしても活動中。 https://beeshoney.jp/ https://morinagaakimi.com/

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。