エモい瞬間

若いときは、小説を読んだり映画をみたり、音楽を聴く時間が一番エモかった。

いまは、仕事で困難な仕事を手を抜かずにやり切って、その成果物の仕上がりにも一定以上の価値を見出せた時がエモい。

ヘビィな顧客の困難な依頼をなんとかさばいたり、それが4社も5社もきてそれをすべてさばき切った時に、充足感を感じる。

危ない。
苦労をする事にエモーショナルな突き上げを感じる体質になっている。

もっと、対価や

もっとみる

「民営化」の成れの果てがわかりやすい件 「かんぽ生命」の不正契約

▼「かんぽ生命」が、質量ともにとんでもない不正契約の山を築いていた件で、2019年7月12日付の毎日新聞社説が簡潔にまとめていた。

〈かんぽ生命の不正契約 全ての保険調査が必要だ〉

〈「郵便局なら安心」と考えた顧客は裏切られた思いだろう。日本郵政傘下のかんぽ生命保険と日本郵便が顧客に不利益を与えた不正契約が9万件超にのぼることが判明した。

 保険の乗り換え時に保険料を二重取りしたり、経済合理

もっとみる

個の時代だなんだと世間では賑やかな気がする2〜3年間.
本当にそうなのかどうかは絶対的に判断できないし,主張も背後にある文脈も様々な気がする.
自分という個をいかに幸福にできるか,かつ他者と豊かな関係性を築きながらいい影響力を波及するか,みたいな捉え方が個人的にはしっくりくる.

時を詠む

湿った空気を思いっきり吸い込んで
悩みも焦燥も全て吐き出すように
息をする
毎日繰り返される生きるための行為には
賞賛の声など必要ない
ひっそりとしっかりと
それさえしていてくれたならそれでいい

回り回って降りかかってくる厄介ごとに
心囚われて、冷静な判断すらつかなくなって
頭をかきむしりたくなるけど
そんな衝動すら生きている証だと
冷静に見つめられる自分がいたのなら
それは妄想でも思い上がりで

もっとみる

幻の光

宮本輝の小説で 映画化された作品。
本はあまり読まないが これは映画観てから
小説も読んだ。
「 なぜ自殺したのか? 」 というテーマの物語。

世の人は関心無いだろうが
人間には心があり
私は今
それを解く試みをしている。

これは
とってもとっても~難しい。

更には
天才でも解らないレベルを
中学生でも解るよう
どう表現するか?
というオマケ付き。

文法とかよく知らない私には
ほんとにホン

もっとみる
めっさ ありがとう!ツイッターやってますか?( ´ ▽ ` )ノ
17

罪の意識

前の記事、私の人権感覚の文中で ❛信頼できないのは信頼しない人の罪でなく❜ と述べました。この想いは私に独特な感性から生れるの?それならこの感性は私のドコから生れるの?私に独特の感性なら他者には理解し難い筈。他者には理解し難い想いや感性は誰もが持っている‥それでどうするのと案ずるとき私には私の思想が生れ、あなたにはあなたの思想が生れる。そうやって(人それぞれの)人権感覚が芽吹き・動いてくる。そうや

もっとみる

ラッパー般若の作品「大丈夫」のリリックにおける時間的構造(大丈夫と言える刹那に命がある事、それこそが勝利であると言える)

どもっ美学者母です。
僕自身やっぱりヒップホップに関しては、
色々と言いたくなる訳です。

なぜかと言いますと、
僕自身いわゆる恵まれた環境に産まれた訳でなく、
ヒップホップというカルチャーから、
生き方を学び、
そして実際にスケートボードや、
グラフィティライターとして、
ヒップホップな生き方をしてきた、
一人のヒップホップヘッズだったからです。

前回ラッパーのBASIを批判したのも、
自分自

もっとみる

『深読み 海獣の子供』後篇が公開されました

ふだんの僕なら全10回20万字コースのものを、ギュギューっと3万字に凝縮してお届けします。

「他の誰も書いていないことを書く」をポリシーとする僕おかえもん、ほぼ言いたいことは言い尽くしました。

どうぞご覧くださいませ。

なお、記事内で取り上げている楽曲について、こちらでも再掲しておこうと思います。

どうぞゆっくりと歌詞を聴いて、『海獣の子供』と重ね合わせてみてください。

~主人公琉花の母

もっとみる

無根拠の励ましをしないようにしている
大丈夫だよ,頑張れ,あともう少し,気張れ,などなどの言葉たち
発する人が思考停止の状態でそれらの言葉を発し,その内面が透けているほど言葉を浴びた人たちは気持ちの置きように困惑する
きっと,励まそうとしなくてもいい
ただ聞くだけでも頷くだけでも

高校生の時は,大学生の時は,楽しかったという言葉.
おそらく日本人にとっては,過半数以上の人たちが経験するであろう学生生活.
いろいろな思いでが僕にもあった.
「昔は楽しかった」という言葉が逃げになっていないか,意識するようにしている.
昔より今を楽しんでいるよって言いたいから.